ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

モードレッド(Fate)

ふぇいとのもーどれっど

モードレッドとは、Fateシリーズの登場人物。複数のバージョンが登場するが、右がstay night、左がApocryphaのもの
目次 [非表示]

プロフィール

作品Fate/staynightFate/ApocryphaFate/Prototype
性別
出典アーサー王伝説アーサー王伝説アーサー王伝説
地域イギリスイギリスイギリス
イメージカラー不明不明
CV桑島法子沢城みゆき石谷春貴
なし甲斐千尋なし

概要

Fateシリーズの登場人物。

モデルとなったのはアーサー王伝説に登場する円卓の騎士の一人、「叛逆の騎士」モードレッド


アニメ『Fate/staynight』(Fateルート)において初登場。

具体的な姿が描かれたのは2006年版TVアニメ『Fate/stay night』の回想シーンから。

その後もアニメ『Fate/zero』のエンディングや、2014年のアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』などの回想シーンなどで断片的に描かれている。


本格的な登場と活躍は『Fate/Apocrypha』からであり、「赤」陣営のセイバーとして登場している。

聖杯大戦にて、ユグドミレニア一族に対抗するために魔術協会に雇われたネクロマンサー獅子劫界離によって円卓の欠片を触媒に召喚される。


設定は『stay night』『Apocrypha』『Prototype』の3種類があり、設定によって性別も異なる。


人物

Fate/staynight

父子

(画像右側の人物)

貴方の国はこれで終わりです、アーサー王


白銀の鎧を纏った20歳にも満たない少年剣士。


一人称は「私」。冷静な性格であり、敵対者に対してもあくまで礼節を弁えた丁寧な口調で話す。

その風貌は、かのアーサー王と瓜二つで、顔だけで判別する事はほとんど不可能。ただし、アホ毛がない、眉毛が細い、もみあげが短い、色素が薄い等、細かい違いが設定されている。一見すると女性にしか見えないが男性である。


円卓の騎士の1人で、末席に位置する。アルトリアとモルガンの息子。

普段は羊を思わせる角の生えた鎧を身にまといその素顔を隠している。回想ゆえにモノクロの1シーンであり、前述したセイバーとの細かい違いを判別する事は難しい。


原作では言及されるのみであったが、2006年のアニメ『Fate/staynight』に初登場し、この作品のアニメオリジナルシーンとして「カムランの戦い」を描く為に、設定とデザインを書き起こしアニメスタッフに資料として提供したのが始まりとされる。

その薄幸な演技が好評だったらしく、脇役中の脇役にもかかわらず、アニメに登場したモードレッドは当時から一定のファンを獲得していたとの事。

モードレッド(Fate/staynight)も参照。


Fate/Apocrypha

センシティブな作品

二度というな。次に女と呼べば、オレは自分を制御できん


物々しい鎧に身を包んだ20にも満たない少女剣士。

その素顔はアーサー王と瓜二つであるが、いわゆるオレっ娘。上記のSNとは打って変わり、話し方は粗暴な男性口調のそれになる。

父上と似た顔立ちだが、アホ毛は無く外見ではっきり判断出来る程度の差異はある。男性設定の頃よりも、むしろ男らしい雰囲気を持っている(通称:新デザイン)。

赤のセイバーも参照(赤セイバーではないので検索などの際には注意)。


Fate/prototype

Fate/prototype及び蒼銀のフラグメンツに登場するモードレッド。

こちらのモードレッドもSNと同様に男性だが、外見も人格もほとんど違う別人。

詳細はプロトモードレッドを参照。


その他の登場作品

コハエース

赤のセイバーが出演。

なんだかんだでよく出るようになった追加レギュラーキャラ。

今作での愛称「モーさん」は型月ファンの間にもすっかり浸透したが、「モーさんは『コハエース』時空のモードレッドのみを指し、通常時とは別枠」という見解も見られる。


万年反抗期のファザコン娘として、ひたすら青セイバーに構い倒している困ったちゃん。もはや反抗期設定どこいったというレベルのパパっ子だが、肝心のアーサー王からは塩対応。しかし某ネズミの国には連れて行ってもらえたらしい。やったね!父上をディスる赤セイバーとは犬猿の仲。しかし桜セイバーはその戦闘における考え方から「母上」と慕い超懐いている。


Fate/GrandOrder

こちらも赤のセイバーが再びサーヴァントとして出演。

第四特異点「死界魔霧都市ロンドン」と共に実装。レアリティは父上と同じく最高の☆5(SSR)。同章のキーパーソンも務めており、主人公の味方となってくれる。

魔霧より限界した“はぐれサーヴァント”であり、この時代の碩学者ヘンリー・ジキルとともに致死性の不可思議な霧“魔霧”の謎を追っている。

ロンドンを古式に則り「ロンディニウム」と呼び、ロンドンを浸食する魔霧に対して「俺のモノに勝手に手を付けた(父であるアーサー王の治めたブリテン≒自分“だけ”が壊していいもの)」という、なんともモーさんらしい捻くれた理屈からロンドンの救済を決意した模様。


ちなみにこの状態での彼女は『Apocrypha』での記憶を有しているらしく、ストーリー中で再会したフランケンシュタインシェイクスピアについて言及している。また『Apocrypha』での顛末から性格もかなり丸くなっている様で、特にフランのことは妹のように可愛がっている。


第六特異点「神聖円卓領域キャメロット」では敵側として再登場。獅子王に仕える遊撃騎士として主人公達と敵対する。別個の召喚であるためロンドンでの記憶は引き継いでおらず、また性格もかなり剣呑。

正式に聖都への滞在を許可されないものの、生前願っていた「憎まれたまま父王に仕える」という望みのままに敵対勢力の殲滅を行う。


専用状態強化は「暴走」。毎ターンチャージゲージがMAXまでチャージされるというもので、早い話が毎ターン全体攻撃のクラレントがカッとんでくるというぶっ飛び振り。と言ってもMAXチャージが行われるのは敵の行動終了後なので自分のターンの間に呪術や吸血などでチャージゲージを削ってしまえば発射できなくなる(ただし、「不貞隠しの兜」で再チャージして撃たれる可能性あり)。

また威力もやや控えめで、ちゃんと育っているサーヴァントが耐性で受ければ即死はしない程度の威力となっている。


水着イベント「夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアサマーメモリー ~癒やしのホワイトビーチ~」では、サーフボードを駆るライダーとして登場。

詳しくはモードレッド(水着)を参照。


2部3章では、ノウム・カルデア所属のサーヴァントの復活組第1弾として再召喚される。

霊基トランクの記録により、かつてカルデア側のサーヴァントとして戦った際の記憶をそのまま引き継いでいる。「叛逆三銃士」と銘打たれてスパルタクス荊軻と共に召喚に応じた。


5章後半の星間都市山脈オリュンポスでは先にオリュンポスに侵入していた破神同盟の一人として登場。既にオリュンポスの神によって消滅させられていたため人工知能のアバターの一人として登場した。


余談

・上記の通り『staynight』では男性という設定だったが、『Apocrypha』に出るに当って著者の東出氏が「(男の娘系だと)アストルフォと被る」と提言し、それを奈須武内両氏が受け入れた事で女性となった。

男性である世界線も引き続き現存はしているようだが、詳細は不明。

また『staynight』版のモードレッドを旧モードレッドということを言うこともあるが、あくまでも非公式名称かつ不正確なので、注意しよう。

Prototype版はビジュアル未出のため、pixivに投稿されているものはあくまでファンの想像のものとなっている。


・なお、アニメ版『Apocrypha』ではテーマソング「The Knight of Rebellion」が作られており、この曲は彼女のバッググラウンドとあわせて高い人気を獲得し、『Grand Order』でも戦闘BGMとして採用されている。


関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ

Fate/staynight Fate/Apocrypha コハエース Garden_of_Avalon Fate/GrandOrder Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ

叛逆 裏切り 非嫡出子

男の娘 ヤンデレ

セイバー(Fate) サーヴァント 俺っ娘

円卓組 ブリテン親子

関連記事

親記事

円卓組 えんたくぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142962682

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました