ピクシブ百科事典

ジョン・シナ

じょんしな

ジョン・シナはアメリカ合衆国の団体「WWE」に所属するトッププロレスラーで俳優。
目次[非表示]

You Can't See Me!

概要

本名「ジョン・フェリックス・アンソニー・シナJr.」 、マサチューセッツ州ウエスト・ニューベリー出身。
父親はイタリアアメリカ人で、インディー団体MWFでレスラーのマネージャー役をしているジョン・シナ・シニア。

リムジン会社のドライバーやスポーツ用品メーカーなどに勤めながらボディビルを行っていたが、1999年にUPW(アルティメット・プロレスリング)に所属しザ・プロトタイプのリングネームでサイボーグキャラとしてプロレスデビュー。翌年、その名前とキャラのままWWEのダークマッチにも上がっている。

2001年、WWEの下部組織OVWで経験を積んだ後、2002年6月、Smackdownでカート・アングルのオープンチャレンジに応募したとしてWWEデビュー。その年の11月にラッパーキャラとしてヒールターンすると、ラップで対戦相手をコキおろすマイクパフォーマンスが好評を博して人気となり、翌年にはベビーにフェイスターンし一躍、団体のトップに躍り出る。

当時のシナ人気はすさまじく、特に子供や女性からの人気が高かった。
そのため上層部が子供への悪影響を懸念したものか、一番の売りであったラップによるコキおろしは何時しかしなくなり、コスチュームこそ変わらないもののラッパーキャラは鳴りを潜めていく。何より当人が問題を一切起こさない優等生であるため、上層部に気に入られてプッシュされ続けた上にヒールターンすることもなかった。
その状況にコアなプロレスファンは不満を抱くようになる。試合では度々、相手のヒールレスラーが声援されてシナにはブーイングが飛ぶようなことが起こり、また、女性や子供の観客が「Let's Go Cena」と応援する反面、コアなプロレスファンは「Cena Suck!」と声援に続けて罵声を飛ばすようにもなった。それでもヒールターンすること無くトップレスラーとしてプッシュされ続けたことから、罵声の割合は益々大きくなっていった。更には入場曲の「The Time is Now」に合わせて「John Cena Suck~♪」と歌われるようにまでなる。
しかし一方で、その生真面目さゆえにWWEに於けるトップレスラーの地位を絶対的なものにしていったのも事実である。

2016年1月、肩を負傷し長期欠場、5月に復帰するも、俳優として映画撮影に参加し長期休業することが増えたことから、この頃からRAWにもSmackdown LIVEにも所属しないフリーエージェント扱いとされ試合数も激減している。
ただしトップレスラーとしての集客力は不動であり、重要な大会には未だ欠かせない存在である。

人物

John Cena


日本のアニメが好きで特に北斗の拳のファンだという。また、来日した際にコーヒー牛乳を飲んで好きになり、来日講演中に「コーヒー牛乳、大好き!」と叫んだことがある。

現在はWWEのスタッフであるレスラーのFUNAKIと仲が良い。
WWEレスラーはマテル社からフィギュアが販売されているが、WWEに長年在籍しながらそれまで販売されていなかったFUNAKIのフィギュアを出すようマテル社に頼んだのはシナである。

慈善活動も行っており、メイク・ア・ウィッシュ財団を通じて難病の子供たちの希望を叶える活動をしている。2009年には財団より表彰された。

2010年ウェイド・バレット率いるネクサスと抗争し、ストーリーライン上でWWEを解雇になったことがあるが、解雇中はシナのメキシコの従兄弟ファン・シナ(Juan Cena)を名乗り、普段のコスチュームにレスラーマスクを被ったバレバレの姿でハウスショーに登場していた。

2009年7月に一般女性と結婚したものの、2012年に離婚。現在は同じWWE所属の双子女性レスラーベラ・ツインズの一人ニッキー・ベラと婚約しており、WWEのリアリティー番組「TOTAL DIVAS」で私生活での二人の様子が度々放送されている。
ちなみに、ニッキーの姉妹であるブリー・ベラはWWEの元レスラーダニエル・ブライアンの妻である。

2016年、WWEが中国のPPTVで番組の放送を開始すると記者会見した際、シナは中国語で流暢にスピーチしてみせた。

2017年、WWEアーカイブで「サウスポー・リージョナル・レスリング」という団体の80年代前半のビデオカセットが発見されたという体のパロディー番組で、シナは団体のアナウンサー「ランス・カタマラン」役を演じている。

関連動画


「Word Life」 初期の入場曲。


「The Time is Now」 現在の入場曲。

得意技

アティテュード・アジャストメント
フィニッシュホールドの一つ。相手を肩に担ぎあげて、ボディスラムのように叩き落す技。以前は「FU(Fuck Youの意)」と呼んだが、放送コードの関係で改名。

STF
フィニッシュホールドの一つ。日本では蝶野正洋の得意技として有名。相手の片足を自らの片足でロックして相手のアゴと首を締め上げる関節技。以前は「STF-U(Shut the Fuck Upの意)」と呼んだが、こちらも放送コードの関係で改名。

ファイブ・ナックル・シャッフル
倒れている相手の顔に自分の顔を近づけて、「You Can't See Me(見えっこねぇ)」として自分の顔の前で掌を左右に振ってから、肩のホコリを払うような仕草の後で、相手の肩に拳を叩き落す技。

この記事のカテゴリ

プロレスラー WWE

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョン・シナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55

コメント