ピクシブ百科事典

ギャラハッド(Fate)

ぎゃらはっど

『Fate/Grand Order』に登場する人物名。
目次[非表示]

以下、第六章「神聖円卓領域キャメロット」の重要なネタバレを含みます。













概要

カルデアで召喚に成功した英霊第ニ号にして、マシュ・キリエライトと融合したサーヴァント
円卓の騎士の一員にして聖杯探索を成功させた聖者であり、英霊としての格はかの魔術王ソロモンにも引けを取らないと言われている。ちなみに、マシュの持つ盾は円卓の騎士たちが集った円卓、すなわち所縁ある聖遺物そのものであり、多数の英霊を召喚できるカルデアのシステムの大元になっている。

本編から6年前にカルデアによって召喚され、デミ・サーヴァントの素体として生み出された10歳のマシュに融合させられた。無茶な実験故に他の実験体が失敗していく中、ギャラハッドは命を弄ぶ非情な行いに憤りを露わにしながらも、その高潔さ故に自分が英霊の座に退去すれば死んでしまうであろう幼いマシュの犠牲を良しとせず、サーヴァントとして発現せずにマシュの中で眠ることで彼女の命を延命させた。
その後、本編の序盤、カルデアの爆破でマシュが瀕死の重傷を負った際に、最期まで彼女に寄り添おうとした主人公の行動に心を打たれ、マシュに人理焼却の原因を解決することを条件にサーヴァントとしての能力を譲渡、消滅した。

マシュにとっては二度に渡って命を救ってくれた恩人。ギャラハッドが真名を告げないまま消滅してしまったことから、マシュはサーヴァントとしての本領を発揮できないでいたが、後に自分に宿った英霊の真名を知り、恩人の名前を知ることができてよかったと喜んでいた。
なお、マシュの片目を隠すヘアスタイルはギャラハッドの面影が影響しているらしい。

人物

円卓の騎士の中で唯一人聖杯に選ばれた聖人であり、円卓騎士の中では唯一といっていいほど「武」ではなく「心」の強さが評価されている。同僚からは天然かつ無欲で、人を見る目は確かな人物だったと評されている。
怪物揃いの円卓の騎士たちと肩を並べる以上、実力は確かであり、その将来性は円卓最強と呼ばれた父ランスロットをも凌ぐと言われていた。

現在マシュの中にはギャラハッドの人格はないものの、霊基を通じてマシュに強い影響を与えており、マシュがサーヴァントに引けを取らない戦闘力を発揮できるのも、ギャラハッドの戦闘技能を受け継いでいるため。
彼は、マシュの肉体に埋め込まれた詳細不明の聖遺物による召喚でしか応じないらしく、英霊の座に元々いなかったベディヴィエールを除き、6章での獅子王の招集にただ一人応じなかった。それ故、6章においては、生前を考えれば有り得ない円卓の騎士たちの非道な行為の数々に、ギャラハッドの意思を継いだマシュは強い憤りと戸惑いを抱いていた。獅子王の騎士となることを受け容れたモードレッドも、「ギャラハッドならば今の王には従わないだろう」と語っている。

なお、生前に聖杯を既に手に入れているためか、通常の聖杯戦争の召喚にも応じないとされている。円卓の騎士全てを召喚できるとされる円卓の木片を以てしても、例外的に召喚が不可能な存在である。彼以外にこの例外に該当するのは、王たるアルトリアのみである。


ギャラハッドは母エレインが父ランスロットを催眠で騙して添い遂げたことで生まれた。当然ながらランスロットは正気を取り戻すや否や息子を手放したため、親子としてまともな関係を築くことはなかった。
尤も、ランスロットは、ギャラハッドが円卓の騎士となった後は何とか親子として接したいと思っていたようだが、今までの仕打ちが災いして上手くいかず、聖杯探索を終えたギャラハッドがそのまま天に召されたことで結局和解することはなかった。

ギャラハッドの父への複雑な感情は当然マシュにも受け継がれており、マシュは霊基の影響を受ける形でランスロットを「お父さん」と呼ぶものの、普段の彼女からは信じられないくらいキツい態度で接する。生前のギャラハッドが決して口にしなかった「お父さん」呼ばわりと、その辛辣な物言いを前に、ランスロットはひたすらうろたえるばかりである。

真名

円卓の騎士の1人。聖杯に選ばれた少年騎士であり、円卓の呪われた13席に座りその呪いを見事に跳ね除けた。

型月世界ではどうなのかは不明だが、現実のアーサー王伝説における彼は「聖杯伝説に箔をつけるために後から作られた騎士」とされており、事実、円卓物語では彼は取り立てて活躍がクローズアップされていないか、そもそも存在しない(聖杯探索も元々は別の騎士が担当していた)場合が多い。
後付けの騎士であるが故に彼の聖杯探索は、出来過ぎともいえるほどに順風満帆な道のりで、取り立てて苦難にぶち当たったりすることはなかった。

最終的に聖杯探索自体は成功を収めるが、彼がそれをキャメロットに持ち帰ることはなく、無欲さ故に聖杯諸共自ら昇天する道を選ぶというあまりにも飛躍した幕切れとなっている(もしかすると、ギャラハッドはのように授かってばかりの己の人生に嫌気が差したのかもしれない)。

関連人物

Grand Order

マシュ・キリエライト
召喚された自身が憑依させられたデザインベビーの少女。その高潔さから、無垢な魂を持つ少女の命を奪うことをギャラハッドは良しとしなかった。後に人理焼却から世界を救うべく、自らの霊基を彼女に譲り、デミ・サーヴァントとして覚醒させた。彼女の中にギャラハッドは既にいないが、霊基を通じて強い影響を与えている。

主人公
マシュを通じて契約しているマスター。カルデアの爆破で致命傷を負ったマシュに対して、燃え盛る炎の中でも最期まで彼女の側に寄り添い手を取った行動に感銘を受け、主人公とマシュに世界と人類の未来を託すことを決意した。マシュ曰く、ギャラハッドに選ばれたのは自分だけでなく主人公もだと語っている。実際、ギャラハッドを知る者たちも、「かの騎士が力を貸すのは納得だ」と主人公の人柄を評価している。

生前

アーサー王
かつての主君。オルタの方からは生死の駆け引きを楽しめる男と称されている。

ランスロット
同僚にして、愛憎入り混じった感情を抱く実父。向こうは成長した息子を父として気にかけていたものの、ギャラハッドは今までの仕打ちから歩み寄ることはなく、結局和解することはなかった。
英霊になってからは、自分の死後に父が王妃との不倫の末にブリテンを滅ぼすきっかけを作ったという、彼にとっては知りたくもなかった事実も知ったせいか、ギャラハッドの意志を継いだマシュはランスロットには一貫して塩対応。尤も、マシュがセイバークラスのランスロットを見て強烈な既視感を覚えたり、過ちを自覚しながら獅子王に仕えていたランスロットに激情を露わにしたりと、なかなか割り切れない心持ちでいる様子。

モードレッド
同僚。彼女からは「気に食わない盾ヤロウ」と呼ばれながらも、聖杯に相応しい人物と評されている。円卓メンバーに実父がおり、父にとって預かり知らぬうちに生まれていた不貞の子という共通点があるが、ギャラハッドが父から気に掛けられていたのに対し、モードレッドは最期まで父から認められることはなかった。さらに言えば、ギャラハッドは父を拒んだのに対し、モードレッドは父を振り向かせようと必死だったという点でも正反対である。

ガウェイン
同僚にしてチェス仲間。

アグラヴェイン
同僚。実の兄妹からも誤解を受け敬遠されていたアグラヴェインの本質を理解しており、彼がいればアーサー王は大丈夫だと好印象を抱いていた様子。

関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント シールダー(Fate)
騎士 聖人  聖杯
円卓組

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラハッド(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19852

コメント