ピクシブ百科事典

チクタクマン

ちくたくまん

『クトゥルフ神話』に登場する架空の神性「ナイアルラトホテップ」の化身の一つ。
目次[非表示]

概要

チクタクマンとは『クトゥルフ神話』に登場する架空の神性「ナイアルラトホテップ」の化身の一つである。英語綴りはTick-Tock Man。
高度な機械を依代としてこの世界に顕現する、時計仕掛けの神である。

初出はスコット・デヴィッド・アニオロフスキ著『I Dream of Wires』(未訳)。巨大な人工知能と、実験のためそこに接続された主人公の夢に現れる半人半機の怪人として登場する。
クトゥルフ神話TRPGでは「自ら選んだ特定の人物に夢などの形で働きかけ、自身が宿るに相応しい機械を製作させる」「他の機械を支配する能力を持つ」などの設定が付け足され、以降の作品もこれに倣う例が多い。

主な登場作品

機神飛翔デモンベインニトロプラス):クロックワーク・ファントムを参照。
紫影のソナーニルライアーソフト

関連タグ

クトゥルフ神話 ナイアルラトホテップ
機械 人工知能 邪神
デウス・エクス・マキナ

関連記事

親記事

ナイアルラトホテップ ないあるらとほてっぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チクタクマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2550

コメント