ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「唄え、唄え、我が天使……」


プロフィール

真名ファントム・オブ・ジ・オペラ(エリック)
クラスアサシン(自軍)/ バーサーカー(新宿)
性別男性
身長185cm
体重80kg
出典オペラ座の怪人
地域欧州
属性混沌・悪・地
好きなもの美しい声
嫌いなもの醜いもの、自分自身
設定担当桜井光
ILLUST縞うどん
CV置鮎龍太郎

概要

Fate/Grand Order』に登場するアサシンクラスサーヴァント。レアリティは☆2。

呪わしい異形の顔を、髑髏仮面で隠した怪人。


メインシナリオでは第1部1章『邪竜百年戦争 オルレアン』で初登場。ジャンヌ・オルタに召喚され、主人公達に敵対するが、ろくな会話も何もなしに出てきてすぐ倒されるため非常に影が薄い。


後の第1.5部悪性隔絶魔境 新宿』にも敵側のサーヴァントとして登場し、クラスが適性のあるバーサーカーになっていた。

狂気の沙汰そのものと言える悪行をやらかしており、彼と戦うまでの一連の流れはトラウマものである。


第三再臨すると文字通り『怪人』の如き禍々しい姿から一転して眼鏡をかけた知的な好青年に早変わりするため、マスターを色々な意味で驚かせている。

イラスト担当の縞うどん氏の中では「怪人が青年に憑依している」という設定らしく、現在の「爪と髑髏仮面を備えた美青年」という姿は、本来のものとは大きく違う可能性もありうる。


真名

十九世紀を舞台とした小説『オペラ座の怪人』に登場した幽霊怪人(ファントム)の、恐らくはそのモデルとなった人物、ファントム・オブ・ジ・オペラ

個人としての名はエリック。とあるオペラ座地下の広大な地下迷宮に棲まい、そこの寄宿生でコーラス・ガールを務めていたクリスティーヌという女性に恋をした事で、彼女を姿を隠して指導。

彼女が信じていた「音楽の天使」として、その資質を開花させ歌姫へと導いた。


しかし、関係者への脅迫や実力行使によって障害となる別の歌姫を排除した事で、クリスティーヌからの信頼は揺らぎ始め、現れた恋敵ラウルへの狂おしい嫉妬もあって徐々に暴走を開始。

クリスティーヌを拉致監禁し、自分の素顔を見てしまった彼女を永遠に我がものとするべく、恐ろしい事件を次々と起こしていった。


それが成就することはない愛だとしても。


人物

一人称は「私(わたし)」

その異形の姿とは裏腹に、普段の態度は紳士的だが、これは彼が自身の秘める凄まじい悲哀と憤怒を深く自覚しているため。もしも解放されてしまえば再び悲劇の幕が上がるため、これを表出させないために「紳士としての自分」を演じることで衝動を殺して、常に抑制しようと務めている。


基本的には意思疎通が不可能なほど重篤な「精神汚染」を抱えており、具体的に何を言おうとしているのかはあまり伝わらず、誠意があれば意思自体は汲んでくれる大抵のバーサーカー達よりも破綻した思考回路を有している。


彼の発言は常に唄うような会話であるが、そのように会話できている内は、まだ自らを律して保っていることを示す。唄うことをやめたのなら、目的のためならば殺戮者となって障害を排除しに掛かる冷酷にして狂気たる「オペラ座の怪人」としての本性が出始めている証拠。


自らを召喚したマスターの事はかつての歌姫と混同しており、マスターが男性でも容赦なくクリスティーヌ認定してくる。故に彼の脳内にとって「マスター」は、クリスティーヌや素晴らしい歌姫と同義語と扱われているのではとの説もある。


また生前のこともあって美声の少女を好み、目をつけた少女には「自分が指導すれば歌姫になれる」とアピールすることもある。聖杯にかける願いも「自分が指導した歌姫が世界一の栄誉を受けること」。

マスターの声がそれなりに良いものであれば「素晴らしい美声」と言って懐いてくる為、サーヴァントとしてはとても従順。本人としては出来れば歌姫(性別にかかわらず)として育て上げたいため、故にこそマスターを何よりも大切にする。


だが、歌姫には容姿ではなく美しい声を持つことが何よりも重要であるとし、たとえ容姿が美しくても声が醜かったら爆殺もやむなしという考えであったり、声が美しかったら地下牢に永久に監禁したいと言うなど、やはりその思想は狂気かつ危険に満ちている。


能力

生前よりもはるかに異形化し、長大な鉤爪や浮遊移動能力を生かして敵対者に襲い掛かる。

また、女性なら誰しも聞き惚れるほどの歌声で足止めを行う、シャンデリアを召喚して相手の頭上に落とす、オペラ座の各所に施したような仕掛けの腕前で多くの敵をまとめて始末するといった、異形のみに頼らない戦闘手段も備えている。


