ピクシブ百科事典

エイリーク・ブラッドアクス(Fate)

えいりーくぶらっどあくす

Fate/GrandOrderに登場するサーヴァント。
目次[非表示]

「血ダァ……血ダァ……血ダァァアアアア!!」

プロフィール

クラスバーサーカー
真名エイリーク・ブラッドアクス
性別男性
身長195cm
体重115kg
出典『ファグルスキンナ』
地域ノルウェー~イングランド
属性混沌・中庸
Illust蒼月タカオ
CV安井邦彦


奥様は魔女っぽい。

概要

血の斧を持つバイキングの王。それがエイリーク・ブラッドアクス。
通称「血斧王」である。

エイリークは九世紀頃のノルウェーを支配した王である。といっても、王として君臨したのはわずかに三年程度。
王を追われてからは、イングランドに逃れ、一地方の領主となっただけの存在に過ぎない。にもかかわらず、彼の異名が轟いたのは王位に就くために兄弟姉妹を皆殺しにする残虐性と、それを後押ししたと言われる魔女グンヒルドの存在である(グンヒルドはエイリークの口を借りて出てきた時に聖杯を「聖杯如き」と言い放っており、非常に強力な魔女であることが分かる)。

メインシナリオでは、第1部第三章「封鎖終局四海オケアノス」にて黒髭率いる海賊船のメンバーとして立ちふさがる。

人物

狂化ランクが「B」に到達したサーヴァントのため、他者との意思疎通は不可能であり、基本的に殺意のこもった狂声を上げるだけ。
第三章に登場したサーヴァントの中で、彼だけキャラクター性が皆無であった。






……と、思いきや実は普通に喋れる

本来の人格は残虐な伝承に反し、統治者としての側面を感じさせる理知的で気さくな男。主人公にも世界の破滅を食い止めるために召喚して使ってくれたことに対し、感謝の意を述べている。
終局特異点の戦い・IIIの座で明らかになったときは、猛獣のような面しか見せていなかった故に、共闘中の海賊サーヴァント達を大いに驚かせる事となった。

愛妻・グンヒルドの力を借りることで稀に理性を取り戻す……のではなく、意図的にそう振舞っており、自らの意志で狂化ランクを変動させる事が可能な稀有なタイプのバーサーカーとなっている。

なぜ普段は、理性ゼロの狂獣として振舞っていたのかというと――――
「グンヒルドがな…。俺がほかの女性と会話をすると拗ねる……だけならまだ良い方で、下手すると相手に呪いをかけてしまう…」
……という笑えない台詞が。

下手に妻を嫉妬させると、最悪相手がとんでもないとばっちりを喰らってしまうため極力狂化しているそうな。あと当人も伝承故にバーサーカーのクラスでしか呼ばれる機会がないため、狂った素振りはあまり苦でもないらしい。
一途且つ強い妻を持つ旦那さんも大変である。


一方のグンヒルドは、夫が聖杯戦争で召喚される事に否定的であり、もし夫を召喚した場合そのマスターを殺すと言っている(この時「普段ならば~」と語っており過去に召喚したマスターを呪殺した経験があることを仄めかしている)が、今回は人類史滅亡の危機という緊急事態であるため、特別に夫を使役することを許可している。意外に物分かりは良いのだろうか。

ただし、時折どこからともなく彼女の言葉が降り注ぐことがあり、エイリークのマスターであり続けるためには、その言葉にきちんと耳を傾けることが肝要。
ただ死しても夫の敵を呪殺したという逸話を残し、夫経由とはいえサーヴァント化した存在に逆口寄せをおこなったりと、その実力は計り知れないところがある。

……多分、一番怒らせたらヤバい御仁なのは明白であろう。
実は、バレンタインイベントにて彼にチョコを渡すと、彼女からの礼状を受け取るのだが、内容が

『いつもコキ使ってくださってありがとう呪うございます。
あまつさえわたくしの夫にチョコなど無礼者ありがとうございます。
お礼に今度呪うお祝いの品をお届けしたいと思いま呪う

…と、明らかに呪い殺す気満々の内容である。
(ちなみにこの礼状、上部分を見ると、『迎春』と書かれている)

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香B+B+DDCC


保有スキル

支援呪術(C)敵対者のステータスを1ランクダウンさせる。夫に負けず劣らず悪名高い女魔術師グンヒルドによる呪い。
戦闘続行(B)往生際が悪い。瀕死の傷でも戦闘を可能とし、粘り続ける。
狂化(B)バーサーカーのクラススキル。全パラメーターを1ランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。 …が、上記を見る限り、そんなに狂ってない。(むしろグンヒルドに当てはまりかねない)


