ピクシブ百科事典

バーサーカー(Fate)

ばーさーかー

『Fate』シリーズに登場するキャラクター、もしくはサーヴァントのクラス名。
目次[非表示]

概要

狂戦士の英霊。英霊に「狂」の付加要素を許諾させるだけで該当できるクラス。召喚呪文に特定の一節を組み込むことでクラスを指定して召喚できる。
配属条件は生前に「発狂した伝説がある」もしくは「狂気的ともいえる在り方や行動をとっている」こと。また聖遺物を用意したクラス指定召喚の場合は指定先の英霊が狂化を受け入れるかどうかにもよる。

クラス特性「狂化」によって、基本能力を大幅に強化する代わり、一部の技術や技量を必要とする宝具などが使用不可能になる。また理性または正常な判断能力を失ってしまうため、戦闘時の制御が極めて難しい。逆に特定の思考に基いてしか行動しないため、行動パターンを理解・誘導できればもっとも従順かつ扱いやすいクラスとなる。
ただし常に全力全開での戦闘を主とするため、サーヴァントの中でも特に魔力の燃費が悪いマスター殺しでもあり、第四次までの聖杯戦争で召喚されたバーサーカーは皆マスターの魔力切れによる自滅で敗退したという。

クラス別スキル

狂化理性と引き換えに驚異的な暴力を所持者に宿すスキル。


基本ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運
CDDEE

実際のバーサーカーの幸運値の平均は、基本ステータスよりも高い。


スキル「狂化」

基本的にランクが上がるごとに上昇するステータスの種類が増えるスキルである。Bランク以上だと全能力が上昇する。Cランクは筋力、耐久、敏捷だけが上昇する。Dランクでは筋力、耐久だけが上昇する。Eランクは基本的にステータス上昇の恩恵を受けないとされ、無いに等しかったり、条件次第で上昇するものがいる。

またこのスキルの影響なのか属性における性格の項が善悪中庸の3つから外れた「狂」となる者が何人か存在する(というよりも最初のバーサーカー2番目に登場したバーサーカーが共に属性狂だったので、当初はバーサーカーは必ず狂だとファンからは思われていた)。

狂化にはレベルが存在し、生前のエピソードによってそのランクは左右される。
生前の人格が狂気的なほど狂化レベルは高く、基本戦闘力が大幅に上昇する反面、令呪を以てすら制御できない状態に陥る。逆に生前の人格が狂気と程遠い場合、狂化レベルは低く、一定の理性の獲得や意思疎通が可能となる代わりに、強化されるステータスの種類が減る。主にクラス指定召喚では後者である場合が多い。
また、狂化によって使用不能となった宝具は、令呪を用いれば本来の能力として発動できるケースもある。

ただし、ここでいう狂化レベルとはサーヴァントの凶暴性ではなく、制御性(倫理や損得勘定が通じるかどうか)のことである。故に狂化レベルが高い場合でも理性的に行動する者もいるが、その一方で特定の事に触れられると、他者の干渉ではおおよそ制御不能なぐらいの異常性を見せている。

その為に一見は狂戦士とは思えないほど穏やかな振る舞いや慈愛を見せることがあるが、在り方が異なる者や根本的な部分がおかしい者も多い。その発狂の方向性は主に個人に由来するものであり、そのような内面が表に出ているのも特徴と考えられる。

Fate/staynight

蘇る神話


巌(いわお)のような身体の猛々しい巨人。
詳細はバーサーカー(Fate/staynight)を参照。

Fate/Zero

湖の騎士


禍々しい漆黒の鎧に身を包んだ騎士。
セイバーを執拗に追い回すその理由とは……。
詳細はバーサーカー(Fate/Zero)を参照。

Fate/EXTRA

Fate/EXTRA』では、敵側に二体のバーサーカーが存在する。

臥藤のバーサーカー

10年前のアルクェイドを描きなおしてみた。 


マスターの臥藤が神と崇める女性。その正体は別世界の吸血鬼。
詳細はファニーヴァンプ(Fate)を参照。

ラニのバーサーカー

呂布ニキ


中華風の鎧を纏った巨躯の武人。
三国志における最強の武将にして、あらゆる陣営を裏切りし無頼漢。
バーサーカーの長所を活かしたサーヴァントの1体。
詳細はバーサーカー(Fate/EXTRA)を参照。

Fate/strange Fake

Fate/strange Fake』では、二体のバーサーカーが存在する。

バーサーカー

Fake狂陣営


フラット・エスカルドスによって召喚されたサーヴァント。
明確な姿を持たず、警官、娼婦など様々な存在になることが可能であり、暗殺などを得意とする。
詳細はバーサーカー(strangefake)を参照。

真バーサーカー

四本足の蜘蛛か異形の獅子にしか見えない機械人形の姿をしているサーヴァント。
詳細は真バーサーカーを参照。

Fate/Apocrypha

『Fate/Apocrypha』には、二人のバーサーカーが登場する。

黒のバーサーカー

フランケンシュタインの可愛物


花嫁衣裳に身を包んだ人造人間の少女。自ら喋ることはないが、理性的な思考を持っている。
バーサーカーの長所を活かしたサーヴァントの1体。
詳細はフランケンシュタイン(Fate)を参照。

赤のバーサーカー

スパルタクス


屈強な肉体に無数の傷跡が残る戦士。ただひたすらに強者への反逆に走り続ける。
詳細はスパルタクス(Fate)を参照。

没になったバーサーカー


金髪のおかっぱ頭にサングラスをかけた、ヤンキーのような男。
悪逆を憎み平和を尊ぶ、人呼んでゴールデン。
詳細は坂田金時(Fate)を参照。

Fate/Prototype

真名は『stay night』のものと同一だが、宝具の性能が少し異なっている。

蒼銀のフラグメンツ

ジキル


正義の味方を夢見る穏やかな風貌の少年。その裏には破綻した“もう一人の彼”が潜む。
詳細はバーサーカー(フラグメンツ)を参照。

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚

帝都聖杯奇譚の


陸軍の秘密基地で虐殺の宴を繰り広げた死なない狂戦士。
戦国の世の中でも屈指の血塗れた武将。
詳細はバーサーカー(帝都聖杯奇譚)を参照。

Fate/Grand Order

第1部 Observer on Timeless Temple

ダレイオス3世


3メートルにも迫る巨体に、揺るぎない闘士を漲らせる戦士。
詳細はダレイオス三世(Fate)を参照。

センシティブな作品


緑の着物を着た童女。嫉妬深く、嘘をなによりも嫌う。
詳細は清姫(Fate)を参照。

センシティブな作品


狐だか猫だか犬だか兎だかよくわからないナマモノ。
タマモナインのうちの一匹で野性の化身。
詳細はタマモキャットを参照。

姪かわ帝


暴君として君臨したローマ帝国第三皇帝。
詳細はカリギュラ(Fate)を参照。

アステリオス


牛の特徴を持つ生まれついての怪物。『雷光』の二つ名を持つ反英霊。
詳細はアステリオス(Fate)を参照。

護国の鬼将


本来は忌み嫌っている「吸血鬼」としての力を容赦なく振るう、災禍の化身。
誇り高き領王だが、後世の創作が彼の実像を大きく歪めている。
詳細はヴラド三世(バーサーカー)を参照。

センシティブな作品


血の斧を持つバイキングの王。妻に恐ろしい魔女を持つ。
詳細はエイリーク・ブラッドアクス(Fate)を参照。

マジで源流闘争する5秒前


全身に傷跡を持つ筋骨隆々とした戦士。
優れた武器以上の“無敵の肉体”を最大の力とする。
詳細はベオウルフ(Fate)を参照。

センシティブな作品


看護師であり、衛生看護の必要性を説くために膨大な量のデータを示した統計学者。
「クリミアの天使」・「小陸軍省」と呼ばれた不撓不屈の女傑。
詳細はナイチンゲール(Fate)を参照。

センシティブな作品


ケルト軍を率いる狂王。
ある理由によりその在り方を捻じ曲げられている、災厄クラスのエネミー。
詳細はクー・フーリン・オルタを参照。

茨木童子


大江山を本拠に京都を荒らし回ったとされる「鬼」の一人であり、酒呑童子の家臣。
詳細は茨木童子(Fate)を参照。

源頼光


茨木童子を含め、京の土蜘蛛、浅草寺の牛鬼を討ち滅ぼした平安最強の神秘殺し。
詳細は源頼光(Fate)を参照。

第1.5部 Epic_of_Remnant

センシティブな作品


アマゾネス達の首魁である女王。
ある言葉を異常なまでに嫌い、口にした者は誰であろうが殲滅する。
詳細はエルドラドのバーサーカー及びペンテシレイア(Fate)を参照。

センシティブな作品


人呼んで「幕末のバーサーカー」。
悪鬼の如き荒々しさと戦術家としての理性的な面を併せ持つ、稀有なタイプの狂戦士。
詳細は土方歳三(Fate)を参照。

茶々


天下人さえ頭を抱えたワガママぶりだが、何故か憎めない愛されお茶目系姫君。
バーサーカーの長所を活かしたサーヴァントの1体。
詳細は茶々(Fate)を参照。

第2部 Cosmos_in_the_Lostbelt

センシティブな作品


純潔の狩人アタランテが、魔猪の毛皮を纏い凶暴化した姿。
詳細はアタランテ・オルタを参照。

【FGO】項羽


「力は山を抜き、気は世を蓋う」と謳われた覇王
詳細は項羽(Fate)を参照。

 始まり


全ての神性を取り込み、破壊と再生、崩壊と創造を繰り返す絶対神。
その正体は授かりの英雄の異聞存在。
詳細はアルジュナ・オルタを参照。

センシティブな作品


乱暴者だった時代の精神性で召喚された中壇元帥・哪吒太子。
詳細は哪吒(バーサーカー)を参照。

センシティブな作品


恋に滾り、血塗れの唇に口付けする狂気の少女。
愛する者の首を求め手に入れた、人類最古のヤンデレ。
詳細はサロメ(Fate)を参照。

イベント限定サーヴァント

FGO謎のヒロインXオルタ


甘い香りに誘われて、宇宙から迷い込んだ同居人。
サーヴァントユニバースより来訪した天涯孤独のヴィラン(悪役)。
詳細はヒロインXオルタを参照。

バンド組むぞ沖田ァ!


「わし…、ロックスターになる!」 「「は?」」
詳細は織田信長(水着)を参照。

センシティブな作品


ハワイで浮かれ、創作活動に燃えるオルタちゃん。
詳細はジャンヌ・オルタ(水着)を参照。

鬼柴田


戦国時代に名を馳せた武将の一人。ひたすらに進撃する屈強な鎧武者。
詳細は柴田勝家(Fate)を参照。

センシティブな作品


ラスベガスで暴れる異邦の大剣豪。
狂化の内容はとんでもないものだった
詳細は宮本武蔵(水着)を参照。

マンガで分かる!Fate/Grand Order

バニヤン!


リヨぐだ子がうどん生地と聖杯の泥を触媒にして生み出し自ら育てたサーヴァント。
すごくデカイ幼女。西部開拓者達の功績が、働き者の巨人という一つの形を取ったもの。
詳細はマンガで分かるバーサーカーを参照。

Fate/Requiem

白無垢衣装を羽織る、恐竜じみた異形の容姿をしたサーヴァント。
詳細は鬼女紅葉(Fate)を参照。

その他公式で適性があると明言されている英雄

登場作品真名召喚されたクラス
Fate/staynightクー・フーリンランサー
Fate/EXTRA-CCCエリザベート・バートリーランサー
Fate/strangefakeエルキドゥランサー
Fate/Apocryphaアキレウスライダー
Fate/GrandOrder酒呑童子アサシン
ロムルスランサー
ファントム・オブ・ジ・オペラアサシン


余談

元々は弱い英霊を強化するために用意されたクラスであるが、原作において弱い英霊が狂戦士になることは殆ど無く、元から上位の能力を有した英霊が結果的に弱体化している場合が多い。
その為「バーサーカー以外のクラスだったほうが強かったのでは?」という意見も後を絶たない。
ただし、第四次と第五次の聖杯戦争では、共にバーサーカーがクラス指定で召喚されており、それぞれに理由が存在する。

また、バーサーカーの目的にきちんと合致した例バーサーカーでないとそもそも扱うことが不可能な英霊も存在する。

関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント 
狂戦士 暴走 狂人 怪物 破壊者 暴れん坊
四騎士

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バーサーカー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1530989

コメント