プロフィール

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BCADDB

保有スキル

気配遮断(A)サーヴァントとしての気配を断つ、隠密行動に適したスキル。完全に気配を断てば発見することは不可能に近いが、攻撃態勢に移ると気配遮断のランクが大きく落ちてしまう。
精神汚染(A)精神が錯乱しているため、精神干渉系の魔術を遮断する。ただし、同ランクの精神汚染を有していない人物とは意思疎通ができない。
無辜の怪物(D)後年に培われたイメージによって、過去の在り方を捻じ曲げられた怪物。能力・姿が変貌してしまう。小説『オペラ座の怪人』のモデルである彼は、作品の影響を受けて素顔が異形へと変わり、両腕も異形のものと化した。手袋を外せば、大振りのナイフよりも鋭い鉤爪が露わになる。
魅惑の美声(B)天性の美声。女性に対しては魅了の魔術的効果として働くが、対魔力スキルで回避可能。対魔力を持っていなくても、抵抗する意志を持っていればある程度軽減することができる。ファントムはこの美声を用いて、まさにオペラ座の舞台が如く唄うように会話する。
ガルニエからの呼び声(B+)「魅惑の美声」が変化したスキル。「ガルニエ(宮)」は「オペラ座」の別名であり、その地下から語り掛ける彼の呼び声による誘惑を指していると思われる。

宝具

地獄にこそ響け我が愛の唄(クリスティーヌ・クリスティーヌ)

  • ランク:B→B+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大捕捉:200人

「共に唄いましょう……」

「唄え唄え、我が天使――『地獄にこそ響け我が愛の唄(クリスティーヌ・クリスティーヌ)』


かつての犠牲者たちの死骸を組み合わせて作成した、パイプオルガンが如き巨大演奏装置。

異形の発声器官を持つ自分の歌声と併せる事で、この宝具は不可視の魔力ダメージを振りまく。演奏者であるファントム自身にダメージはない。


詳細は該当記事を参照。


なお、ゲーム稼働から約9ヶ月間の間はアサシンで唯一の全体攻撃宝具持ちだった。

その後、酒呑童子を皮切りに続々と全体攻撃宝具の使い手が登場したが、恒常で手に入るのは彼以外だと風魔小太郎加藤段蔵虞美人(こちらはストーリー召喚限定)程度と今なお希少である。


ゲーム上での性能

カードバランスは《Quick:3/Arts:1/Buster:1》の典型的なアサシン型。

デバッファーとしてのサポート運用が主になる。


スキルはそれぞれに癖があるためゲーム初期には少し使い難いものの、ゲームが進んでくると便利なもの。

スター発生スキル「無辜の怪物」を所持するのに加えて攻撃のHit数が多く、アサシンのクラススキル気配遮断のランクも高いためスター発生率が高い。スター発生アシスト要員としても活躍可能。


ボスになる高レアサーヴァントには女性が多く、特に女性ライダーやバーサーカーは無敵や黄金律、一発で半死のクリティカルキックなど敵に回すと厄介なスキル・攻撃手段を持っているため、「魅惑の美声」で行動を止めることにより味方の被害・リスクを減らせる。


3回目の霊基再臨を行うと「精神汚染」を使用できるようになり、宝具の効果を利用することなく「魅惑の美声」の成功確率を上げることができ、女性サーヴァントの足止めを安定して行えるようになる。


宝具については個別記事を参照されたし。

弱体耐性ダウン効果がある為、宝具チェインの先頭に持ってくれば後続のデバフは高確率で入るようになる。


欠点は低レアゆえのステータスの低さと、女性以外の敵にはスキル「魅惑の美声」が効かないため、実質2つのスキルしか使えないことである。

また、スキル「精神汚染」の精神異常耐性アップも、現状精神異常が魅了恐怖混乱くらいしかないため、これも持ち腐れになることが多い。


問題は敵として出てきた場合。「魅惑の美声」でマシュを何度も魅了されてNTR感を食らったかつての初心者マスターは多いのでは?


2020年8月5日の強化クエスト第12弾で魅惑の美声が「ガルニエからの呼び声」に変化しCT-1と魅了が性別不問になり、銅レアでは2人目となる強化解除まで付く豪華仕様となった。


『FGOAC』ではサービス開始時から登場。モーションが汎用ではなくACオリジナルのものとなっている。2年過ぎた現在もグレイルウォーでマルタやジャックちゃんの強化解除(ACではサービス開始時にマルタが強化解除を持っていたことからカツアゲと呼ぶ)が猛威を奮っているため、今後のアップデートで魅惑の美声がガルニエからの呼び声に差し替えられると使用率が上がることになる。


関連人物

生前

クリスティーヌ・ダーエ

生前に愛し、執着した歌姫。

悪性隔絶魔境 新宿』では、人形の姿で召喚するが、その結果狂気に囚われる。


Fate/Grand Order

藤丸立香

契約したマスター。

クリスティーヌと同一視しているが、心のどこかでは彼女とは別人だと分かっている節が有る。

たとえ演技でも彼/彼女を傷つけることを躊躇うなど大切に思っている。


ジル・ド・レェ

同じく狂気に堕ち、凶行に及ぶ危険人物。自身の幕間にて共演し、互いに好き勝手なことを叫ぶばかりであったが、会話すると不思議と噛み合う仲な模様。


清姫

同じく愛に狂った者で、内心「彼女のようにありたい」と羨ましく思っている。

自分の本心を隠さずにいられている事であろうか。それとも、狂気を抱えながらも他者とコミュニケーションが取れている事であろうか。


アントニオ・サリエリ

同じく「無辜の怪物」の影響を非常に強く受け、生前とは似つかぬ怪人になった男。

音楽への情熱や腕前を持つ点も同様だが、向こうからは「波長が合わない」と相手にされない。


関連イラスト

似非紳士勝利の唄を君と

ファントム・オブ・ジ・オペラ


関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント アサシン(Fate)


オペラ座の怪人 狂人 ストーカー 一途

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4291731

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました