ピクシブ百科事典

ケイローン(Fate)

けいろーん

『Fate/Apocrypha』に登場するサーヴァントの1騎。
目次[非表示]

当然でしょう。迷う者を導くことが教師の務めです。
英霊になったからといって、生前からの務めをおろそかにはしませんよ。

プロフィール

真名ケイローン
身長179㎝
体重81kg
属性秩序・善
イメージカラー草色
特技分かりやすくてたちまち力がつく授業
好きなもの人を教える
苦手なもの酔った者同士の争い
天敵ヒュドラ
CV武内駿輔


概要

Fate/Apocrypha』に登場するアーチャークラスのサーヴァント
聖杯大戦において、フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニアに召喚された。触媒は先端に青黒い血が付いた古びた矢。

黒の陣営では参謀役を務め、マスターだけでなくサーヴァント達からの信頼も厚い。

人物

広大なの様な清冽な気配を持った青年。誰に対しても礼儀を持って接する好青年で、常に柔らかな物腰を崩さない。高潔な人格者であり、周囲からは魔術師として当然の事と見なされたフィオレの努力を正当に評価している。

名だたる大英雄達の師を務めた手腕は伊達ではなく、面倒見が良い事に加え、相手に合わせた的確な助言を行える。劇中でもライダーやホムンクルスらに度々忠告と助言をした。

真名

多くの大英雄達を育て上げ大成させてきた、ケンタウロス族の「大賢者」。大地と農耕の神クロノスを父に、女神ピリュラーを母に持つ完全な「神霊」。

本来、英霊というカテゴリーに収まる存在ではないが、ヘラクレスから誤ってヒュドラの毒矢を受け、その痛みから不死性を捨てたことで神性をも失い、英霊に格落ちしたため聖杯戦争で召喚可能な存在となった。

半人半馬の姿でもサーヴァントとして召喚されることに問題はないのだが、視認されただけで真名が露呈してしまうため、自らの意思で一部ステータスの低下を代償に人の姿で現界した。

聖杯への願いは、かつてプロメテウスに預けた「不死」の返還。その理由は不死を惜しむからではなく、不死の力こそ「両親からの贈り物」であり「両親と自分の確かな繋がり」だと信じているから。

元より彼の父クロノスは妻の目を欺くために馬に化け、母ピリュラーと交わった。母はケイローンを産み落とした時、彼が半人半馬の姿で生まれたことを嘆き、菩提樹に姿を変えたという。彼の両親は最初から彼に愛情など注いでおらず、彼自身もそれを理解していた。
だが「『不死』という両親との繋がりを失ってしまった自分は最早、ケイローンであってケイローンではない」と断言し、我欲に塗れた願いであると恥じながらも、彼にとっての父母とのささやかな絆の証を求めている。

能力

夜空に燦然と輝く射手座の原型である彼は、世界で最も有名な「弓兵」であり、「弓の使い手」として最高位の能力を持つ。
その技量は闇夜の森で赤のアーチャー黒のバーサーカーに放った音速を超える矢を遠く離れた城壁の上から正確に捉え、寸分の狂いもなく射抜き撃ち落すほど。
矢も、魔力を込めることにより、威力・速度の上昇、突き刺さると爆発するなど様々な効果を付加することができる。

神々から様々な智慧を授かり、医神と謳われたアスクレピオスを育て上げた彼もまた熟練した医術の知識を心得ており、専門外であるはずのホムンクルスの状態を正確に把握し、彼の余命まで診断できる。

英霊にまで格が落ちたと言っても「神性」は健在で、倒すのに神性を必要とする赤のライダーの守りを貫くことが可能。

ステータスも非常に高く、黒のセイバー黒のランサーにも引けを取らない。剣術・槍術に加えて、拳闘と組技を複合させた世界最古の総合格闘技「パンクラチオン(全ての力)」の使い手でもあり、魔力放出による爆発的な加速と高所からの落下による運動エネルギーが加わった赤のセイバーの斬撃を受け流し、逆にその力を利用して投げ技で地面に叩き付けカウンターを行えるほどの実力者。

戦術眼も極めて高く、黒のランサーから前線の指揮を任されており、その優れた戦略判断と弓技によって黒のセイバーと黒のバーサーカーの窮地を救っている。

ステータス

マスター筋力耐久俊敏魔力幸運宝具
フィオレBBA+BCA


保有スキル

対魔力(B)魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術、儀礼呪法などを以ってしても、傷つけるのは難しい。
単独行動(A)マスター不在でも行動できる。ただし宝具の使用などの膨大な魔力を必要とする場合はマスターのバックアップが必要。
千里眼(B+)視力の良さ。遠方の標的の補足、動体視力の向上。心眼(真)との兼ね合いによっては限定的な未来視をも可能とする。
心眼(真)(A)修行、鍛錬によって培った洞察力。窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”。
神性(C)大地の神と妖精との間に生まれた存在であるが、死ぬ直前にその身を人間へと貶めているため、大幅にランクダウンしている。
神授の智慧(A+)ギリシャ神話の神から与えられた賢者としての智慧。英雄独自のものを除く、ほぼすべてのスキルにB~Aランクの習熟度を発揮できる。マスターの同意があれば他サーヴァントにスキルを授けることも可能。


宝具

天蠍一射(アンタレス・スナイプ)

  • ランク:A
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:5~99
  • 最大捕捉:1人

天空の射手座から放たれる矢によって相手を射抜く。威力と精密性においては彼の持つ攻撃手段の中でも随一。

さらに特筆すべきは、空にある射手座は「すでに矢を番えて引き絞っている」ため、ただ標的を定めるだけでよく、弓という武具には必ず存在するはずのタイムラグをゼロにした射撃が可能。また、ケイローンが死亡した際も、1ターン後に自動発動する。
なお、1日に1度しか使用できず、1度発動させると次の夜になるまで再使用不能となる。

後世で追加された逸話を元にした宝具のため、生前の彼をよく知る赤のライダーでも対処することはできなかった。

関連人物

Apocrypha

フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア
聖杯大戦におけるマスター。
固い信頼で結ばれており、主従であるが師弟のような仲でもある。

赤のライダー
敵陣営のライダーであり、生前の教え子。

生前

ヘラクレス
教え子にして死因となった大英雄。原典では彼の持つヒュドラの毒矢で誤射された事が原因とされる。

イアソン
教え子であったアルゴノーツの船長。ただしイアソンは彼をあまり良く思っていなかった様子。

アルテミス
狩猟を学んだとされるギリシャ神話の女神。

プロメテウス
ヒュドラの毒の苦しみから逃れるために不死性を譲渡した相手。
後に彼もこの不死性が仇となり、半永久的に苦しむ事となってしまう。

関連タグ

Fate/Apocrypha アーチャー(Fate)
射手座 ケンタウロス 教師 賢者

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイローン(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 563098

コメント