ピクシブ百科事典

メフィストフェレス(Fate)

めふぃすとふぇれす

『Fate/Grand Order』に登場するキャスターのサーヴァント。
目次[非表示]

「おやおやおや? 敵対ですかァ? 私、平和主義なのですがねぇ。」

プロフィール

真名メフィストフェレス
身長188cm
体重78kg
出典ファウスト
地域ドイツ
属性混沌・悪
Ilust下越
CV子安武人


ああ、悪魔! 悪魔! 悪魔が来たぞ! メフィストフェレスだ! あの最悪の悪魔め!

概要

Fate/GrandOrder』に登場するキャスターサーヴァント
7週連続CM第4弾にて初登場。レアリティは☆3。

愛称は「メッフィー」。ユーザー間だけでなく、FGO作中でも度々こう呼ばれている。

真名

メフィストフェレスは、ゲーテの代表作「ファウスト」に登場する誘惑の悪魔である。ファウスト博士が堕落するかどうかを神と賭けたメフィストは彼を悪の道に引き摺り込もうとする。
メフィストフェレスは手練手管を尽くして、ファウストを悪の道へと誘い込むことに成功する。しかし、魂を地獄に落とそうとする寸前にファウストが愛した者によって魂は救われる。
嗚呼素晴らしき哉、ハッピー工ンド!

……もちろん『現実』は異なっている。卓越した魔術師であったファウストは一体のホムンクルスを鋳造した。名をメフィストフェレスと名付け、大変に慈しんだが、当たり前のように裏切られて死亡した。

ちなみに、ゲーテの「ファウスト」は、15世紀から16世紀のドイツに実在したと言われるヨハン・ゲオルク・ファウストの伝説に基づいている。

人物

一見は明るい態度で、忠実に仕える。
だが、マスターに対しては「自分が愉しむための玩具」程度にしか考えておらず、隙あらばマスターを絶望に叩き込もうとする。つまり魔術師として立派な態度を取ればいい――信用するな。

主に対して慇懃な物腰で接するが、道化師のような奇怪な衣装に三又に分かれた尻尾など悪魔を彷彿とさせる外見をしている。また大変に饒舌で言動も道化染みており、その不穏な姿や異様なテンションから狂人を思わせる。
自ら「生まれついてのサーヴァント」と名乗っている。そのため一見忠実そうにしているが、その性格は残酷非道を極めており、自分が愉快であるならば己のマスターを殺す事さえ厭わない危険人物。面白いと感じた側に右へ左へと動き回るため、彼の興味さえ尽きさせなければ、“とりあえず”優秀な味方でいてくれる。

一方で、笑いすぎてむせてしまうというお茶目(?)な一面や髪を大事にする伊達男な一面もある。また、生前はファウストと暮らす中で家事をしており、朝食を作れること・整頓綺麗好きであることを口にしている。
そして道化役として極めて冷静で鋭い観察力と考察力も持ち合わせている。普段の賑やかで悪質な態度に紛れて分かりづらいが、その頭脳は紛れもなく「キャスター」クラスに相応しい見識を隠している。

身につけているケープは悪魔毛100パーセントの逸品らしい。

シナリオ担当者のうち、恐らく全員によってセリフが書かれた数少ないサーヴァント。
これまで「わたくし/私/私(ルビで「わたくし」)」の三種の一人称を使用した。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
FGO主人公DCBABB


保有スキル

陣地作成(C+)魔術師として、自らに有利な陣地をつくり上げる。工房より規模は小さいものの、極めて能率的な”実験室”を構築する。
道具作成(B)魔力を帯びた器具を作成できる。長年錬金術士の助手を務めていただけあって、あらゆる魔導器を作成可能。
呪術(A)古典的西洋呪術を得意とする。自身を傷つけた相手への倍返し、人間関係の不和、夢魔による悪夢など内容は多岐に渡る。並大抵の魔術師では抵抗することも難しい。
無辜の怪物(B)契約悪魔■■■■■■■■■。生前の行いから生まれたイメージによって、過去や在り方をねじ曲げられた怪物の名。能力・姿が変貌してしまう。彼の場合は呪術の強化、宝具に至った魔術などメリットしか存在しない。悪魔上等である。
道化の大笑(A+)無辜の怪物からの派生スキル。悪魔(と定められた)メフィストは、種族としての人間への重圧を掛けることができる。失敗する可能性があれば必ず失敗し、運に見放されたような状態に陥れる。


宝具

微睡む爆弾(チクタク・ボム)

  • ランク:A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~10
  • 最大補足:30人
メフィストフェレス


「両目、脇腹、膝、脊髄。設置完了~。『チクタク・ボム』! あひゃひゃひゃひゃひゃー!!」

魔術回路やサーヴァントの霊体に致命的なバグを仕込み、衝撃を与えることで起爆する呪術の一種。
懐中時計型のチェーンマインのイメージとして出現する。
これをフィールド上に設置し、爆発させる─────という使用法に見せかけている。
実際にはもっと悪辣。
真名を解放した時点でレンジ内の標的の体内に一人あたり『5つ』、フィールド設置分なども含めて最大三十もの爆弾を仕込むというもの。これの成功判定は呪いに対する耐性で行う。
無論体内に仕込んだ爆弾を爆発させることで敵を死に至らしめることもできるが、メフィストフェレスはあえて爆弾を浮かび上がらせ、脅迫することで従わせる────という手段も取る。
彼の残忍さ、悪辣さが最も顕れた宝具といえよう。
余談だが、微睡むは「まどろむ」と読む。

何故彼の宝具が爆弾なのかというと、これはファウスト博士の最期にまつわる逸話に因子がある。
ある宿屋に来たファウストが自室に籠っている最中、彼の部屋からとてつもない轟音が鳴り響いた。急いで部屋に向かった宿屋の使用人が見た者は、部屋中に木っ端微塵に砕け散って目玉と数本の歯しか残っていない血塗れのファウスト博士の残骸だった。
あまりの恐怖に急いで扉を閉めた使用人だったが、恐るおそるもう一度部屋を覗くと、部屋は元通り綺麗になっているが、ファウスト博士は二度と姿を見せなくなったという。

仮にFGO時空のファウスト博士がこの末路をたどったとすると、その犯人は言わずもがな……

シナリオでの活躍

第1部四章「死界魔霧都市ロンドン」で登場。
爆弾魔として現れる。

空の境界/the_Garden_of_Order』では、サーヴァント達がオガワハイムへ留まる騒動の元凶として暗躍。
メフィスト曰く、主人公たちから召喚される前の時間軸にグランドなんとかに召喚された彼がカルデアに入り込み、恨み辛みを重ねたサーヴァント達をオガワハイムへ引き込むように密命を受けていたとの事。しかしながら、それを愉しむ自分と、苦悩する自分とが存在していたようで、葛藤の末善と悪のメフィストフェレスとして分離している。ちなみに、善心は1人だが、悪心の方は2人いる。

Epic_of_Remnant』では、亜種得意点IV『禁忌降臨庭園セイレム』にて、通りすがりのように現れる。

ゲームでの性能

カードは《Quick:1/Arts:3/Buster:1》と一般的なキャスターのもの。
高いランクの呪術による敵チャージ減少は、特に序盤の決定力が足りない時に効力を発揮する。また、3ターンの安定した星出しが可能な無辜の怪物スキルを持ち、星が集まりにくいキャスターというクラスも相まって、概ねどんな相手と組み合わせても問題ない。

宝具の性能は、種類はBusterで、効果は【敵全体に強力な防御無視攻撃(Lv.1~)&敵全体に中確率で呪い状態を付与(Lv.1~)(3ターン)〈オーバーチャージで効果UP〉】。幕間の物語をクリアする事で宝具威力と呪い付与確率が上昇する。
B宝具であるため「Bチェインをしたいが、Bが足りない」という時には始動カードにすることもできる。

そして2016年5月17日に念願の第三スキル「道化の大笑(A+)」が「サーヴァント強化クエスト第2弾」にて実装。効果は【敵単体に5ターン呪い付与&相手の強化スキルを3回分無効化を付与】という凶悪スキル。
スキルLvをMAX10まで上げると、毎ターン1,000のダメージをCT6ターンで回せるようになり、相手をほぼ恒常的に呪い状態に出来る。
だが、特筆すべきは強化無効化で、一度に複数の強化効果を発揮するスキル・宝具効果でも“1回”と換算されるため、多種のバフを乗せるタイプの相手により効果。特に、1.5部『Epic_of_Remnant』開始以降の「複数のHPゲージ」を持つボスがゲージ破壊時に使用する特殊スキルや、高難易度バトルで毎ターン自動発動するスキルを無効化すれば、ギミックを崩して難易度を下げる事が出来る。

総じて、本人の派手さに反して手堅いサポート系のサーヴァントと言え、特定のストーリークエストや高難易度クエストのボス戦攻略の鍵として活躍する事ができる。
その一方で、直接的火力バフを持たないため、単純な周回性能では他のキャスターサーヴァントに劣る。
B宝具で非常に使いやすい回避スキルを持つ上に序盤で必ず入手できるクー・フーリンや、同じ無辜の怪物を持ち他スキルも宝具も便利なアンデルセンハロウィンエリザベートなど、強力なライバルが多い。

余談

  • 『Grand Order』7週連続CMに登場した新規サーヴァントの内、ファンの間で最も真名当てが難航したキャラクター。「メフィストフェレス」という意見自体は決して少なくなかったのだが、『Fate』シリーズに通底する「神そのものは召喚できない」というルールが悪魔の方にも適用されるのでは?…という疑念が払拭されず、「メフィストに成りすましたファウスト」や、「」からの連想で彼女?)の原形とも言われるスウィーニー・トッド(=理髪師)やオートクチュールの祖シャルル・フレデリック・ウォルト(=服飾デザイナー)…といった予想も存在していた。
  • 『ぐだぐだオーダー』では中の人に引っ掛けて「コヤスコ」と命名される。「キャス子」あるいは「キャス狐」風にしようとして残念な事態となっているが、何だかんだでじわじわと普及中…?
  • まさしく不気味な道化師と言える見た目の彼だが、メイクを落とし髪型を整え正装に身を包むと意外…というかかなりイケメン。英霊正装にてそんな彼の姿を見ることが出来る。
  • 「復刻:チョコレート・レディの空騒ぎ -Valentine 2016- 拡大版」での報酬として、メフィストから概念礼装の「ちくたくくん」が貰える。宝具「微睡む爆弾(チクタク・ボム)」の寄生爆弾蟲をデフォルメしたデザインとなっている。後述の発言からどう見てもこれにしか見えないが。ナーサリー・ライムと共同開発したカルデア公認ゆるキャラらしく、ポケットに入るモンスターとしてどこまでもついて行くとの事。なお、元になった宝具よろしく刺激を与えると爆発する仕組みになっている。ポケットに入るモンスターってそういう意味かよ!前述の発言と言い、元ネタに測った機能といい作者は二重の意味で命知らずである。


関連イラスト

はじめました
悪魔毛100パーセント



ノーメイク.ver

白情礼装梅菲



関連タグ

Fate/GrandOrder
サーヴァント キャスター(Fate)
悪魔 爆弾魔 サイコパス
ファウスト

メフィストフェレス・ロア(元人物が同じ)
ファウストⅧ世ファウスト博士の子孫という設定。しかも中の人つながり。

pixivに投稿された作品 pixivで「メフィストフェレス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1748184

コメント