ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

どんな嵐であろうとも!どんな未来が待とうとも!これを突破するのが、私たちの課題なのさ!


プロフィール

真名レオナルド・ダ・ヴィンチ(グラン・カヴァッロ)
クラスライダー
性別少女体
身長144cm
体重36.5kg
出典史実、Fate/Grand Order
地域2017年・南極
属性秩序・善・人
好きなものカルデアのみんな
嫌いなもの特にはない
設定担当奈須きのこ
ILLUST下越
CV坂本真綾

真名はグラン・カヴァッロ(レオナルド作による未完の馬の彫像、『巨大な馬(Gran Cavallo)』より)。サーヴァント「レオナルド・ダ・ヴィンチ」その物ではなく、飽くまでその被造物。


概要

第2部序章『序/2017年12月31日』にて消滅したダ・ヴィンチちゃんが、その不測の事態に備えていたことにより、新たに主人公のサポートをすることになったロリ姿のダ・ヴィンチちゃん。


虚数潜航艇シャドウ・ボーダーのナビゲーターと制御AIを兼ねており、普段はシャドウ・ボーダーのシステムとして一体化し、必要に応じて実体化している。

ファンの間による愛称は「チヴィンチちゃん」「ロリンチちゃん」「ダヴィンチ・リリィ」等。


ロリンチ


Fate/Grand Order Arcade』では、2018年12月23日からアプリ版に先駆けて実装された。期間内に条件を満たす事で入手できるという配布サーヴァント的な扱いとなっている(後にエクストラ・インタールードで常時入手可能になった)。レアリティは☆4で、クラスはシャドウ・ボーダーを制御するという役割と、かつて言及していた適性からライダーへと変化した。

移動方法はローラースケート。ノウム・カルデア内などの移動もこれで行なっている。


更に2019年8月4日より、アプリ版『FGO』でも配信4周年記念の期間限定サーヴァントとして実装を果たした。クラスはAC版と同じくライダーだが、レアリティは☆5に上がっている。

配布からガチャ産のサーヴァントになったため、再臨段階でグラフィックが変わるようになった。

AC版の服装は1年後の5周年記念で『アクティブ・セーラー』として霊衣開放権が追加され、アプリ版のダ・ヴィンチちゃんもAC版の衣装になれるようになった。


センシティブな作品


2021年水着イベントカルデア・サマーアドベンチャー!でオリジナルに先駆けて水着化が決定した。しかもアーケード同様配布という形である。


人物

一人称は「私(わたし)」

ダ・ヴィンチの記憶をバックアップしてはいるものの、主人公たちカルデアの一同を「記録として」は留めていても「実感を伴う記憶」としてはまだ認知出来てはいない。

初登場時に「初めまして、と言うべきかな?」と挨拶しており、自身も初めて会ったという認識を示しているので、これまでのダ・ヴィンチちゃんとはあくまでも別個の存在であるようだ。


性格も基本的に同じだが、少しだけ少女性が強くなっており、言葉遣いも柔らかく女の子的な語尾が混ざる事もある。相手への対応やセリフの根底には『教師として、知恵者として上から諭す』のではなく、『これから万物を学ぶものとして教えてもらいたい』という生徒的なニュアンスが含まれる。「御本を読んで!」とせがむ少女のように。


ダ・ヴィンチは他の英霊たちと違い、サーヴァントとなっても探求心・向上心の塊だった。死者の夢であろうと、彼は現代(いま)を生きる者だったのだ。小ダ・ヴィンチもその在り方は変わらない。彼女も自分にできる最大限の成果を獲得しようと日夜走り回っている。とはいえ、出力が落ちている今の自分への不満・不安はある。「私は、前の私のように出来ているかな?」と口にするのはその表れ。いかに前のダ・ヴィンチからすべての記憶を受け継いでいても、それは小ダ・ヴィンチが経験した事ではない。だからこそ彼女は憧れている。『オリジナルの自分が、カルデアのスタッフと共に過ごした一年』に。そして、同時に焦がれてもいる。それに匹敵する思い出を、その功績に対して胸を張れる成果を、自分は残さなくっちゃ、という責任感と共に。


第2部4章1節では、これまでのダ・ヴィンチちゃんのことを「(待遇が悪くても)“大丈夫、我慢して”(というやり方で乗り越える)系の天才だった」と俯瞰して評している。


能力

ホームズは元のダ・ヴィンチがスペアボディ兼シャドウ・ボーダー用の制御端末として作った『人工サーヴァント』だと語っており、戦闘能力を始めとする万能さはオリジナルには及ばない。


この経緯は幕間の物語2で語られており、完全な魔力・霊基でできているわけではなく、クローニング技術により生み出されたホムンクルスに近い存在。芥ヒナコはその体を完璧なものと評している。同じく作られた肉体を持つ哪吒は先代の役割を引き継いだ「疑似サーヴァント」と呼んだ。


本人は「若い身体の方が徹夜もしやすい」とあまり気にしてはいないように振る舞っているが、実際は『オルテナウス』同様、失われたオリジナルの代役を強引に担っている存在の為、同じくらいに働くとかなり負担がかかる。主人公らの手前露わにすることはなかったものの、ノウム・カルデアに着いてからは不調が明確に表れ始めており、イベントでも出てこないことが多い。

登場したとしても、目を閉じてボーッと立ち止まっている事が多々ある。


モーション中では、ローラースケートで移動して背中のアームでパンチやビームを食らわせる他、アームを回転ノコギリのように扱ったり、電撃を纏わせたオルテガハンマーを使ったり、ランドセルから小型ミサイルを放ったり、ロケット噴射で浮遊しつつロケットパンチも披露する。

エクストラアタックでは、『プロト・ボーダー』を2台召喚して砲撃している。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DDBAA+B

保有スキル

騎乗(B)ライダーのクラススキル。乗り物を乗りこなす能力。Bランクであれば、大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなす事が出来ない。
陣地作成(C)本来はキャスターのクラススキル。魔術師として、自身に有利な陣地を作り上げる。まだ製造されたばかりで実績がない為か、オリジナルに比べて数ランク低下している。
道具作成(A)本来はキャスターのクラススキル。魔力を帯びた器具を作成できる。シャドウ・ボーダーという施設あってのものだが、冠位指定達成を支援する様々な道具を製作可能である。
オーバーホール(B)(アプリ版ではE)疑似霊子で作成したナノマシンを散布し、パーティ全員の状態を『元に戻す』スキル。最高ランクのものになると破損した武具、傷ついた霊基のみならず、戦闘開始時のNP状態までスタートコンディションに戻す事が可能というが、少女の筐のダ・ヴィンチではそこまでの性能は発揮されない。
黄金律(体)(EX)小型化した事で万能の幅は狭まったが、その代わりに『黄金律(体)』は最高ランクまで高まっている。元々、ダ・ヴィンチに性別を問うのは不毛だったが、少女体になった事でより宗教的な意味での『天使』に近づいたからだろうか。
アクセルターン(B)夏の女神イシュタルにインスパイアされたスキル。優れた乗り手として、ここぞという時の緊急回避を可能とする。
星に夢を(D)仮初めの命として鋳造された全てのモノ達が抱く、希望と結論を表したスキル。このレオナルド・ダ・ヴィンチから『星の開拓者』は失われた。だが、その魂には知性体が生まれた理由と、それら短命のものが目指すべき真理が、『芸術』として宿っている(ダ・ヴィンチという『人類最高峰の知性』から作られ、その知性を継承している少女ダ・ヴィンチはマシュホムンクルス達が持つ『作られた短命の生命(いのち)故の達観、及び客観性の真理に到達している)。

宝具

境界を超えるもの(ビューティフル・ジャーニー)

  • ランク:B
  • 種別:対界宝具
  • レンジ:どこまでも
  • 最大補足:だれであれ


「発進準備、完了だ!早く早く!」

「駆け抜けるは前人未到――未完の馬よ、輝ける轍を残せ!ああ、人生はとても楽しい……『境界を超えるもの(ビューティフル・ジャーニー)』!!」


虚数潜航艇シャドウ・ボーダーに乗り込み、目標がどこであれ虚数空間の海を通じて到達し、猛スピードで突撃、嵐を超えて新天地に駆け抜けていく『ぜんりょく☆まっすぐアタック』。

本来は人と国、文明と歴史、世界と空間を隔てる壁を越え、さらなる新天地、まだ見ぬ知識に相まみえるための移動手段である。演出としては、敵の所に発生した小規模の「嵐の壁」を突撃で突き破り、そのまま地平の彼方へと突っ走っていくものとなっている。


境界を超えるもの~ビューティフル・ジャーニー~


「プロト・ボーダー、論理術式大展開!みんな、準備はいい?『境界を超えるもの(ビューティフル・ジャーニー)』、主砲発射ぁーっ!!」


先行実装のAC版では内容が異なっており、呼び出した小型戦車「プロト・ボーダー」の主砲で攻撃する。ネコ耳の付いた独創的な車体は以前見せた「バステニャン」の系譜を彷彿とさせ、大砲のデザインは当時ダ・ヴィンチがデザインしたとされる「回転式大砲」のスケッチを現代式にアレンジした物となっている。猫耳が付いたデザインであるのはダヴィンチが生前こよなく愛していた生き物が猫だった事が理由なのだろう。機体は小さいが、砲弾の破壊力は高い。


ちなみにこの「プロト・ボーダー」だが、アプリ版ではダ・ヴィンチちゃんサイズに更に小型化したものが彼女のEXアタックで登場している。


ゲーム上での性能

端的に言えばサモさん以来となるブッ壊れ級のArts宝具アタッカー

限定サーヴァントだからこそ許された、驚異的なNP効率を有する。

水着オルタに次ぐHP偏重型で、14,000強の体力に10,000強をちょっと超えるATK値を有する。

カードは《Quick:1/Arts:2/Buster:2》の☆5ライダーのスタンダードである船長型のバランスで、特にQとAはそれぞれ高性能な上に、「騎乗」と「陣地作成」の恩恵でよりさらに補強されている。


スキルもオリジナルとは別角度で耐久性を獲得しており、オリジナル同様に弱体無効化と毎ターンHP回復・NP補給を3ターン継続で獲得する「黄金律(体)(EX)」、イシュタルリスペクトの高回転率の回避(1回)&クリティカルバフ(1T)スキル「アクセルターン(B)」、味方全体に10%のNPを補給しつつ宝具威力と宝具のオーバーチャージ段階を1段階上昇させる(1T)「星に夢を(D)」と、自己強化+@の構成となっている。


宝具は上述通り。効果は【自身のArts性能アップ(オーバーチャージで効果アップ/1T)&敵全体に強力な攻撃+味方全体にNP獲得(20%)】。


これら全てが合致する時、ダ・ヴィンチちゃんの真の性能が開花する。

勘のいいマスターならすぐに判っただろう、NP効率が鬼性能なのだ。

敵3体を巻き込むことが前提となるが、宝具自体にArts性能アップが付随し、しかもスキルでオーバーチャージを意図的に1段階下駄を履かせられるため、初手宝具でも最初からオーバーチャージ200%状態で宝具が発動し、Arts性能アップが1段階上昇する。加えて「黄金律(体)」と「星に夢を」によるNP補給に宝具のNP補給とArts性能によるNP獲得効果と、NPを獲得する手段が豊富。


よって、宝具Lv1でも宝具Lvの上がったサモさんと同等以上の回転率で宝具が解放可能

自前のスター生産率も決して悪くはないので、スター供給役をサポートにつけてArtsクリティカルを連発出来れば、破竹の勢いで敵陣を突破していく。さらに味方全体へのNP付与もあるため、連射していく事で他のサーヴァントも宝具を狙えるようになる。


ただし宝具性能本体によるNP効率自体はサモさんに劣るため、サポーターやスキル育成でしっかり補強してやる必要がある。何気にスキル育成も難関で、LV7→9の間で「暁光炉心」×15「真理の卵」×10と2部3章以降のレア素材をかなりの数で消費する。


ただそうした課題さえ解決できるなら、間違いなく強力な戦力として活躍してくれる。

お迎え出来たなら、是非惜しみない愛情で小さな天才の成長と旅路を見守ってほしい。


余談

ダヴィンチは芸術家としての側面が有名、かつ乗り物に乗ったという逸話はあまり聞かれないが、実はヘリコプター戦車(ただし、タンクやチャリオットと言ったものではない)を概念化したり、ゼンマイ動力で走る自動車を思わせる乗り物を考案したりと乗り物に関する逸話そのものは少なくはないのである。


関連動画

アーケード版


関連イラスト

ダヴィンチちゃんLolivinci Summer V2

ダヴィンチちゃんセンシティブな作品


関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt

サーヴァント ライダー(Fate)

虚数潜航艇シャドウ・ボーダー ダ・ヴィンチちゃん

レオナルド・ダ・ヴィンチ(水着)


ロリ化 アバター 分身 戦車


ユリウス・ノヴァクロノアルテラ・ラーヴァ:幼い姿で復活したキャラクター繋がり。













































億の年月を生きたこの惑星は、じき臨終する。わずか数万年の進化しか与えられなかった子供達よ。どうか死にいく星に最後の夢を。その、小さくも輝かしい、幼年期の終わりに。



「ああ、とても楽しかったとも」



その寿命は作られた命であるためか、とてつもなく短命らしく、ダ・ヴィンチが人間でも妖精でもないことを見破っていたマイクからは残り少ない命を危ぶまれていた。


マテリアルによると、先代ダ・ヴィンチが旅がカルデアの外に出る事になった時に主人公たちを助けになるように自分の身代わりとして作ったものの、『抑止力』がサーヴァントの力を持ったホムンクルスの存在を許す筈がなく、本来なら起動する筈がなかった「机上の空論」に過ぎなかった。しかし先代ダ・ヴィンチが退去し、「地球の白紙化現象」という危機を前に『抑止力』がダ・ヴィンチの起動を認めた。つまりダ・ヴィンチには元々僅かな時間しか許されていないのであった。


また、マテリアル内では上記文章の「ダ・ヴィンチの起動を認め」の後に


『⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎』⬛︎⬛︎⬛︎、

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎。

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎、⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎「⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎、

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎」⬛︎⬛︎、⬛︎⬛︎「⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎」⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎・⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎。


と伏字で続いている文章がある他、同マテリアル83pにも同様に伏字の文章が記載されている部分があり、前後の文章と合わせると非常に不穏な空気を漂わせている。その部分が何故伏字となっているのか、その内容等も今後のストーリーの注目ポイントのひとつになるだろう。


(伏字になっている部分が明らかになった際は加筆修正をお願いします。)

関連記事

親記事

ダ・ヴィンチちゃん だゔぃんちちゃん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6069675

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました