ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

DDTは「Dramatic Dream Team」の略で小林まことのプロレス漫画「1・2の三四郎 2」の主人公が所属する「ドリームチーム」にプロレス技名にも使用されているDDTが略称となるようDramaticを冠したのが由来。
エンターテインメント色が強くプロレス記者により、このスタイルを「文化系プロレス」と名づけられた。

1997年、ドラマチック・ドリーム・チーム(DDT)として設立。
2004年、新法人への移行と合わせて団体名をDDTプロレスリングに改称。

現在は複数ブランドや子会社による事業展開もしている。
2017年に発行済み株式の100%を株式会社サイバーエージェントに譲渡して子会社となった。
更に2020年1月にはプロレスリング・ノアもサイバーエージェント傘下となって高木三四郎が2団体社長を兼務。更に飲食店部門のDDTフーズを含めた3社を経営統合して同年9月1日に株式会社Cyber Fightが発足した。この統合はオフィスワークの効率化が主眼で団体の統合ではなく、DDT傘下のブランドを含めた各団体はそれぞれ団体名を含めて従前通り独自の活動を行っている。

ブランド及び子会社等

プロレス
DDTプロレスリング
東京女子プロレス
DDT NEW ATTITUDE(DNA)※休止中
ガンバレ☆プロレス

DDTプロレスリング芸能部
飲食事業部(DDTフーズ)
プロレス&スポーツBar ドロップキック
炭火焼 エビスコ酒場
Bar Lounge SWANDIVE

かつてのブランド及び子会社など
プロレスリングBASARA2019年一杯を以て独立。
ベストストレッチ(ストレッチ専門店)※2019年に風戸大智(プロレスリングBASARA)に譲渡。
新宿ぎょえん整骨院・新宿ぎょえん鍼灸治療院 ※2018年閉店

管理タイトル

DDTプロレスリング

KO-D無差別級選手権
CMLL認定KO-Dタッグ選手権
KO-D6人タッグ選手権
KO-D10人タッグ選手権
アイアンマンヘビーメタル級選手権
DDT EXTREME級選手権
O-40選手権
DDT UNIVERSAL選手権

ガンバレ☆プロレス

スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権

プロレスリングBASARA

ユニオンMAX選手権

東京女子プロレス

プリンセス・オブ・プリンセス選手権
プリンセスタッグ選手権
インターナショナル・プリンセス選手権

DDTが起こした「小さな革命」

それは、当時は業界の常識外であった女性ファンを獲得するという発想から始まった。
もちろん棚橋弘至をはじめとするメジャー団体の選手たちや経営陣も考え始めていたことではあったが、彼らのやり方は「宣伝にもっと注力する」「身体を鍛え上げたイケメン選手を看板選手として売り出す」といった常識的な物であった。
DDTは、実際に見てもらう試合にも一工夫を加えてみせた。
試合開始して5分経ったらマットに立てたバットに額をつけて10回回る
いつ来るかわからない合図が来たら選手全員でダンスを踊る
といった特別ルールの試合を披露してみせたのだ(もともと客引きのためのデスマッチ、ラダーマッチといった普段とは違うルールの試合は昔から各団体で行われていた)。
それまでの戦いぶりとルール通りのムーブを行った後のコミカルさのギャップに観客は爆笑、「なんであんな事してるの?www」という観客の素朴な疑問には「この試合ではそうしなければならないルールになっている」という説明ができる。
これが、プロレスファンとそうでない人たちの間で問題となっていた「ブック」を観客に浸透させる効果をもたらした。「ブックというのは高校野球でノーアウトのランナーが出たら次は送りバントというのと同じこと」と広く認識してもらえるキッカケとなっていった。
空中戦に特化し観客の度肝を抜いたドラゴンゲート、試合の9割がお笑いのネタという暴挙をやってのけた大阪プロレスと共に、今日のプロレス人気に大きく貢献したと言えるだろう。

所属選手

DISASTER BOX

DAMNATION T.A.

MOONLIGHT EXPRESS

  • MAO
  • マイク・ベイリー(フリー)

BURNING

Eruption

The 37KAMIINA

CDK

フェロモンズ

無所属

限定参戦

レギュラー参戦選手

因みに、
1. 飯野雄貴はラグビー出身で、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』に選手役で出演。
2. 坂口征夫の父は元プロレスラーの坂口征二、弟は俳優の坂口憲二
3. 納谷幸男の父は元関脇・貴闘力、母方の祖父は第48代横綱・大鵬幸喜
4. 星誕期はアルゼンチン出身の元関取(最高位西十両3枚目)
5. アントーニオ本多は俳優の父(渡辺哲)と双子の兄(本多英一郎)がいる。

別ブランド所属選手

ガンバレ☆プロレス

  • 大家健
  • 勝村周一朗(リバーサルジム横浜グランドスラム兼任所属)
  • 翔太
  • 石井慧介
  • 今成夢人(DDTプロレスリング映像班スタッフ兼任所属)
  • HARUKAZE
  • 岩崎孝樹
  • 桜井鷲(休業中)
  • 渡瀬瑞基(よしもとクリエイティブ・エージェンシー兼任所属)
  • まなせゆうな
  • YuuRI

東京女子プロレス

  • 山下実優
  • 中島翔子
  • 坂崎ユカ
  • 辰巳リカ
  • 沙希様
  • ハイパーミサヲ
  • 天満のどか
  • 小橋マリカ
  • 愛野ユキ
  • 猫はるな
  • 原宿ぽむ
  • 桐生真弥
  • 鈴芽
  • 宮本もか
  • 遠藤有栖
  • らく(アップアップガールズ(プロレス))
  • 渡辺未詩(アップアップガールズ(プロレス))
  • 乃蒼ヒカリ(アップアップガールズ(プロレス))
  • 伊藤麻希(ジョブ・ネット)
  • 上福ゆき(スターレイプロダクション)
  • 角田奈穂(フリー)
  • 荒井優希(ゼスト/SKE48)(限定参戦)

関連タグ

  • 清水愛:声優兼プロレスラー。夫がDDTプロレスリングのリングアナウンサーの井上マイク。
  • 飯伏幸太:デビューがDDT、のちにDDTと新日本プロレスの二団体所属を経て両団体退団後に飯伏プロレス研究所を設立、2019年から新日本に復帰。
  • ケニー・オメガ:DDTで有名になった。飯伏とゴールデン☆ラヴァーズというタッグチームを組んでいた。DDT退団後に新日本に移籍し、2019年2月8日に新日本を退団しAEWとフルタイム契約を交わした事を発表。AEW副社長に就任した。
  • 青木真也:総合格闘家。2018年からDDTのリングに参戦。
  • ABEMA:親会社のサイバーエージェントが展開するインターネットテレビ。試合を配信している。同じサイバーエージェント傘下のノアの試合も配信。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

プロレス ぷろれす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「DDTプロレスリング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14230

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました