ピクシブ百科事典

アルキメデス(Fate)

あるきめです

『Fate/EXTELLA』に登場したキャスターのサーヴァント。
目次[非表示]

「我が名はアルキメデス。SE.RA.PHに選ばれたシステム更新の従事者です」

プロフィール

真名アルキメデス
クラスキャスター
性別男性
身長180cm
体重70kg
出典史実
地域古代ギリシア
イメージカラーダークグレイ
特技特になし
好きなもの天体研究、理路整然とした会話
嫌いなもの曖昧な結論、煩雑な過程
天敵ネロエリザベート
属性秩序・善
ILLUSTワダアルコ
設定担当奈須きのこ
CV興津和幸


概要

Fate/EXTRAシリーズ』の最新作『Fate/EXTELLA』に登場するキャスターサーヴァント

その高い技術力・性格・生前の功績等から、霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」によって、聖杯戦争の舞台である電子虚構世界「SE.RA.PH」の管理者に選ばれセキュリティを一任されている。
このような経緯から聖杯戦争には参加しておらず、今作でもネロ・クラウディウス陣営、玉藻の前陣営、アルテラ陣営の3陣営の何処にも所属していない「無所属」と言う扱いである。

人物

数学者らしく理性と合理性を重視しており、己の主観に捉われない客観的な思考で物事を判断する様に努めている。

なお、前述の様に聖杯戦争に参加していないサーヴァントではあるが、戦闘能力が皆無と言う訳では無く戦闘行為自体は可能な様である。

同じ言葉を「実に」をつけてもう1度繰り返す口癖がある。
「雑ですね 実に雑!」 「取るに足りない、実に取るに足りないとも!」

とあるサーヴァントからは「生前、他人を理解できなかった男」とされているが・・・。

真名

シラクサのアルキメデス、古代ギリシアの数学者。

王冠と同じだけの質量の金をそれぞれ水に沈めることで、王冠に銀が混ぜられているという噂を証明したという逸話は有名。また、優れた技術者、発明家でもありテコの原理を利用した投石機を用いて敵の海軍を打ち破ったという。

最期はシラクサの戦いにおいて、「彼には危害を加えるな」という命令を無視したローマ兵士によって殺害される。殺害される瞬間まで図形を書いて数学的思考を巡らせており、踏み込んだ兵士に対して言った「私の円を踏むな」が最期の言葉であったとされる。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
ムーンセルEDCCAB


保有スキル

高速詠唱(A)魔術詠唱を早める技術。自身の修める魔術レベルは低いが、詠唱のスピードは一流の魔術師と同格である。
道具作成(A+)魔術により道具を作り上げる能力。彼の場合魔術ではなくその時代にある素材から、さまざまな道具を作り上げる。
術理解明(EX)術式と呼ばれるおよそ全ての式を解明し、これを修復する技術。戦闘では全く役に立たないが、魔術回路・魔術刻印までも修復する秘伝中の秘伝とされるスキル。
殺戮技巧(道具)(A)生前の逸話からアルキメデスが持ってしまった不名誉なスキル。どのような道具を作成しようとそれらには本来とは違う殺戮用途が付加されてしまう。本来ならばアサシンやバーサーカーに該当する英霊がもつスキルであり使用する「対人」ダメージにプラス補正をかける。


宝具

集いし藁、月のように燃え尽きよ(カトプトロン カトプレゴン)

  • ランク:B
  • 種別:対軍
  • レンジ:50
  • 最大補足:一隻


アルキメデスの伝説にある、シラクサ海岸に停泊した軍船を燃やしたとされる光学兵器。
ソーラ・システムソーラ・レイとも言われるもの。
六角形の複数の鏡が太陽光を反射・収束し威力を増大させ、すべての敵を焼き尽くす熱線に変えて放つ。
伝説においては軍船を焼き尽くしたとされるアルキメデスの鏡であるが、2005年にマサチューセッツ工科大学が実際に実験を行い、船を「焦がす」事は出来ても「焼き尽くす」程の熱量を発生させることはまず不可能という結果が出ており、むしろカタパルトでの投石や火矢を放ったほうが効率的と言われてしまっている。
この結果の違いは作中の世界では、アルキメデスの生きていた時代にはまだ大気に魔力が残っていたためとされている。この兵器を構成する鏡は単に光を反射するだけでなく、大気中のマナを取り込み、熱線として照射する礼装にもなっているのである。

ゲーム上では6つの鏡から照射した光を2度反射・収束させ敵の頭上に特大の光線を降らせるという演出となっている。

この他にも彼の発明から昇華した宝具がいくつかあるらしく、対城拘束宝具なる物も確認されている。

外部リンク


関連タグ

Fate/EXTELLA キャスター(Fate) サーヴァント
数学者 学者 発明家 インテリ


※ここからはFate/EXTELLAのネタバレが含まれています。





































































「さあ、滅びの時だ!収穫の時だ!」
「本来の役割を果たすがいいウェルバー!今こそ!まさに!一万四千年前の雪辱を晴らす時だ!」

実際はムーンセルのシステム技師にして、
ムーンセルの天敵である捕食遊星ヴェルバー側のサーヴァント。
今回の騒動を裏で操っていた黒幕にして、レガリアと岸波白野が3分裂することとなった元凶である。

無銘が言っていたように、他人というもの・・・特に愛だの絆だのといった不確定事項を嫌い
数式、つまりは道理の通った確定された物のみを愛する。

ムーンセルの技師として月に墜落した遊星の欠片・星舟ウェルバー02に接触し
その中身を解析したことで、侵食を受け
「これほど進化の違うモノでさえ明確な意図を持つ」のに対して、
「明確な意図を持たない不確定要素まみれ」である地球の生命というものに失望。
以降、遊星の尖兵として暗躍することとなる。

肉体は既に遊星の侵食を受けており、片腕のみ手袋か何かを付けているようにみえるのはそのため
実際に服の下の上半身は左半分がほぼ全て侵食されており紫と発行する黄色またはオレンジ色の奇妙な紋様が刻まれた状態になっている。

侵食を受け入れた影響で霊子の強度が向上しており、本来なら閲覧が限界である並行世界に対して平行移動(スライド)と称する方法で並行世界の剪定(※)が行われるポイントの前までなら、移動を可能としておりこれによって何度でもやり直すことでムーンセル破滅の未来を確定させるためにネロ編・玉藻編・アルテラ編でそれぞれ暗躍する。

※通称 霊子記録固定帯(クァンタム・タイムロック)またの名を人理定礎、無限の並行世界をいつまでも許容していては何時か限界が訪れるため特定のタイミングで『もっとも強く、安定したルート』を決め、それから大きく外れた世界を剪定している。
前回の霊子記録固定帯は「岸波白野とレガリアが3分割」したタイミングであり、次の霊子記録固定帯に来るまではそこまで平行移動でやり直しが出来る。


最終ルートの真ネロ編にて、遂にアルテラ本体(巨神アルテラ)を対城拘束宝具で拘束して
星舟ウェルバー02を乗っ取りムーンセル破滅を確定させようとする。

しかし、アルテラ編の岸波白野の肉体が自身を代償として取った行為、自身が駒として引き入れたエリザベート・ヴォイドの計算外の行動、アルテラから預かった軍神の剣を依代として神霊ヴィーナスの力を取り込んだネロによって星舟が完全崩壊すると同時にその世界が霊子記録固定帯となったことでどうあってもムーンセル破滅しない未来が確定し、計画は失敗に終わる。

彼自身もウェルバー02と共にネロの一撃によって両断されたかに思われたが実はまだ生きており、彼の次の戦いを予想させる不穏な言葉とともに幕が下りる。

そして、また新たな戦いが幕を開けるのだが…?


ネタ
作中、自身の駒であるはずのエリザベートに度々振り回されては
見事なキレ芸を披露している。

「(奪い取ったレガリアを美味しそうと評するエリザに対して)
いや、待ちなさい。待つのです。
どこの阿呆が指輪に対して美味しそうなどと感想を持――。待て!」
(指輪を飲み込み体内で暴走、レガリアは消滅してしまう。)
「この、どこに出しても恥ずかしい最高最低の無能サーヴァントが----ッ!」

エ「それはそれとしてこの鎖邪魔なんですけどぉ。いっか、切っちゃえ!」
(巨神アルテラから、エリザベートが上記のように我欲のために拘束を破壊した経緯を聞いて)
「あ---あの低級サーヴァントがぁあああああ!」

そしてとある人理を守る世界では既にウェルバーに浸食される為、おそらく召喚されない(そもそも浸食される前も「価値観から召喚されないのでは?」と一部のマスターから推測される)が、その世界には胃痛の種同時に複数人存在している為、愉悦部のマスター達は彼をそんな胃痛の種を満載するパーティーにぶち込む事を楽しみにしているとかなんとか。

※ゲームシステム上、今のところメカエリチャンとメカエリチャン2号機はどちらかしか手に入れる事ができない。

pixivに投稿された作品 pixivで「アルキメデス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 415248

コメント