ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Fate/EXTELLA-LINK

ふぇいとえくすてらりんく

Fate/EXTRAシリーズの四作目。前作『Fate/EXTELLA』に連なるアクションゲーム。
目次 [非表示]

概要編集

Fate/EXTRAシリーズ』第4作目。

Fate/EXTELLA』の続編でジャンルは無双系のアクションゲームとなっている。

開発も前作と同じくマーベラス

なお、今作ではシナリオを『Fate/Apocrypha』の作者である東出祐一郎氏が担当しており、奈須きのこは監修という立場に収まっている。


基本情報編集

製品情報編集

発売日2018年6月7日 / 2019年1月31日※
対応機種PlayStation 4PlayStation Vita / Nintendo Switch
開発・販売元マーベラス
ジャンルアクションゲーム(ハイスピードサーヴァントアクション)
CEROD(17歳以上対象)

※前者はPlayStation 4・PlayStation Vita版、後者はNintendo Switch版の発売日。

※PlayStation 4版は1080p/60fpsに対応した高解像度版となる。


スタッフ編集

監修奈須きのこ
シナリオ東出祐一郎小太刀右京/チーム・バレルロール
音楽制作TYPE-MOON、岡部啓一・MONACA
キャラクターデザインワダアルコ
キャラクター原案武内崇
プロデューサー佃建一郎

ストーリー編集

レガリアに選ばれしネロ玉藻の前、そして遊星の尖兵たるアルテラによる三つ巴の戦いは終結を迎え、SE.RA.PHは束の間の平穏を取り戻していた。

しかし、そこに現れたのはカール大帝とその軍勢。大帝は「天声同化(オラクル)」と呼ばれる力により、あらゆるものを隷属・同一化させ、多くのサーヴァントを従えていた。

「天声同化」により従う者、己が利益により組するもの。

そして、突如として消えた幼いアルテラ。


大帝に立ち向かうべく剣を取ったシャルルマーニュは、SE.RA.PHを守るため月の勝利者たるマスターへ助力を乞う。


登場人物編集

主人公(CV:阿部敦 / 石川由依)

戦い

過去作同様の主人公。デフォルトネームは"岸波白野"。

性別と名前を自由に設定可能。また今作からCVが付き喋るようになった


サーヴァント編集

新規サーヴァント編集

※有料DLCで追加。


既存サーヴァント編集

前作に登場したサーヴァント16騎は全員続投する。



前作との差異編集

エクステラマニューバ&ムーンクランチの廃止&ドライヴスキルの追加

手軽に広範囲に攻撃ができる反面、こればかりに依存しがちという意見も多かったエクステラマニューバが廃止。

ネロとタマモだけの専用形態であったムーンクランチも廃止され、ムーンドライブへと統一された。

代わりにムーンドライブ状態を解除するのと引き換えに広範囲を攻撃する大技「ドライヴスキル」が追加されている。


宝具に関して

前作ではフィールドに落ちているファンタズムサーキットを3つ集める事で1回だけという重い条件だった宝具が仕様変更され、ムーンドライブ中に敵を撃破する事で宝具ゲージを貯めて発動する形となり、1ステージに2回以上発動させるのが容易となった。

ファンタズムサーキット自体は続投されており、取得すると宝具ゲージを一気に蓄積できる。


コンボ・スキルに関して

コンボが単純なものとなり、前作でコンボで出していた一部の技はスキルという形となった。

宝具が複数あるサーヴァントは、真名解放で使わないほうがこちらのスキルとなっていたりする。(アルテラの「軍神の剣(フォトンレイ)」やスカサハの「貫き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク・オルタナティブ)」など。)


スキルは事前に4つセット可能で、1度出すと指定されたクールタイムが経過するまで再使用出来ない。


勝利条件に関して

前作では自チームの領域を一定以上確保してボスを倒すことのみが勝利条件の単純な陣取り合戦だったのが改善。

戦況に応じて次々と発生するミッションをこなしていくことでボスが登場する形式となり単調さが減った。


味方に関して

前作では自チームの領域確保が目的のためか、積極的に侵攻しないで逆に侵攻されてピンチとなっていることが多かったのが改善。

すぐには敗走しなくなり、ミッションを首尾よくこなして障害を排除していれば積極的に侵攻もしてくれるようになっている。

さらに特定条件を満たした際に一方的にボスに攻撃が可能なラッシュの際には、同じセクターに居る味方サーヴァントが援護してくれる。


マスターに関して

今回は、マスター(主人公)も前線で陣取って戦う。

マスターと同じセクターで戦うと魔力補給によりスキルの再使用が早くなる効果が得られるが、該当セクターが陥落すると敗北してしまう危険が伴う。

ミッションでマスターが居るセクターを遠距離から直接攻撃してくるサーヴァントもいるため、マスターの防衛はゲーム上でも重要な要素となっている。


グラフィックに関して

全体的に向上しておりキャラクターのCGもワダアルコ絵に近い形へと作り直されている。

また、会話が完全に立ち絵Onlyとなったが完全な静止画ではなく台詞に合わせて口が動き、各種場面で瞬きもする。


関連タグ編集

Fateシリーズ Fate/EXTRAシリーズ アクションゲーム


外部リンク編集


関連記事

親記事

Fate/EXTRAシリーズ ふぇいとえくすとらしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4566456

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました