ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

アナタに虚飾はない。獰猛な欲求。偽りない求愛。――あまりにも幼い、破綻したその恋慕。


同じヒトとして、吐き気を催さずにはいられない。


ああ、だからこそ――愛に狂え。その姿は、美しい。


プロフィール

真名ヴラド三世
クラスランサー
性別男性
身長191cm
体重90kg
誕生日11月10日
出典史実
地域ルーマニア
属性秩序・善・人
イメージカラー赤茶
特技焦土作戦
好きなもの鉄の規律、信仰(EXTRA)、妻の幸福(FGO)
苦手なもの不道徳、不覚悟(EXTRA)
嫌いなもの欲に溺れて尊厳を嗤う恥知らずな連中(FGO)
天敵エルドラゴ
設定担当奈須きのこ
ILLUST武内崇(原案)、ワダアルコ(EXTRA、FGO)
CV江川央生

狂戦士の如き容貌と言動だが、その瞳にはまだ最後の理性が宿っている。

真実の愛を信じ、その一欠片を護ろうとする騎士の感情が。


概要

Fate/EXTRA』に登場するランサークラスサーヴァント

赤い外套を身に纏い血のついた黒い鎧を着た騎士の姿をしている。マスターはランルーくん

後世の人々に吸血鬼として扱われた結果、存在をねじ曲げられ本物の怪物になってしまった。


同名のサーヴァントが『Fate/Apocrypha』にも登場する。詳細はこちらを参照されたし。


真名

ワラキア公国の領主、ヴラド三世

オスマン帝国の敵兵を大勢串刺し刑に処したことから、「串刺し公」異名で恐れられ、ドラキュラ伝説のモデルとなった(元々は「ドラキュラ」は竜の息子という意味)。


人物

一人称は通常は「私(わたし)」、バーサーカー時は「吾(オレ)」

信仰者であるが、その深すぎる信仰心ゆえに、人格に変調をきたしている。己の信じた価値に殉じ、その思いが純粋すぎた故、他者の思考が介在できない。この為、ほぼ会話は成立しない。


マスターであるランルーくんを「妻」と呼び、彼女の「愛したものしか口にすることが出来ない」という在り方に、「同じヒトとして、吐き気をもよおさずにはいられない」と言いつつも、彼女の理解者として全肯定している。また、彼女に真実の愛を見出し、彼女に尽くすことを生前果たせなかった聖戦と同義と捉えている為、相性は良く強力なサーヴァントとなっている。


鬼将として正義と信仰を重んじ、何よりも愛するものを護らんとする。

その裏では戦場での荒廃と王の孤高ゆえに、哀愁を心の内に秘める『ただ一人の戦士』の顔を隠している。怪物、吸血鬼と呼ばれることに怒りを覚えてはいるが、それが純粋な疑問であるなら鷹揚に接し、また戦場で敵の血を浴びる自らへの皮肉として語る面も持つ。


また王侯ではなく戦士としての面が強く出るため、竜子公としてよりも気さくで豪快な一面が見られる。特に親しいものには友人として接し、友のために自ら労することも厭わない。


実は家事も農作業も万能という、どこかの国民的アイドルグループ並みの生活力の持ち主(裁縫に関しては既に『歌うカボチャ城の冒険』で披露していたが)。そのためギャグ時空ではYARIOのメンバーに数えられている。バレンタインでもチョコのお返しに絶品ステーキハンバーガーを作ってくれる。裁縫と言い料理と言い随分と家庭的な王様である。


聖杯については、聖書に語られるものこそ真正とし、聖杯戦争で用いられる贋作には興味を示さない。そのうえで「聖杯転臨」で自分に使ってくれるなと釘まで刺してくる。

 

能力

他のランサーとは逆に敏捷は低いが耐久が高く、戦闘続行などの防御型スキルが豊富にある、城壁のようなランサーとなっている。高い攻撃と防御で敵の攻撃を受け止めつつ反撃する。


『FGO』では、杭槍を用いた槍術と両手の鉤爪による荒々しい接近戦を主としており、鎧の胸部から無数の槍や杭を出現させて前方に突き出すという攻撃も披露する。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
ランルーくんBAEADC
藤丸立香BAEADC

保有スキル

対魔力(C)ランサーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。魔術詠唱が二節以下の魔術を無効化する。大魔術・儀礼呪法などを以ってしても、傷付けるのは困難。
信仰の加護(A+++)一つの宗教に殉じた者のみが持つスキル。加護とはいっても最高存在からの恩恵ではなく、自己の信心から生まれる精神・肉体の絶対性。ランクが高すぎると、人格に異変をきたす。彼の場合は、敵の殲滅に思考が偏っている。
戦闘続行(A)名称通り戦闘を続行する為の能力。決定的な致命傷を受けない限り生き延び、瀕死の傷を負ってなお戦闘可能。またヴラドの場合は「生還能力」を表しており、『仕切り直し』と同様の戦闘から離脱する能力がある。
軍略(B)『FGO』で追加。一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場における戦術的直感力。自らの対軍宝具の行使や、逆に相手の対軍宝具に対処する場合に有利な補正が与えられる。ワラキア公国軍を率いた事に由来する。
悪魔の軍略(A)「軍略(B)」が変化したスキル。詳細不明。
無辜の怪物(A)生前のイメージによって、後に過去の在り方を捻じ曲げられなった怪物。能力・姿が変貌してしまう。このスキルを外す事は出来ない。ヴラドの場合は小説家の創作によるドラキュラ化により、イメージが侵食されている。

戦闘スキル

反逆耐性3ターンの間、自身のGUARD時の攻撃力が3倍になる。
粛清の儀自身に槍を突き刺すことで痛みを共有させて相手に同じ苦しみを与える。相手に魔力ダメージを与えると同時に、自分の残りHPが少ないほどダメージが増える。
呪縛の槍空中に飛翔し、空からの落下と同時に頭上に振りかぶった槍の鉄槌を相手に振り下ろす。相手に筋力ダメージと呪いのバッドステータスを与える。

宝具

串刺城塞(カズィクル・ベイ)

  • ランク:C
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:0〜50
  • 最大捕捉:300人

FGOハジメマシタ


「妻よ、これなる生贄の血潮を以て、その喉を潤したまえ!『串刺城塞(カズィクル・ベイ)』!!」


正義の一撃。相手の持つ不義・堕落の罪に応じて痛みを増す、呪いと鉄槌の拷問魔城(ドラクリヤ)。ランサーが生前トルコ軍を迎え撃つために首都の城壁の周囲に築いた串刺しの野原を再現したもの。周囲に無数の杭や槍を生えさせ敵を穿ち拘束、ランサー自身が投槍でとどめの一撃を加える。 敵対する敵兵全てを対象とするため、一対多で真価を発揮する宝具。


その由来からか相手が持つ不義・堕落の罪に応じて痛みを増すという特性を持つ。粛正の対象、「逃走」「不道徳」「暴力」を犯している相手ほど破壊力が増加する。


詳細は該当記事を参照。


他作品での活躍

Fate/Grand Order

2016年10月19日開催の期間限定イベント『ハロウィン・カムバック!』において、新規サーヴァント&ピックアップガチャ対象として恒常実装。レアリティは☆4。


先んじて偶発的に「吸血鬼」として召喚された自身とは、“同一人物かつ別のサーヴァント”という鏡面存在らしい。ランサー・ヴラド三世は、異教徒への怒りと殉教、愛と信念に滾る“護国の鬼将”としてのヴラド三世として召喚された姿とのこと。なお、マスターの事は「友」と呼ぶ。


またアニメ版『冠位時間神殿 ソロモン』においては藤丸が召喚したサーヴァントの一体として登場。宝具『串刺城塞』を発動し、レフを串刺しにした。


ゲーム上での性能

実装時点でHP:13,000という☆5級の耐久性を誇るランサー。だがその高いHPの反動で、荒々しい姿とは裏腹にATKが聖杯転臨やフォウくんを利用しないと9,000に届かないほどに低い。カードバランスは、ランサーらしく《Quick:2/Arts:1/Buster:2》で揃えている。Quick性能がなかなかに良好で、初手Artsと絡めてBraveチェインを決めると早期に宝具解放が可能となる。


保有スキルは、3ターン弱体耐性UP&HP大回復&1ターン防御UP&3ターン攻撃UPを自身に付加する高性能キメラスキル「信仰の加護(A+++)」、味方全体の宝具威力をUPする「軍略(B)」、自身に3ターンスター獲得状態&1ターンターゲット集中状態を付与する「無辜の怪物(A)」と、なかなかにバランスが良い構成となっている。特に「信仰の加護」と「無辜の怪物」は、他の同一スキルを持つサーヴァントのそれとは違い、ほとんどヴラド三世の独自スキルと化している。

「無辜の怪物(A)」で攻撃を引きつけた後、受けたダメージを「信仰の加護(A+++)」で回復し、バフを伴ったクリティカル攻撃や宝具で低いATKを補っていくという構成になっている。



宝具は『串刺城塞』。カードはBusterで、効果は【自身に無敵貫通状態を付与(1ターン)&敵単体に超強力な〔悪属性〕特攻攻撃〈オーバーチャージで特攻威力アップ〉】となった。

相性の良いアーチャークラスに〔悪属性〕の該当者が乏しい反面(該当者は無垢な子供の全てを踏みにじった因縁のある女狩人心が壊れた守人悪のカリスマ魔眼の保有者暴虐に生きた妖精騎士ぐらいしかいない)吸血鬼化した自身を含めて悪属性の多いバーサーカーに普段以上の痛撃を通せる。何気に回避スキル持ちも多いため、無敵貫通付与の恩恵でチェイン込みで標的を叩くのにも向いており、特攻の有無を差し引いても単体宝具なのでなかなかに強力。


特攻効果はオーバーチャージで増幅し、『EXTRA』では不完全燃焼だった宝具本来の効果がより強力になって相手を刺し貫く。この手の特効宝具の例に漏れず補正倍率が高いため、悪属性の多い四騎(キャスターライダーアサシン)やアヴェンジャーに対しても効果的であり、多くの相手に対して容赦のない串刺し刑が執行される。月では天敵であったエルドラゴにも特攻が刺さるため、今後のイベントクエストではリベンジも果たせるであろう。また、相手に悪属性を付与する若森とコンボする手もあり、強烈な冤罪処刑を食らわせられる。


『7周年記念強化クエスト』で「軍略(B)」が「悪魔の軍略(A)」へランクアップし、【Busterカード性能アップの追加と3ターン継続への延長に加え、自身が攻撃を受けるたびに相手に防御力ダウンを付与する状態(5回)】が追加された。自身のみならず味方への火力補助となる他、「無辜の怪物(A)」とのコンボで効率的に相手へデバフを与えられる。


弱点は耐久型の割に、有効なダメージ無効化スキルを要していない点。

クリティカル連打を受けて倒されないように立ち回りに注意が必要である。


霊基再臨やスキルLvUPの素材は全体的には優しいものの、第1部6章実装時と共に登場した「愚者の鎖」が再臨とスキルLvの総合計96個と多量に必要になるのもネック。

再臨を最優先しつつ、スキルは優先順位を付けてLvUPするよう気を付けなければならない。


関連人物

生前

メフメト二世

オスマン帝国国王にして宿敵。

串刺し刑の様を目の当たりにした彼から恐れられた。


ヴラド三世(槍)ヴラド三世(狂)

Fate/Apocrypha』や『Fate/Grand Order』に登場する“真名を同じくする別の側面”

国を治める「竜子公」として王道を重んじ、寛容さを持ち合わせた執政者としてのヴラド三世。

なお当人ら同士は、あまり険悪ではない様子(願いは同じだからだろうか?)。

武人ヴラド三世からはマスターへ「苦労を掛ける」と謝意を述べてくる。


EXTRAシリーズ

ランルーくん

契約したマスター。妻として信頼し慈しんだ。

『FGO』では記憶が朧気ではあるものの、彼女の「美しさ」は心の底に焼き付いている。


赤セイバー

キリスト教を迫害した過去を持つ大淫婦。その信仰弾圧と暴君としての治世は決して相容れない。

そのせいか、主人公のパートナーの中でも特別敵意を向けていた。


赤ランサー

Fate/EXTRA CCC』で自分の代わりに召喚されたランサー。

黒幕に唆されて、マスターであるランルーくんを裏切って殺害。その軽率さを大いに怨んでいる。

FGO』では「竜子公」としての自分を通じて関わりながらもなお、再会したそのときまで先述した憎悪は燃え滾っており、本気の殺意を向けていた。未熟者ゆえの罪と知っているが、自身の在り方ゆえに赦すことが出来ない。しかし、どこからか許せという言葉が響いているんだとか……


Fate/Grand Order

藤丸立香

この世界で契約したマスター。

彼/彼女の心の正しさを気に入っており、「友」と呼んで力を貸す。


クー・フーリン(槍)ディルムッド・オディナ(槍)カルナマナナン・マク・リール

与太話で結成された、アイドルグループ「YARIO」の仲間たち。

2022年水着イベント『アークティック・サマーワールド!』でついに共演を果たした。


ロマニ・アーキマン

何故か、多くのサーヴァント達から嫌悪感を抱かれているロマニだが、ヴラドは「臆病だが、細やかな努力は評価に値する」と割と高評価を下している。


関連イラスト

[LANCER]Vlad Tepes黒槍ランサー

ヴラド三世(EXTRA)「では、鏖(みなごろし)である!」


関連タグ

Fate/EXTRA Fate/GrandOrder

サーヴァント ランサー(Fate)

ドラキュラ キリスト教 武人

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 566982

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました