ピクシブ百科事典

風魔小太郎(Fate)

ふうまこたろう

『Fate/Grand Order』に登場するアサシンのサーヴァント。
目次[非表示]

────我らが忍術の粋、ご覧あれ

プロフィール

真名風魔小太郎
クラスアサシン
性別男性
身長158(286)cm
体重49(195)kg
出典史実
地域日本
属性混沌・悪
好きなもの手裏剣と刀、鎖鎌、身代わりの木材に火薬玉、薬草の手入れ
嫌いなもの風魔の誇りを汚す者
ILLUST佐々木少年
CV花江夏樹

「北条五代記」の記述とは差違がある。()内の数値はおそらく第二宝具で変身した時の数値。

概要

Fate/GrandOrder』に登場するアサシンクラスサーヴァント。レアリティは☆3。

期間限定イベント「天魔御伽草子 鬼ヶ島」の開始と共に実装。
同イベントのシナリオでは、後述の因縁によってはぐれサーヴァントとして召喚された。冒頭で鬼達に取り囲まれていた所を主人公達に助けられ、本気で己を案じてくれた彼らに"風魔の頭領"としてではなく"1人の友"として力を貸した。

メインシナリオでは1.5部「英霊剣豪七番勝負」にて、とある事情からマシュに代わって主人公のサポートを一手に請け負う立場で登場している。
彼は☆3のサーヴァントであるため、聖杯を使って特別に育成しない限りLv70が上限なのだが、英霊剣豪七番勝負の中のある場面では、Lv90の状態の彼がサポートサーヴァントとして使用できる。

真名

風魔一族。本来の名を村の名から「風間」と言い、普段は狩猟や樵、狭い田畑を耕して糧を得ていた。だがいざ任務となると「風魔」を称し、その恐ろしさを天下に知らしめた。
風魔小太郎は第五代目頭目であり、北条早雲の後継者氏綱に仕えた。

日本の忍者を代表する伊賀甲賀と異なり、風魔に関する文献は少ない。
仕えた北条氏が戦国の世に散ったことが大きな理由だろう。
風魔がどのような忍器を使ったかすら、定かではない。

それは出自も同じであり、彼らがどういう経緯を経て風間谷に住み着いたのかすらも不明である。一説には、大陸から移住した騎馬民族とも。風魔たちは自分たちの出自を決して明かすことはなかった。ともかく彼らは凄まじいまでの集団戦法により、あらゆる人間から恐れられた。そしてその頭目にあたるのが風魔小太郎であった。

風魔小太郎は異人の血を引いており、同時に鬼種の血も混じっている。
風魔の頭目として一族が徹底的な配合操作を行い、戦国乱世を生き延びるために最高傑作の「忍」として生誕した。生まれながらの頭目であり、忍であり、ここに風魔一族は一つの頂点を迎えることになる。……が。肝心の小太郎、その性根慈悲深く、また思慮深く、肉体は忍として頂点にあれど精神は忍に向かず、部屋に閉じこもりがちな日々を送ったという。

人物

謙虚で自己主張が薄く、敬語口調で寡黙な人見知りだが、一度スイッチが入るとノリがいい性格。
風魔の総本山たる足柄山が産んだスーパーヒーロー・ゴールデンに敬意を払っており、思春期真っ盛り(?)な純情同士、ボーイズトークで盛り上がったりもした。朝飯はゴールデン同様おにぎり手掴み派で、朝から凝った料理は苦手としている。
上述どおり、控えめな精神は忍に不向きと言われているが、「心の無い忍はただの刃。忍にあらず」という、確たる信念を秘めた人物でもある。

普段はメカクレだが、再臨状態によっては鋭い目付きの左目が露わになる。

鬼ヶ島イベント内で述べていた様に、忍を利用して歴史の表舞台を支配していた"武士"には余り好印象を抱いておらず、佐々木小次郎所持時や聖杯についてのマイルームボイスにて、その片鱗を伺い知る事が出来る。

好きなものは手裏剣・刀・鎖鎌・身代わりの木材・火薬玉・薬草等の仕事道具の手入れ。
嫌いなものは「風魔」の誇りを汚す者や釜茹で。
絶対に許せないものは「武器の整備がなっていない同業者」「行商の宅配サービスを追い返してしまう気の利かない手下」「風魔を伊賀・甲賀の次点と見なす無礼者」。