宝具

血啜の獣斧(ハーフデッド・ブラッドアクス)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~2
  • 最大補足:1人

彼が通常身につけている赤黒い斧。かつて打ち倒した魔獣を加工し、斧に仕立て上げたもの。
驚くべきことに、斧にされたこの魔獣はまだ「生きている」らしく、栄養分としての血液を求めて血を啜り続けることで生き延びている。
一定時間血を与えないと、飢え死んでしまう。そうなると武器としての威力は見る影もなくなるため、定期的な血液補給が必要。
(『FGO』では真名解放は行われない)

また、FGOでは強化クエストをクリアすることで、第三スキルとして使用可能になる。
詳細は下記の「ゲームでの性能」を参照。

血塗れの戴冠式(ブラッドバス・クラウン)

血塗れの戴冠式


  • ランク:B
  • 種別:対人宝具(自身)
  • レンジ:0
  • 最大補足:1人
黒魔術師グンヒルドによる、エイリークの狂化ドーピング。自身のダメージなど気にもせず、敵に突っ込んでミンチにする。当然ながら、自身もそれなりにダメージを負う。自身の近しい親族を悉く討ち果たし、ノルウェー王に名乗りを上げたという逸話の具現化。対軍宝具ではないものの複数を相手にするのに適した宝具。ただし、帰還した際のダメージもその分深刻である。回復手段を持たないまま、この宝具を使用することは控えた方が良いだろう。

『Grand Order』では自身の攻撃力を上昇させて敵全体にダメージを与える。ただし自分もいくらかのダメージを受ける。詳細は下記参照。

ゲームでの性能

カリギュラと対を成す☆2(UC)ランク。
カリギュラよりHPに比重が置かれているもの、両者でそこまでの大差はない。
《Quick:1/Arts:1/Buster:3》と、カードの配分はバーサーカー型そのもの。

「支援呪術<C>」による敵単体への攻撃・防御ダウン、「戦闘続行<B>」によるガッツ(HPから1度だけ復活)付与と、相手を弱らせながら粘る戦法を用いる。
NPの回転率が低いため、パーティーに編入するなら、最低でも限界突破済み「龍脈」、贅沢をいえば「カレイドスコープ」などのNPチャージ系概念礼装が欲しいところ。

宝具は「血塗れの戴冠式」で、【自身に1ターン攻撃力UP(大)+敵全体に強力な攻撃(デメリット:HPが1000減少)】の効果を持つ。
先に攻撃UPのバフ効果が入り、さらにこの効果はオーバーチャージで向上するので、単発よりは宝具チェインを狙った方が威力が上がる。しかし使用すると反動ダメージが入るので、瀕死時に使うと自分も戦闘不能になるので注意。ギリギリな時はサポートで回復するか、自前のガッツで乗り切りたい。
ただこの反動ダメージを利用し、アーラシュと同じ要領で「宝具→退場→控えサーヴァントに交代」という戦術も出来る。
威力も☆2でダブりやすいだけに宝具レベルが上げやすく、バフ効果との相乗で☆2らしからぬ高威力を発揮する。

2016年3月23日実装の「サーヴァント強化クエスト第一段」の、七騎のピックアップサーヴァントの一騎に選出された。
強化内容はスキル「支援魔術」の強化(C→C+/攻撃・防御ダウンの低下効果UP)と、エイリーク本人の強化というより奥様がちょっと本気になったご様子。
これにより、本来エイリークより上手の相手でも大ダメージを通せるようになった。

さらに2016年8月4日実装の「サーヴァント強化クエスト第四段」でもピックアップサーヴァントの一騎として選出された。
強化内容は、新たに第三スキル「血啜の獣斧」を習得するというもの。効果は「自身の弱体状態を解除し、3ターンの間最大HPをアップ」。HP上限は最大で3000まで上昇する他、回復能力も併せ持つので、実質「仕切り直し」スキルの上位互換スキルである。
これにより、宝具使用時に体力減少のデメリットを気にせず使用することが可能となった。
なお、「血啜の獣斧」は本来宝具だがFGOではスキル扱いとなっている。宝具詳細は上記の「宝具」を参照。

関連イラスト

血斧王【FGO】
エイリーク



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント バーサーカー(Fate)

ヴァイキング 恐妻家

pixivに投稿された作品 pixivで「エイリーク・ブラッドアクス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115159

コメント