ピクシブ百科事典

伊吹童子(Fate)

いぶきどうじ

『Fate/Grand Order』に登場するセイバーのサーヴァント。
目次[非表示]

余は...生きとし生ける命の災いである。お前たちの災いである。
捧げよ、あるいは...抗え。

プロフィール

真名伊吹童子
性別女性
身長第一段階133㎝(全長200cm)/第二段階以降180cm(戦闘時300cm)
体重??㎏
出典「酒呑童子絵巻」、御伽草子など
地域日本
属性混沌・善・天
好きなもの類全般、輝きを放つ命
嫌いなもの眠りを妨げられること
ILLUST本庄雷太
CV悠木碧


概要

Fate/Grand Order』に登場するセイバークラスのサーヴァント
メインシナリオでは、第2部第5.5章「地獄界曼荼羅平安京」にて蘆屋道満に召喚された。

以前から幕間の物語にて酒呑童子の昔の呼び名や一面として語られていたが、別霊基のサーヴァントとして登場した。

真名

日本三大化生の一体である八岐大蛇の分御霊である神霊。伝承では酒吞童子の父として伝えられているが、本作では彼女の昔の頃とされている。

ただし、その在り方はほぼ「完全な別人」であり、関係としてはスカサハスカディなどの例に近い。(実際、酒呑童子限定の追加効果を持つ茨木童子のスキル「大江の鬼あばれ」の対象外となっている。)

本来はサーヴァントとしての器に収まらない高位の神なのだが、メドゥーサケイローンの様に神から零落した経歴を持つ存在故、例外的に召喚が可能となっている。

人物

一人称は「余」。「神/カミ」としての性質が濃く、在り方と視点も超越者そのもの。自然(世界)の一部であるという自意識が強く、原始的な欲求に沿って行動する。

その神威は相対する者全てを威圧し、基本自分勝手に動き回る鬼たちが整然と隊列を組んで統率された軍団を作る程で、あの酒吞第一の茨木ですら正気の状態で泣く泣く酒吞に敵対したほどである。

敵意や害意のない相手には鷹揚かつ寛大な態度で接しており、刺激しなければ無害だが、一度欲求に身を浸せば悪気のないままにまるで容赦がない。ある意味では酒呑童子よりも危険であるとも言える。

ひとたび興味を抱いた対象に強く執着するらしく、興味の対象が存在し続ける限り、ずっと見つめていることもしばしば。
そして大抵最後はその長い指先を伸ばし触れて、粉々に破壊してしまう。或いは、穢れをもたらして死へと導いてしまうという。

自身の別側面である鬼種については特に興味を抱きやすい。当然、自身と同様の存在(龍神の子)に対しても目を輝かせるとの事。



…以上が本来の伊吹童子の性質だったのだが、平安京での邂逅から程なくしてカルデアへと召喚された彼女は何やら様子が違っていた。

第一再臨

(*☻-☻*)
伊吹童子(CV悠木碧(ロリボイス))


召喚直後の姿はなんと、下半身が蛇の幼女
まるでロリなラミアといっても過言では無い幼竜の姿で召喚されてくるのである。
幼い姿だが、水着イリヤのスキルで参照される「子供のサーヴァント」特性を持たない。

平安京ではまず見せなかった姿であり、ガチャバナーも第三再臨の姿であった為、平安京を攻略した後でエロい美女が出ると思っていたマスター達は度肝を抜いた。
蛇らしい姿に変化する例はあったが、完全にラミアな姿というのはプレイアブルでは初。

この姿の時は平安京で見せた威厳のある口調と、外見相応らしい無邪気な言動が混ざった様な喋り方。マスターの事をペットと見ている面があり、なぜかツチノコと絡めて話す事がある。
また戦闘時には卵の殻を被って頭突きをする事がある。

第二再臨

センシティブな作品
伊吹童子お姉さん


そして再臨すると漸く本来の体格へと成長するのだが、まるで親戚か近所のお姉さんの如く、標準語で話す気さくでゆったりとした性格になっていた。
マテリアル曰く「ヘビお姉さん」。第二再臨時はたてセタ(ミット)を着ているのでより若奥様的な雰囲気が強まっている。

何処かで人間社会及び現代知識を相当学んだらしく、ホームズの推測によればその記憶をカルデア召喚式の特徴を突いて持ってきた可能性があるらしい。

そして同時代のゴールデンなぎこさんの様にすっかり当世に染まりイメチェンを果たした模様。
ただしその二人同様変わったのは知見や言葉遣いといった外面だけで、根っこの性格に変化はなく時折本来の口調が漏れ出ている。
本質的にはどうしても人間とは相容れないものではあるが、よほどの事がなければこの立場を楽しみ続けたいらしい。

ちなみに好きなものとしてお酒以外に「強い美少女・美少年」を挙げている。もちろんいろんな意味で。どう考えても武蔵ちゃんと気が合いそうである。

第三再臨

取り急ぎ
センシティブな作品


第三再臨ではたてセタを脱ぎ、本編登場時の姿に近くなるが、角の形状や目の色などが微妙に異なる。この状態でもあまり口調に変わりはないが、最終再臨すると…。
因みにレベルアップ時や再臨時のセリフから察するに、第二再臨の縦セタが相当お気に入りだった様子。この姿に再臨する際は非常に残念そうにしている。

簡易霊衣・大蛇神の分け御霊

センシティブな作品センシティブな作品


平安京攻略後に霊衣開放クエストが開放され、攻略すると簡易霊衣「大蛇神の分け御霊」が開放される。これにより漸く本編登場時の人格と姿(上部イラスト右部)に切り替わり、口調も本来のものに変化する。

この姿でマイルーム会話をした際、平安京でのマスターの姿を覚えているという言及がなされ、どうやら好意的に見ている様子。

能力

神剣を振るうからこそのセイバークラス足りえ、魔力量は異聞帯の王に匹敵するほどの極めて高いものを持つ。
身長も好きに変えることが可能で、戦闘時には3メートル近いサイズに自らを拡大している。

第二再臨時のみ神剣を通常攻撃にも使用する。第三再臨時は黒い靄で形成されたヘビの骨格のような蛇腹剣を得物とする。第一再臨時は武器を帯びてこそいないが、Buster攻撃時に八岐大蛇から神剣が出た部位でもある尾からブレード状のエフェクトが出る。

ステータス

筋力敏捷耐久魔力幸運宝具
A+CCEXDA+


保有スキル

対魔力(A)セイバーのクラススキル。ランクAでは魔法陣及び瞬間契約を用いた大魔術すら完全に無効化してしまい、事実上現代の魔術師が彼女を傷付けるのは不可能。
騎乗(B+)セイバーのクラススキル。B+ランクでは大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせ、幻想種あるいは魔獣・聖獣級の獣も条件次第では騎乗できる。
竜種(EX)最強の幻想種たる竜種である事の証。その出自と格ゆえにEXという規格外のランクを持つ。
蛇神の神核(A)神性スキルを含む複合スキル。八岐大蛇の分霊にして子である伊吹童子は、例外的に本スキルを高ランクで有する。鬼として零落した姿ならば、本スキルは低ランクの神性へと置き換わる。
山河の膂力(A+)詳細不明。魔物、魔獣のみが持つ「怪力」スキルの亜種と思われる。
八脈怒濤(B)八岐大蛇が有する神としての側面のひとつ、洪水神としての性質が受け継がれたもの。強烈な攻撃性を伴った不変の肉体があらゆるものを破壊する。
ケガレの指先(A)純粋性の喪失、名誉の欠落、そして死。伊吹童子の指先が触れた者は不浄とされ、神前や人の前に在ることを許されない。攻撃系スキルとして分類されるが、死霊、魔獣、零落した神々などを対象とした非戦闘時の会話に際してもプラス効果を得る。


宝具

神剣・草那芸之大刀(しんけん・くさなぎのたち)

センシティブな作品



  • ランク:A+
  • 種別:対軍/対城宝具
  • レンジ:1~60
  • 最大補足:500人

敬え、崇めよ……人知の及ばぬモノが世に在ると、此処にて思え。神威抜刀!『神剣・草那芸乃太刀』!

日の本の国宝「三種の神器」の一つである、天叢雲剣または草薙剣そのもの。
かつて下総の刀鍛冶が己が全てを賭して振るった剣のオリジナルであり、西洋における宝剣の頂点がかのエクスカリバーならば、こちらは東洋における宝剣の代名詞。

伊吹童子は、自らの本体ないし父たる八岐大蛇が身の裡に有していたこの神剣を宝具として操る。真名解放の一斬たるや、八つの谷と峯を切り拓き、八つの大河を新たに生み出す恐るべきもの。

が、本人曰く神剣のほんの僅かな輝きを一時のみ借り受けたもので、真価はこの程度ではすまないとも語っている。
これを使う際は素の「神/カミ」としての言動に戻り、未再臨のロリ姿でも第二再臨以降の姿となる。

ゲーム上の性能

ボスとして

作中で敵対することになるのだが、この戦闘が地獄界曼荼羅における最大の難所といっても過言ではない。

まず戦闘開始時と毎ターン終了時に「蛇神の鱗」によってクイック・アーツ・バスター・クリティカルと宝具への無敵を各1回(5ターン・解除不可)付与する。
注意したいのがクリティカルと宝具への無敵と各カードへの無敵は別としてカウントされるので、たとえバスタークリティカルで攻撃しても剥がせるのはクリティカルへの無敵のみ(したがってバスターへの無敵が残っている場合はバスタークリティカルは通らない)、さらに伊吹童子の無敵は重複するので、同じ種類の無敵が複数あった場合1回の行動で剥がせるのは1枚のみであるという点。
つまり、無敵貫通状態を付与しなければ、まともにダメージを通すのは至難の業と言える。

そしてブレイク2回目で行動パターンが変化し、ブレイクスキル「蛇神変生」によって「蛇神の鱗」を全て解除してその数に比例して最大HPを増加させる。さらに5ターン以内の場合は「蛇神変生(全力)」となり、HP増加率が上昇(75,000→200,000)する上にこちらのNPを-100%させつつ即チャージマックスとなる。

その他開幕と5ターン毎に使われる「蛇神の重圧」によって付与されるスキル封印状態や「神解き」による帯電での行動不能などこちらの行動を妨害してくるものが多いのでギミックの複雑さとあいまって初見ではかなり苦戦を強いられる。

ただ上記の問題さえ解決できれば意外と対処法は多い。まず女性・神性・魔性・竜・鬼・超巨大・巨人・天属性と刺さる特攻がかなり多いためアタッカーの選択肢も幅広い。
中でも超人オリオンは、有利なアーチャークラスな上にスキルで魔性特攻とガッツ・宝具で無敵貫通と弱体無効を付与できるため、今回の最適解と言える。

超人オリオンに限らず、神性と天属性に二重特攻を叩き出せる魔王信長、無敵貫通持ちでセイバークラスのサーヴァント特攻のヒロインXX、ルーラーで防御有利かつ宝具で無敵貫通を付与できるホームズ、スキルで無敵貫通付与かつ単体宝具のアルテラ・ザ・サン〔タ〕など伊吹童子に有利かつ無敵への対処手段を備えたサーヴァントは数多い。

無敵貫通宝具に関してもキャストリアの宝具で防げる他、強化無効状態の付与で無敵貫通を阻止したり、水着アルトリアや通常のオリオンでチャージを減少させたりする事で撃たせない事も十分可能。
そもそもアルジュナ・オルタ程の超火力ではなく等倍であれば耐えられる程度の火力なので素で耐えて回復するなど、対処手段は多い。

しかし状態異常の解除をキャストリアの宝具に依存しているとキャストリアが行動不能になったりNPが溜まらなくて解除できない事態が発生してくる。状態異常解除要因を他に入れたり、アトラス院制服などで対処しよう。

何より前章のようなサポート固定やスターティングメンバー固定が地獄界曼荼羅自体にないため、編成の自由度は高く、ギミックと宝具への対処手段を把握できればそこまで難しい相手ではない。
また全てのゲージを削る必要はなく、3回目のブレイクで戦闘が終了する。

あくまで地獄界曼荼羅の中では最高難易度というレベルであり、円卓ゴリラ超越神地母神などに比べればそこまでの強敵という訳でもない。

プレイヤー側として

最大HP13,498
最大ATK12,709
コマンドカードArts:1/Quick:1/Buster:3
宝具カードBuster
スキル1山河の膂力(A+) / 自身の攻撃力をアップ(3回・3T)&自身のNPを増やす(最大LV時50%)
スキル2八脈怒濤(B) / 自身のBusterカード性能をアップ(3T)&自身の防御力をアップ(3T)&スターを獲得
スキル3ケガレの指先(A) / 敵単体に宝具封印状態を付与(1T)&自身のクリティカル威力をアップ(3T)&自身に〔死霊〕特攻状態を付与(3T)
宝具自身に無敵貫通状態を付与(1T)+敵全体に強力な防御力無視攻撃&Buster攻撃耐性をダウン(3T)〈オーバーチャージで効果アップ〉


期間限定☆5セイバーとして実装。バスターゴリラ勢の一人でもある。
高レベルのクラススキルを取りそろえており「対魔力」で弱体耐性、「竜種」でBusterカード性能アップと被ダメージカット、「蛇神の神核」で与えるダメージプラスと強化解除耐性の上昇がついている。
多くの特性を持つが、それがバフの恩恵の受けやすさと同時に特攻対象になりやすい、という側面を持つのはボス戦時の彼女同様である。

Quickカードの性能を上げる騎乗スキルも持ち、一枚だけであるがQuick性能も高水準。
低いHPのかわりにセイバー最高クラスの攻撃力と、スター供給スキルとクリティカル威力の底上げスキルを持つ。

実装当時は全体バスター宝具ということで最近超強化されたセイバークラスの代名詞を始めとした先達と比較されてしまうこともあるが、運用方法は差別化できるため追いやられることはないだろう。

ただし無敵・回避などの自衛手段を持っていないのが一番のネック。全体無敵・回避を持つスキルは相性が悪いアーチャークラスに多いため、耐久戦にはある程度強力なサポート役に恵まれる強運も必要になる。
基本的にはクリティカルによる速攻戦術を心がけよう。

関連人物

平安時代における自分で、ある意味では娘のようなもの。あちら側からは「違う自分になってしまう」ということで嫌悪されている。
お互いは声も姿も認知する事が出来ないようで、溜まった靄にしか見えないという。

平安京特異点では自らの威圧を受けながらも啖呵をきるその姿に感銘を受け、事の黒幕との決戦時に自らの宝具を貸与した。
彼の父が赤龍であると知ると覗きこんだらしい描写や、懐かしさを感じたり何かを悟ったような台詞が存在する。
幕間の物語で登場した際は赤龍のことを「あやつ」と呼ぶなど面識があるような言動があった。

酒呑童子とはまた違った意味で相性が悪い。
彼女が力を借りている牛頭天王と習合した神はと因縁のあるスサノオランサー時に力を借りているのはインド版ヤマタノオロチを退治したインドラ神である為、仕方のない事である。

甲賀三郎と縁のある彼女の事を可愛がろうとしており、ロリの姿では妹にしたがっている。
向こうからすれば胃痛どころの話ではなく、実際泣いた。

同じ高位の蛇神で、仲良くしたいと思っている。
彼女の宿敵である悪神も現代に染まりきった姿をしているらしいが…。

同じく草薙剣の2代目の持ち主…なのだが、伝承において使用したのは燃え盛る野原の草叢を切り払った時だけ。
一説には彼の対峙した伊吹山の神は一説にはヤマタノオロチと言われており、伊吹童子と出会ったらどんな反応をするのであろうか…複雑な心境になる事は間違いない。

  • 八岐大蛇
日本最大にして最高の災害竜。第2部第5.5章シナリオにおいてFate世界における「日本三大化生」の一体である事が明らかになった。
伊吹童子は「八岐がうちの一箇(ひとつめ)の分け御霊(首)」にあたる。伊吹童子は本体にあたる八岐大蛇を「パパ」と呼んで慕っており、彼もExtra atackや宝具使用時に出現して力を貸す。

余談

本作において再臨形態ごとに性格や雰囲気が異なるサーヴァントは珍しくないのだが、伊吹童子はその幅が特に大きくギャップが凄い。

CVを担当した悠木碧女史の演技範囲に改めて感嘆したユーザーも多く、誰が呼んだか「悠木碧欲張りセット」。本人もピックアップガチャ開催時、ツイートで「性癖のデパート」とまったくもってその通りな例え方をしていた。

pixivに投稿されているイラストもかなり分かれているが、本編登場時及び「大蛇神の分け御霊」のイラストと、第二再臨の縦セタが現在は多め。

属性は混沌・善であるが、首塚大明神の伝承においては酒呑童子が改心し、首から下の病に苦しむ人々の守護神になったという逸話が残されている為、そこまでおかしい事ではないのかもしれない。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


伊吹童子
センシティブな作品


センシティブな作品
伊吹



関連項目

Fate/GrandOrder 地獄界曼荼羅平安京 セイバー(Fate)
蛇神 ドラゴン たてセタ 歩く18禁

レヴィオン・シスターズ:複数の性格を悠木碧女史が全て演じた「悠木碧欲張りセット」繋がり

関連記事

親記事

酒呑童子(Fate) しゅてんどうじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊吹童子(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4328515

コメント