前述の配合操作によってその身には異国の人間や鬼の血が混じっており、小太郎は己を"人でなし"と評している。後述の宝具名やExtraアタック時の掛け声に外国語が混じっているのもこの為。
また、初登場の鬼ヶ島イベントで鬼ヶ島に召喚されたのも、この鬼との因縁が原因。

また2016年クリスマスイベントによると、今作における姿は15歳の時のものらしく、同イベントでは2代目サンタにプレゼントのリクエストを出して、そわそわしながら彼女からのプレゼントを楽しみに待っていると言う可愛らしい姿が見られた。

能力

素早い身のこなしが特徴だが、その他にも、鬼ヶ島イベント劇中で披露したクナイを始めとした暗器の使用や本物の子鬼そっくりになれる高レベルの変装術、更にはゲームでのQuick攻撃時の分身等、多彩な技術を使いこなして仕事をこなす姿は、まさに典型的な「忍」と言える。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香C+DA+BBC


保有スキル

破壊工作(B+)戦闘の準備段階で相手の戦力を削ぎ落とす才能。トラップの達人。ランクBならば、相手が進軍してくる前に3割近い戦力を戦闘不能に追い込むことが可能。彼の場合、部下が多ければ多いほどダメージ割合が増加する。ただし、このスキルが高ければ高いほど、英雄としての霊格が低下する。
忍術(A+++)忍術は諜報活動や窃盗に関する技術や窃盗や諜報活動への対応法の総称である。最高の忍者と謂われる風魔小太郎は、伝説の忍者たちと肩を並べるA+++という高いランクを誇る。
風声鶴唳(C)「ふうせいかくれい」と読む。「風声鶴唳」とは怖気づいて僅かな物音にも怯える事という意味の四字熟語である。風魔小太郎は気配を遮断することで奇襲を仕掛け、部下を手足のように操り、文字通りの状況を再現できる。
気配遮断(A+)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。


宝具

不滅の混沌旅団(イモータル・カオス・ブリゲイド)

  • ランク:B
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:2~50
  • 最大補足:100人


霊体の部下200人による集団攪乱戦法。
詳細は同項目を参照。

果てぬ羅刹に転ず(オウガ・トランス)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具(自分自身)
  • レンジ:0
  • 最大補足:1人


鬼ヶ島イベント第二幕で言及。名称はFGOマテリアル4巻にて判明。彼を「鬼」へと変じさせる宝具。
風魔小太郎の血筋は、鬼ないしはそれに比肩しうる存在だったという。
真名開放時には各ステータスが極端なまでに上昇し、体力自動回復の能力も得る。
ただし、代償として寿命が削られ、臓器は深刻なまでの損壊を受け、脳も出力限界により部分崩壊を起こしてしまう。

イベント時点の彼では使用不可能らしく、同イベント冒頭で鬼に取り囲まれていたのも、本物の鬼を間近で観察しその在り方を観察すればこの宝具を解放出来るかと考えて行動した結果、最終的に鬼に発見されたせい。
なお、後に実装された彼の絆礼装『鬼の面』の説明文に、「この面をつけた者は鬼になる」「この面を付けた小太郎はあらゆる鬼畜と悪徳が可能になった」等と言った趣旨の文章が記されており、これが最有力候補と言えるだろう。

更に、2017年エイプリルフール専用アプリ『Fate/GrandOrder Gutentag Omen』(FGOGO)の彼のカードの説明文に、「いざと言う時は赤鬼に変身する」「変身すると服が全部破けてしまうので元の姿に戻った後は悲惨」と言う趣旨の文章が存在しており、この宝具の事を説明している可能性は高い。まあ、エイプリルフール企画と言う関係上、どこまで信憑性があるかどうかは不明だが。

ゲーム上の性能

カードバランスは《Quick:3 Arts:1 Buster:1》の典型的アサシン型。
最大の持ち味はQuickカード異常なまでの性能の高さ。4ヒットする上にスター発生率がずば抜けて高く、ジャック・ザ・リッパーに次ぐクリティカルスター生産能力を誇る。彼女と同様に生産したスターでCTを量産しNPをチャージする戦法が主体となる。

ステータスは攻撃寄りで、ATKは約7000と同格アサシン中2位。
HPも9000近くまで上がり、スキルで回避付与が可能なので耐久力もそこそこある。

スキルは、敵全体の攻撃力とクリティカル発生率を下げる「破壊工作」、任意の仲間に回避&スター発生率アップを付与する「忍術」、敵全体の弱体耐性をダウンさせる「風声鶴唳」と、3種全てが補助。それぞれ攻撃力低下・回避付与はレベルに関係なく一定の効果が約束されているため、最悪「風声鶴唳」以外はレベル1でも機能するリーズナブルさも一つの魅力。
第三スキル「風声鶴唳」も効果が1ターンだけと短い代わりに、付与確率をほぼ確定レベルまで持ち込めるほど効果が高く、確率型デバフ持ちの味方支援に優秀。

宝具は、種別はQuickで、効果は【敵全体に強力な攻撃&混乱状態(毎ターン低確率でスキル封印)を付与(5ターン)<オーバーチャージで確率アップ>】。幕間の物語クリア後には威力が上がり【防御力ダウン付与(3ターン)】の効果が追加される。
Quick属性の全体多段ということもあり、三体相手に発動すれば一発でスターを飽和させることも可能。
追加効果の「混乱」は彼の宝具が初出で、5ターンの間何度でもスキル発動を阻害する。
反面、ランダムなので狙ったタイミングで発動するとは限らない上に、発動を阻害したターンは確実に攻撃をしてくる事から被弾を抑えるための対策が必要になるなど意外とピーキーな効果である。
アサシン全体で見ても貴重な全体攻撃宝具で、彼以外で恒常的に入手できるのは☆2のファントム・オブ・ジ・オペラ加藤段蔵(ストーリー召喚限定)のみである。

スキルレベルに依存しない補助スキルやスター生産能力の高さ、恒常入手可能な☆3サーヴァントと言う入手難易度とコストの低さから、支援役として常に一定以上の働きをしてくれる。
反面、アサシンクラス共通のマイナス補正も加わり火力は不足気味。自己強化を持たず、CTが絡まなければNP回収能力がかなり低いという欠点も持つ。
再臨やスキル強化の後半に5章以降の素材を要求されるのも欠点といえば欠点だが、第三再臨・スキルレベル6までは比較的難易度が低い。
前述の通りスキルは放置気味で構わないので、重大とはいい難いかもしれない。

関連人物

坂田金時
鬼ヶ島イベントでは横文字全開な宝具名を「クッソクールな宝具名」とベタ褒めしたりと終始仲は良好。
実は風魔の里は足柄山に存在し、その足柄山出身の先達である坂田金時は彼にとっては憧れの対象である。Dr.ロマン曰く、「地元出身の出世したヤンキーに憧れるようなもの」とのこと。なんか違う気がするけど…。

佐々木小次郎
鬼ヶ島イベントで敵として相対。鬼に雇われ「キジ絶対殺すマン」として主人公達の前に立ち塞がる。
その際に「伊賀、甲賀の次」という序列で述べたことが小太郎の逆鱗に触れ、「僕は今から小次郎絶対殺すマンとなりました」とまで言わしめた。
なお、同イベントと同時に実装された概念礼装・「秘剣・雉子返し」のイラストはキジのコスプレをした小太郎と小次郎の一騎打ち、となっている。
また、彼を所持していると特殊マイルームボイスが聞ける。

加藤段蔵
屍山血河舞台下総国』にて共闘した人物。どういうわけか、彼女のことを以前から知っていたらしく、一緒にいる時は何かとソワソワしていた。宮本武蔵ラブコメの気配を感じ取っていたが、その真相は……。
屍山血河舞台下総国」をクリア後に解禁される幕間の物語でその内情が語られる。

呪腕のハサン
マイルームボイスで言及している存在。悪魔の腕を持つ彼と鬼の体を持つ自分を比較している。

父親
マイルームボイスで言及されている存在。紅毛碧眼で大柄の男性で、小太郎は南蛮出身だと考えている。ちなみに、前述の純日本人らしからぬ宝具の名前はこの父親から継承した模様。

関連イラスト

風魔小太郎
風魔小太郎


【FGO】風魔小太郎
血路を開きます



関連タグ

Fate/GrandOrder アサシン(Fate) サーヴァント
風魔  忍者 
赤髪 短髪 青年 メカクレ 混血 中二病

ニンジャスレイヤー:台詞の端々にそれっぽい単語がちらつく。

pixivに投稿された作品 pixivで「風魔小太郎(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7011712

コメント