ピクシブ百科事典

目次[非表示]

サーヴァント、アーチャー。アルジュナと申します。マスター、私を存分にお使い下さい

プロフィール

クラスアーチャー
真名アルジュナ
身長177cm
体重72kg
性別男性
属性秩序・中庸
隠し属性
地域インド
出典マハーバーラタ
好きなもの一人でいること
苦手なもの自分の心に踏み入ろうとする者
一人称私・俺
二人称貴方・貴女・おまえ・貴様
三人称彼・彼女
天敵カルナ
Illustpako
設定担当東出祐一郎
CV島﨑信長
初登場作品Fate/GrandOrder


概要

Fate/GrandOrder』に登場するアーチャーサーヴァント。レアリティは最高ランクの☆5。メインシナリオの第1部五章「北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム」にて、ケルト軍の客将として主人公と相対。宿敵カルナとの一騎打ちを望む。

炎神アグニから授かった大弓「ガーンデーヴァ」を手に、戦場の名誉をほしいままにする弓の名手。勤勉且つ清廉、公明正大な非の打ち所のない人格者。彼が生涯の敵と見なした英霊もまた、現界しているらしい。

人物

清廉とした雰囲気を放つ褐色の肌の青年。常に敬語で、大英雄でありながらマスターに対しても主従関係を重んじ、慇懃で丁寧な態度を崩さない。その一方で案外ドジな一面があったりする。一人称は「私」だが、本心では「俺」と称している。

だが、彼にはもう一つの顔がある。孤独への憧憬、絶望的な諦観を穏やかさの内に秘めている。
そしてカルナに相対すると強い衝動に駆られるらしく、普段では見られない激情をさらけ出す。

聖杯に望む願いは「永遠の孤独」
彼を知る人が聞けば耳を疑いそうだが、彼自身はそれを心から欲している。
これに関し、2部4章と同時にグラフィック刷新と共に特殊台詞が追加。以降、幕間の物語「問い掛け続けることにこそ」を達成した状態でマイルームに行くと、マスターに対する彼のとある心情が聞ける。


生真面目で鬱屈とした面が目立つアルジュナだが、普段は毅然とした振る舞いでマスターに仕えるサーヴァントの模範のような人物である。
そんな彼だが、真面目さが一周回って天然ボケをかますお茶目なところがある。熊のオリオンいわくブレーキに見えて実はアクセルと、なかなかに的を射た寸評をされた。
一例として、絆クエストにてキマイラに対して本気になりすぎ、うっかり「破壊神の手翳」で戦闘を展開していた森一帯を焦土に変えてしまい、笑って誤魔化そうとしたことがある
ほか、兄弟弟子であるアシュヴァッターマンが登場した時も、彼のイライラについて「現代でいうところのカルシュウム不足ではないか?」ととんちんかんな返答をしている。アシュヴァッターマンはアルジュナの息子のうち数人の殺害に関与しており、生前一騎打ちしたこともある決して浅からぬ関係であるはずなのだが。
『~/EXTELLA-LINK』でも軍師として如才ない働きを示す一方、「良い策があります」と言って実行するのが宝具での正面突破だったことが複数回あったりと、実際に有効な策ではあったにせよ「お前はそれで軍師なのか」とプレイヤーからツッコミを受けることがある。
そしてお約束として、カルナ相手だと感情の沸点が低くなり、熱くなりやすい傾向にある。
絆礼装のテキストでは、「命懸けの賭け」に快感を覚えたという述懐が記されている。“英雄”を演じない、紳士然とした普段からは見えない一人の戦士としてのワイルドな一面が垣間見れる。

黒(クリシュナ)※「幕間の物語」ネタバレ注意

アルジュナ


私を・・・見たなッ!!


アルジュナの心に潜むもう一つの人格。
アルジュナはその生真面目な性格ゆえ戦いの中で生じる数々の苦渋や汚点に耐えきれず、いつしかそういった闇を押し付ける身代わりの人格を心の中で作り上げた。
アルジュナは自身のこう言った面を “黒(クリシュナ)” と呼ぶが、無論これはヴィシュヌ神の転生体たる大英雄でアルジュナの親友クリシュナとは別存在である。

アルジュナは神々の寵愛によって「授かりの英雄」と称されるほど恵まれていた。
もちろん本人の努力と信念も並々ならぬものがあっての上なのだが、周囲は必要以上に彼を保護し、英雄として最も栄えある瞬間までを最短で進めるようすべてお膳立てしてしまう。
そこに達成感などなく、あるのは「英雄」という符号を冠した操り人形としての自分のみだったという。
ただ機械的に引き金を引くだけのような虚しい「作業」を重ねるたびに募る忸怩たる思いは、やがて英雄という虚像を守る“影”を生み出すに至った。

