ピクシブ百科事典

ホムンクルス(Fate)

しぜんのしょっかく

TYPE-MOON作品、特にFateシリーズに登場する人工生命体。
目次[非表示]

概要

FateシリーズおよびTYPE-MOON作品に登場する、錬金術により鋳造された人造生命。

誕生した瞬間から「完成された生命」であり、肉体的な成長や老化はしない。
また外部からの攻撃には非常に脆く壊れ易いのも特徴。戦闘用として肉体面の脆さを克服した個体も存在するが、代償として寿命が短かったり活動時間が制限されていたりする。

また作品によっては「クローン」としての一面もあり、上記の特徴に当てはまらない個体も存在する。

主なホムンクルス

アインツベルンのホムンクルス

錬金術の名門「アインツベルン」によって鋳造される一族。
魔術世界において最高品質と称賛されるほどの精度を誇る一級品。

ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルンを雛形として鋳造されるため、全ての個体が同じ容姿かつ女性。ただしいくつかのタイプには分かれているようで、個々によって体格に差が生じている。

なお、唯一の男性個体であるユーブスタクハイト・フォン・アインツベルンは城の中枢制御用人工知能というゴーレムであるため、ホムンクルスではない。

ユグドミレニアのホムンクルス

アインツベルンの技術を流用し鋳造されたモデル。ユグドミレニアの一門、ムジーク家によって製造。
「アインツベルンからしてみれば、せいぜい子供に持たせる玩具程度の技術しか教えていない」の
言葉通り彼らほどの精度はなく、その雑味が結果として本来必要ない「個性」という形で現れている。

聖杯大戦の戦力目的で鋳造されているため、使用人・魔力供給・兵士・魔術師と完全に用途が定められている。

アトラス院のホムンクルス

上記ふたつの「自然の触覚」とは全く違う、「新しい人類」として生み出された生命体。
そもそもマナが枯渇した「Fate/EXTRA」のアトラス院の扱う「錬金術」と、アインツベルンの「錬金術」が全くの別物である。

製造個体は「ラニ=Ⅷ」ひとりのみ。

Fate/Grand Orderのエネミー

上記の彼等とは異なる、雑魚エネミーとしてのホムンクルスが登場している。

いくつかの種類が登場するが、基本となる種の体色は白。
顔面には三つの点か穴のようなものが存在し、白いホムンクルスのそれは黒、亜種の青灰色のホムンクルスは赤色をしている。

上半身、とくに胸部が膨れ上がっており、人間より二回りも大きな巨体ながら地面につくほど長い手を持つ。
胴と四肢には過剰に膨れ上がった筋肉が見て取れる。主な攻撃手段はその体格を生かしたショルダータックルと伸びる腕による突き。

シリーズ作品の登場人物としてのホムンクルスたちと異なり、外観からは性別の有無すら判別できないが、倒すとまれに霊基再臨やスキルレベル上げに使える素材「ホムンクルスベビー」を落とす。
女性型が居る、ということなのだろうか。

シナリオにおいては「死界魔霧都市ロンドン」にて初登場。この特異点におけるフリークエストの一つ「サザーク」はホムンクルスベビー集めの際の周回コースとしてマスターたちに重宝されている。

TYPE-MOONにおけるホムンクルスのキャラクター

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
セラ
リーゼリット
ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン
フィリア

ラニ=Ⅷ

ジーク
トゥール

モードレッド
フランケンシュタイン
メフィストフェレス

関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ アトラス院 アインツベルン ユグドミレニア
Fate/staynight Fate/Zero Fate/Apocrypha Fate/GrandOrder Fate/strangeFake
ホムンクルス 人造生命 クローン アルビノ

pixivに投稿された作品 pixivで「ホムンクルス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6165

コメント