ピクシブ百科事典

ヘンリー・ジキル/ハイド(Fate)

じきるとはいど

ヘンリー・ジキル/ハイドとはFateシリーズに登場するサーヴァント。その特性上、2つの真名を持つ。この記事ではアサシンとして召喚された場合&『Fate/GrandOrder』に登場するキャラクターとしての彼を取り上げる。
目次[非表示]

───「僕」は、善と誠実を信じる。けれど「俺」は……悪逆をこそ愛する

プロフィール

真名ヘンリー・ジキル&ハイド
クラスアサシン(変身前)バーサーカー(変身後)
性別男性
身長175cm
体重60kg
出典ジキル博士とハイド氏
地域イギリス
属性秩序・善(変身前)混沌・悪(変身後)
ILLUST中原
設定担当桜井光
CV宮野真守

人格の移行に伴い肉体さえ変化する、二重存在者。

概要

Fate/Grand Order」に登場するアサシンサーヴァント。レアリティは☆3。
シナリオクリア報酬で入手できる。

メインシナリオでは、第四章「死界魔霧都市ロンドン」にて生者として登場。
死をもたらす魔霧を晴らすためモードレッドと手を組み、市街を調査していた。

真名

Dangerous Game


十九世紀の小説『ジキル博士とハイド氏』の登場人物――――もしくはそのモデルとなった人物。
自己の人格から「悪」を切り離そうとした彼はしかし、「悪」を具現化させ人格を顕し、やがて殺人を行い、最後には自滅したという。

人物

【ジキル】
誠実で理性的な善人――本来の人格。
物事を深く考えるのが長所でもあり短所。
穏やかな見た目に反して正義感が強く、生前は「人間の内に潜む悪」に苦悩し、立ち向かった。

【ハイド】
道徳心なき快楽主義者――「悪」の人格。
反射的にすべてを傷付けようとする悪意の反英雄。
ジキルの心に悪が潜んでいたのか、悪に乏しいジキル故に「この程度で済んだ」のかは、不明。

アサシンのクラスでの現界のためか、それとも以前の召喚の折に失ったマスターのためか、ジキルはハイドを制御し切れずにいる。
けれどそれも、いつしか決着が付くだろう。善と悪の闘争の結末が……。

能力

狂気に飲まれ殺戮を繰り返したことからバーサーカー、"ジキル"の状態ではサーヴァントとしての気配を遮断出来る事からアサシンに適性がある。

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』ではバーサーカーとして召喚。⇒バーサーカー(フラグメンツ)

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
FGO主人公C+EA+ECC


保有スキル

無力の殻(A)精神と肉体がジキルの状態である間は三種の固有スキルが発動せず、能力値も落ち込み、サーヴァントとして感知されなくなる。逆に、固有スキル群を発動したハイドの危険性は魔獣級。
怪力(B)魔物、魔獣のみが持つとされる攻撃特性で、一時的に筋力を増幅させる。一定時間筋力のランクが一つ上がり、持続時間は「怪力のランク」による。使い続けるほどに“怪物に近づいていく”ことになる。ジキルの場合は、言わずもがな……。
恐慌の声(A)ハイドの状態で真価を発揮するスキル。聞くものの精神を弱らせる声を響かせ、対象に精神攻撃を行う。
自己改造(D)ハイドの状態で真価を発揮するスキル。戦闘に特化した形態に自己の肉体を改造する。今回はアサシンとして現界しているため、本スキルのランクは低く、あまり有効も働かない。僅かに手足が長くなっているかどうか、程度。バーサーカーとして現界した際に本スキルが発動すれば、狂化スキルによって強化されたパラメーターに相応しく、およそ人間には見えない狂獣の姿へと変化するだろう。
気配遮断(A)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。


宝具

密やかなる罪の遊戯(デンジャラス・ゲーム)

誘い


  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
ジキルからハイドへ、ハイドからジキルへと変身する霊薬。
ハイド時は三騎士クラスにも比肩する近接戦闘力を得る。

Fate/GrandOrder

ランクは☆3(R)で、荊軻以降ようやく登場した二人目の☆3アサシン。

モードレッドアンデルセンと並ぶ四章のキーパーソンであり、また本章の時間軸であるAD.1888年の人間でもある。
ロンドン市街のアパートに居を構えており、自宅を拠点にモードレッドと協力してロンドンを冒す“魔霧”の正体と原因を探っていた。モードレッドを介して主人公たちと出会い、事件解決のために協力していく。

第四章クリアと共に報酬としてプレイヤーに配布されるため、☆3以上のアサシンがいないマスターにとっては貴重な戦力になり得る。
……が、普通のサーヴァントとは一線を画す“クセ”を持つサーヴァントでもあるため、運用が難しい。

まず荊軻よりもHPに重きを置いたステータスになっている。反動でATK値が低めで、荊軻とは900近い差がある。
カードも《Quick:2/Arts:1/Buster:2》と、ランサー型の変則タイプ。
スキルも「怪力 B」(攻撃力UP)・「恐慌の声 A」(スタン付与率UP+敵1体をスタン状態)・「自己改造 D」(スター発生率UP)と、決して使い辛いわけではなく、状況に応じて使い分ければそれなりに戦える。

宝具は「密やかなる罪の遊戯」。詳細は同項目にて参照。

ちなみにセリフもモーションもジキルとハイドで変わるという、文字通り“一騎で二騎分のサーヴァント”を制作する労力が掛かった仕上がりになっている。
宝具解放の演出もかなり凝っており、特にハイドに入れ替わった後のジキルの苦渋に満ちた影の動きは秀逸

関連人物

ジキル

モードレッド
第四章にて共闘関係にあったセイバー。
カルデア内でもしばしば「今日も顔色が悪い」と因縁を付けられる間柄。

エジソンニコラ・テスラバベッジ
夜通し話が続けられる程度には、学者系サーヴァントたちと相性がいい。

シャーロック・ホームズ
TYPE-MOONエース掲載の短編小説にて、生前交友があったと明かされた名探偵。

ハイド

アンリマユ
「この世全ての悪」を背負い体現する彼は、ハイドにとって憧れの対象である。
なお、ハイドは元々が反転した存在の為アンリマユの泥の中でも平気だと思われる。

パラケルスス静謐のハサン
同じ人間を慕った同士とも言える存在。
しかし、ハイドと2人が出会った時はハイド以外は正気を失っていた。

関連イラスト

Dangerous Game??
ジキルとハイド


壊れた合わせ鏡
「どっちでしょう?」


Who am I...



関連タグ

Fate/GrandOrder バーサーカー(Fate)/アサシン(Fate) サーヴァント
二重人格 博士 碩学 殺人鬼

バーサーカー(フラグメンツ):バーサーカーとして召喚された場合

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘンリー・ジキル/ハイド(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5380233

コメント