真名

アルジュナ


インドの叙事詩『マハーバーラタ』の大英雄にしてその中心人物。“授かりの英雄”の二つ名を持つ。
“パーンダヴァ5兄弟”の三男であり、インドラ神の息子。 "施しの英雄"カルナは、異父兄にして宿敵

誰からも称賛され、華々しい功績を挙げ、宿敵の打倒を成し遂げた大英雄。しかし、そんな彼に残ったものは「後悔」だったのだという。
特に高潔な英雄であり自分の兄だったカルナを騙し討ちのような形で仕留めたことは心から離れなかった。それは生涯に渡り彼の無意識の苦悩として爪痕を残し、英霊の座に在ってなお、静謐と孤独を欲するようになってしまう。

能力

あらゆるステータスがB以上を記録する大英雄。特に幸運は「授かりの英雄」の呼び名にふさわしいA++と、突き抜けた幸運を保持している。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香ABBBA++EX
岸波白野ABBBA++EX


保有スキル

千里眼(C+)→千里眼(射手)(B+)視力の良さ。遠方の標的の捕捉、動体視力の向上。また、透視を可能とする。アルジュナは弓を射る際に時間間隔の操作を行う。故に彼は慌てること無く狙いを定めることが出来る。
授かりの英雄(A)生まれついて誰もに愛され、誰もにその時々に必要なものを与えられた大英雄アルジュナ。呪いのように積極的な原因がない限り、アルジュナに何かが不足するということはない。だが、「一切の不足が生じない」ということは、自分は何もせずとも勝手に状況が整ってしまうということ。彼にとってこれは一種の呪いとなっており、彼の人格を狂わせる原因となった。
魔力放出(炎)(A)武器・自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出する事によって能力を向上させるスキル。この能力は所持する宝具である『炎神の咆哮』の影響に寄るものである。アルジュナの場合は放出した魔力は矢の加速に用いられ、魔力を纏った矢はライフルの弾よりも素早く敵を射抜く。
対魔力(C)魔術に対する抵抗力。一定ランクまでの魔術は無効化し、それ以上のランクのものは効果を削減する。Cランクのものは魔術詠唱が二節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。
単独行動(A)マスター不在・魔力供給なしでも長時間現界していられる能力。マスターがサーヴァントへの魔力供給を気にすることなく自身の戦闘で最大限の魔術行使をする、あるいはマスターが深刻なダメージを被りサーヴァントに満足な魔力供給が行えなくなった場合などに重宝するスキル。反面、サーヴァントがマスターの制御を離れ、独自の行動を取る危険性も孕む。Aランクならマスターを喪っても数日以上の現界が可能。
神性(B)神霊適性を持つかどうか。ランクが高いほど、より物質的な神霊との混血とされる。アルジュナは雷雹神インドラの息子である。


宝具

炎神の咆哮(アグニ・ガーンディーヴァ)

アルジュナ


  • ランク:A
  • 種類:対人宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大補足:1人
炎の神アグニから賜ったこの世に打ち落とせぬもの無き、神の弓。本来は定命の者には扱えない。
通常時はただの弓だが、真名開放をすると矢は炎を纏ったミサイルと化す。
無誘導式だが、アルジュナ自身のずば抜けた弓の才能と千里眼スキルが合わさって、ほぼ誘導式ミサイルに等しい精密さを持つ。

破壊神の手翳(パーシュパタ)

アルジュナ


  • ランク:A++
  • 種類:対人宝具
  • レンジ:1~100
  • 最大補足:1000人
神性領域拡大、空間固定。神罰執行期限設定、全承認。
シヴァの怒りをもって、汝らの命をここで絶つ
破壊神の手翳(パーシュパタ)!

インド三大神の一柱シヴァ神器である鏃(やじり)であり、インド神話の宇宙論においてシヴァが終末に於いて投じる、宇宙を滅ぼすための力である。
詳しくは破壊神の手翳を参照。

先行実装イベント

2016年元日に、5章解放と共にストーリー召喚での実装予定に先んじて、専用ストーリークエストを引っ提げ、カルナと共に先行実装された。なおカルナにはストーリークエストがないスカサハ同様、「大嵐に揺られる船」という夢と現実の狭間で主人公と邂逅。ただし、自分が何者なのかを一切忘却しているため、自分がなぜここにいるのか理解出来ていない。とは言え、終盤で“かつての宿敵の影”と問答した際には、陰に対して強い衝動と怒りを露わにした。
さらに「Fate/GrandOrder Arcade」では、公式サイトトップの告知イラストおよびポスターにもいるカルナが当初まだモデリングサンプルのみだったにも関わらず、アルジュナは予告なしに実装した上にピックアップ召喚期間までもうけられている。さすがは授かりの英雄というべきか……
(その後2週間遅れでカルナも無事実装される)

ゲーム上での性能

ギルガメッシュを超えるHPとATKを保有する。
カードバランスは《Quick:1/Arts:3/Buster:1》とキャスター型の変則タイプで、ATKの割にギルガメッシュと比肩して破壊力に欠ける印象がある。

スキル「授かりの英雄(A)」は、【NP25%チャージ&5ターンのあいだ自分にHP回復状態+スター獲得状態】というバフ効果が発生する。
NPチャージの25というのは帯に短し襷に長しと言った感じで、他の「NP+20」系のスキルに比べれば限界突破した「虚数魔術」との組み合わせでもNP100に到達する利点はあるが、逆に言うとそれだけ。「NP+30」ではないので、よくある「NP50礼装+自前スキル+NP20配布」という組み合わせができない。
回復効果は初期状態では1000、最高レベルで2000の回復量が毎ターン得られる。大ダメージを即座にリカバリーするほどの量ではないが、5ターンも続く関係上、居座られると意外なほどに粘る。
毎ターンスター獲得状態は初期状態で4個、最大レベルで8個。この手の効果はいくらあっても困る事は無いので、いつでも腐らない。何気にこの手の効果は殆どの場合3ターンである所、アルジュナのものは他の効果に合わせてか5ターンも継続するのも強み。
難点はマスター礼装スキルに比類するほどのチャージターンの長さで、初期状態で12ターン、最大レベルまで上げても10ターンまでしか縮まず、1度の戦闘で2回以上使うのはほぼ無理。
なお、「NP+25」と副次効果2つという内容は、カルナの「無冠の武芸」スキルと対になっている。

そして第三霊基解放で覚える「魔力放出(炎)(A)」は【自身のBuster攻撃UP&宝具威力UP】で、Buster宝具の火力を伸ばせる。
ただし、全く同じスキルを持つカルナと違ってアルジュナはBが1枚しかなく自身でバスターブレイブチェインを組むことができないので、ほぼ宝具を撃つターンに合わせてのぶっぱ用になるだろう。


宝具の効果詳細は個別記事を参照。
宝具効果は【即死効果&さらに〔神性〕特性の相手に対して確率で即死&防御ダウン】と3つの複合効果。
一つ目の即死効果は確率が低く、二つ目の神性即死は神性特性を所有する仮想敵が基本的にサーヴァントであり、ゲームの仕様上敵サーヴァントに即死はまず決まらないので神性即死は実質お飾りとなっている(厳密に言えばスフィンクスなど神性持ちのエネミーも存在するがクラスの都合上仮想敵となることはまず無いだろう)。
三つ目の防御ダウンはB宝具でA3枚かつATK関係のバフデバフを持たないアルジュナと噛み合っており優秀。


スター発生関連に優れるため、これをいかに自分に利用して火力の底上げが出来るかで、アルジュナの攻撃性も変わってくる。ライダーに次いでスター集中率の高いアーチャーの為、スター集中の概念礼装の必要性も薄く、パーティー編成次第でクリティカルヒットの連射が可能。

幕間の物語をクリアすることで、宝具性能が向上する。
さらに2幕をクリアすると、「千里眼(C+)」が「千里眼(射手(B+)」へと昇格し、【スター発生UP&弱体無効を付与(5ターン)】というスキルに変貌する。これはスキルをMAXのLv10にするとCTが6ターンとなるため、効果切れの僅か1ターンのタイミングを除けば実質敵の弱体効果を完全カットしたに等しい性能となった。スキルチャージを短縮できるキャス狐アトラス院制服があると、デバフ・バステに無敵の耐性を持つことになり、より場持ちが固くなる。

絆礼装実装7弾の一人に抜擢され、絆Lv10でスキルと同名の「授かりの英雄」を獲得できる。
効果は【アルジュナが装備時に、自身にスター集中率1000%UP&宝具威力20%UP】。
稼いだスターを根こそぎ吸い取ってクリティカル攻撃に変える見敵必殺アーチャーに化ける。


その後第2部第4章実装に合わせてカルナ、ラーマと共に戦闘グラフィックが刷新。
立ち姿勢などがイラスト寄りになり、第2再臨以降になると愛弓「ガーンデーヴァ」の弦が炎を纏う。攻撃時にはなんと弓そのもので殴るという驚きの追加演出付き。
宝具発動では美しい蓮の花が浮かぶ幻想的な風景から一転して全てが闇に呑み込まれるという、まるで破壊神の手翳の威力とアルジュナ自身の心情を表した様なグラフィックになっている。

外部出演

Fate/Apocrypha

カルナの回想で言及されている。なお回想内に登場する「輝く王冠」「勝利者」「富める者」はすべてアルジュナの生前の異名であり、このうち「輝く王冠」の名が『Grand Order』の第1部第5章シナリオ内でも使用されている。
『Grand Order』の配信開始よりも後に連載が始まったコミックス版『Apocrypha』では、第5話でその姿が描かれた。

Fate/EXTELLA-LINK

新規参戦サーヴァントの一騎として序盤に登場。
今作でもカルナとの対戦を望んでおり、ストーリーではほとんど一貫して主人公岸波白野側の陣営の軍師として仕え、多くの場面で別働隊を率いて連携行動をとるトップサーヴァントのアーチャー。

ちびちゅき!

所属不明。子供達に人気のカルナに嫉妬した挙げ句、ネコアルクの口車に乗ってネコミミキャラに。小さくなってもやっぱりカルナと張り合っており、文化祭のときは仲良くインド式ダンスバトルを繰り広げた。
なお彼の格好は白の長ランで、袖口と表前立に金色のラインが入っている。

関連人物

生前

カルナ
異父兄であり宿命のライバル。
万人を花と敬う聖人であるカルナだが、アルジュナにのみ、他者にはない積極性と執着を見せる。生前、さる理由から「戦闘不能に陥った者を攻撃してはならない」というルールを破り、戦車が動かなくなったカルナと交戦。彼を射殺した。その際に放った掟破りの一矢は、完璧な英雄として生きてきたアルジュナに、戦士としての後悔と人としての未練を抱かせることとなる。ちなみにカルナが自分の兄である事を生前のアルジュナが知っていたかどうかは定かではない。
『Fate/Grand Order』においては、第1部第5章で互いに対立する陣営に所属し、奇しくも再び敵として相見えることとなる。
生前のやり直しを求めてカルナとの戦いを望んでおり、その意思は同じマスターに召喚されてもなお変わらないが、幕間の物語にて先の一件から彼は彼なりにカルナと分かり合おうとする姿勢を見せている事が明らかになる。
『Fate/EXTELLA LINK』においても、又もアルジュナは主人公岸波白野側の陣営、カルナはカール大帝側の陣営として互いに対立する陣営におり、第一ルートでは機動聖都のバックアップを受けたカルナを渾身の宝具によって撃破。その代償として霊基消滅を迎える。また第三ルートでは終盤で共同戦線を張り、過去の因縁を一旦預け、仲間として戦った。

クリシュナ
ラーマと同じくヴィシュヌ神の転生体(アヴァターラ)であり、生前の親友。
"黒"とは同名の別存在であるが、原典でアルジュナを叱咤激励してカルナと戦わせている。
実際のところは定かではないが、"黒"は彼をベースに形成された可能性もある。
例えば、Fate世界では掟を犯してカルナを射殺すよう命じたのは『黒』の方であるが、原典のインド神話では彼にそう命じたのは他ならないクリシュナ本人である為である。

ちなみに少しややこしくなるがアルジュナ自身も「黒い肌(クリシュナ)」という異名を持っており、こちらが"黒"の名前の由来であるのかもしれない。

アシュヴァッターマン
かつての兄弟弟子であり敵対者。原典『マハーバーラタ』では彼ともかなりの因縁がある。マイルームでも彼の強さを非常に高く評価しており、アシュヴァッターマンもアルジュナに対して思うところがあるようだが、強さに関しては認めている様子。しかし、アシュヴァッターマンの常に怒っている性格に対し「カルシウムが足りていないのではないか」と本人が聞いたら怒りそうである天然ボケな発言をかましている。

イーラーヴァット、アビマニュ
2部4章で言及されたアルジュナの息子たち。
アルジュナには4人の妻がおり、その各々との間に1人ずつ子を設けている。そのうちシュルタキールティ、イーラーヴァット、アビマニュは若くして戦死しており、生き残ったのはバブルヴァーハナだけだった。

中でもアビマニュはカルナとアシュヴァッターマンを含む7人からの袋叩き状態で敗北するという壮絶な戦死を遂げている。
ちなみにスポーツのカバディはこのエピソードが元になって生まれたと言われている。

Fate/Grand Order

藤丸立香
カルデアのマスター。第五特異点では当初敵対陣営に所属していたが、最終盤では己を信じてくれた彼/彼女に報いるべく「償い」のために宝具を解放する。終局特異点でも再会した彼/彼女を激励していた。
カルデアにおいても彼/彼女からは呼び捨てにされており、比較的砕けた口調で話しかけられていることが選択肢から窺える。
また今のところアルジュナの抱える「闇」を知っている数少ない人物のひとりとなっている。

ラーマ
同郷の英霊。その爽やかな少年っぷりが眩しいが、妻に関してはこっちも色々あったので触れないで欲しい。

後日追加されたマイルーム会話では「共に戦えるとは光栄」と言及し、彼からも「バナナを食べに行こう」と誘われている。

ギャラハッドペルセウスアキレウス
自身と同じ授かりの英雄と呼べる英霊達。
特にギャラハッドは似た人生を送っている。

クー・フーリン・オルタ
第1部第5章で主人公たちに立ちはだかるケルト軍の首魁。アルジュナは、このケルト軍の客将として参戦している。
オルタはアルジュナの実力を認める一方、彼の参戦理由が極めて個人的なものであったことから、あまり信用してはいなかった。
そして、アルジュナがついにその宿願を果たそうとした時、オルタに横やりを入れられカルナとの決着は二度も付けられずに終わってしまう。
その後、ナイチンゲールに叱咤激励を受けて主人公陣営のサーヴァントとして協力する。

ジークフリート
似た目をした者。『Apocrypha』において、カルナがジークフリートとの勝負にこだわる遠因となった。
カルナによれば「何かに苦しみながらも己の役割を全うしようとする戦士」という点が似ていたとのこと。

ギルガメッシュ
ラーマの幕間にて、手加減が出来ない英雄と表現する。
『EXTRA/CCC』においてギルガメッシュからアルジュナに言及しているとおぼしき台詞がある。

アルジュナ・オルタ
第2部第4章から登場した汎人類史とは異なる運命を辿った異聞帯のアルジュナ。
アーチャーのアルジュナは彼の在り方に英雄としての理想像を見出すが、異聞帯のサーヴァントであるアルジュナ・オルタはアーチャーのアルジュナに誇り高き英雄としての憧憬を抱いている。

彼のマテリアルによると「アーチャーとしてのアルジュナはマスターに相応しいサーヴァントであろうと気を張っている部分がある」らしく、それがないオルタはアーチャー時より純朴な性格となっている。こちらの性格のほうが生前の素のアルジュナにより近いと思われる。

余談

  • まさかのネタバレ騒動

実装スケジュール公開前にニコニコ生放送の告知で真名が割れてしまった。
とはいえ、Fateシリーズに詳しいファンからはCMが公開されたときにはすでに真名を看破されていたが……。

  • ネタ要素?
ゲーム外の妙な部分でネタを「授かって」しまいがちなキャラクターでもある。
先行実装イベントにて、キャラチップが前後逆を向いてしまうバグや、プロフィール画面で声優の「﨑」の字が正常に表示されないなど、キャラ性能と全く関係ない点で話題になってしまった。

ちなみに中の人である島﨑信長氏は、言わずと知れたガチTYPE-MOONファンかつ廃課金マスター(通称:グランドガーチャー)として一部では有名。自身が演じたアルジュナについては実装直後に宝具Lv4を達成という狂気の片鱗を見せつけた。なお、Lv4止まりだったのは同日のニコ生内でガチャを回す予定だったためで、結局当たらなかったが放送終了後に無事Lv5(MAX)を達成している……。
2017年のバレンタインではイベント限定の概念礼装「フォンダン・オ・ショコラ」に登場、しかし中の人の奇行「イチゴ乳首先輩」のせいで巻き添えを食うハメに……


関連イラスト

アルジュナ
アルジュナ


アルジュナ
授かりの英雄


arjuna
アルジュナ



関連項目

Fate/GrandOrder アーチャー(Fate) サーヴァント
生真面目 優等生 英雄 インド兄弟
エドモン・ダンテス(Fate):こちらはバグではなく元々キャラチップが背を向けているサーヴァント、 そして同じCVである。
ジャミル別世界の褐色肌で同じ声の人。性格も似ていると言われている。

関連記事

親記事

アーチャー(Fate) あーちゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルジュナ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48688030

コメント