ピクシブ百科事典

忌まわしき狩人

いまわしきかりゅうど

忌まわしき狩人とは、クトゥルフ神話における奉仕種族の一つである。
目次[非表示]

概要

登場作品は『暗黒の儀式/The Lurker at the Threshold』-オーガスト・ダーレス。

忌まわしき狩人はラヴクラフト&ダーレス著『暗黒の儀式/The Lurker at the Threshold』の2章『スティーブン・ベイツの手記/』内において言及される怪物である。

その容姿は巨大な空飛ぶ蝮。
全体的に赤と黒で統一され、妙に歪んだ頭部や大きな鉤爪のようなものがあり、弾性のある黒い翼で宙に浮かんでいる。
ただし、空飛ぶ蛇というとなんとなくドラゴンのような容姿を想像してしまうが、そんなに可愛いものではない。

彼らは様々な神格に仕え、番犬として役割は果たしている。

見てしまったら最大10pt.のSAN値を消費する。
コウモリ、あるいは雨傘のような翼を持った巨大な黒いヘビかイモムシのような姿をしているというが常に変化しているのでどんな姿か認識するのは困難。

忌わしき狩人は主にナイアルラトホテップの猟犬としての役割を果たしている

フィクションにおける忌まわしき狩人

ペルソナ2罰

新世塾の主催者として暗躍していた須藤竜蔵ニャルラトホテプにより異形の怪物へと変えられた姿。その末路は彼を復讐のために追っていたパオフゥをして哀れな最期であった。

関連記事

親記事

ナイアルラトホテップ ないあるらとほてっぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「忌まわしき狩人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 568

コメント