ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

聖杯を巡る戦いは、魔の霧に煙るロンドン。


それは困惑と解析が繰り返される都市。

隠蔽された真相を暴く、学者たちの物語。


概要

特異点番号第四特異点
時代A.D.1888
人理定礎値A-
場所大英帝国ロンドン
キーキャラクターロンディニウムの騎士
章クリア報酬善悪の闘争
シナリオ担当桜井光

ストーリー

四つ目の特異点は、産業革命時代の霧煙るロンドン。

歴史と伝統が佇む石畳の街は、人体を死へと蝕む魔霧に包まれていた。


ロンドンを守らんがために剣を振るうは叛逆の騎士モードレッド。

霧の中で暗躍する殺人鬼と魔術師たち。


嵐と雷の王が姿を現す時、全ての陰謀の“正体”が遂に舞台へと上がる。


登場サーヴァント


後の物語にて、召喚されていたことが判明している。


特徴

モードレッドを相棒として魔霧に包まれたロンドンを探索するシナリオ。

それ以外の登場人物は前章に増して非戦闘向けのキャラクターばかりが仲間になり、戦闘向けのキャラクターほど戦闘で撃破してしまう流れになるため、戦闘面で頼りになるのがほぼモードレッドだけ。


魔術協会の時計塔がある周辺なのか、

登場する敵がオートマタヘルタースケルターホムンクルスなど、無機質な物が大半。

前半の敵はキャスタークラスが多く、後半に登場する強力なアーチャー魔神柱など、モーさん頼りだけでは進めないので、フレンドフォローを活用するか、自戦力の育成も考える必要がある。


Fate/Apocrypha』に関連する人物が多く登場し、モードレッド自身その事を覚えている節がある。

この他、『蒼銀のフラグメンツ』のジキルをはじめとした蒼銀メンバー、『Fate/EXTRAシリーズ』よりアンデルセンなどの登場もあり、FGOオリジナルのサーヴァントもちらほら登場するので、Fate外伝系の作品が勢揃いといった印象。


そして終盤で遂にラスボスが顔見せする第一部の折り返し地点でもある。


関連動画


関連イラスト

『GOAL』FGO概念礼装「魔霧の都市」ジャック


関連タグ

Fate/GrandOrder

ロンドン イギリス 産業革命 特異点(Fate)


どんな名前だ特異点の中で唯一横文字のルビが降られている名称


妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ:こちらもイギリス(ブリテン)を舞台にしたシナリオであり、作中で『ロンディニウムの騎士』という言葉が登場する。


関連記事

親記事

Observer_on_Timeless_Temple おぶさーばーおんたいむれすてんぷる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2456118

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました