ピクシブ百科事典

アヴェンジャー(Fate)

あゔぇんじゃー

アヴェンジャー(Fate)とは、Fateシリーズに登場するサーヴァントのクラス。
目次[非表示]

概要

復讐者」のクラスのサーヴァント
初めて世に出たエクストラクラスだが、『GrandOrder』以前はその中でもさらに特殊なアンリマユ1体しか該当しておらず、極めて謎の多いクラス。
クラスカードのイラストは、拘束具に繋がれた長髪の青年。恐らく生前のアンリマユがモデルと思われる。

クラス適正については不明だが「復讐」に関する逸話を持つもの、あるいは生前に過度に虐げられた経験を持ち、それによる憎悪すなわち復讐心を持つものが該当するクラスと思われる。

尤も復讐とは逆襲(リヴェンジ)ではなく仕打ちの当事者への報復(アヴェンジ)であり、彼らの語る復讐とは対象、そして復讐の意味すら逸している為に、本筋は復讐という合理ではなくその後の行き場のない憎悪・復讐心の果てと言える。

ジャンヌ・オルタによると、憎悪と復讐というのは彼らによって生きるための糧ではあるが、
それでも心が軋むのは避けられない。良心ではなく、単純に復讐と応報を為すために心を加速させていかなければならないため。
復讐と応報を果たした時点で、もうそれは止められないほどとの事。

クラススキル

復讐者復讐者として、人の恨みと怨念を一身に集める在り方がスキルとなったもの。周囲からの敵意を向けられやすくなるが、向けられた負の感情は直ちにアヴェンジャーの力へと変化する。
忘却補正人は多くを忘れる生き物だが、復讐者は決して忘れない。忘却の彼方より襲い来るアヴェンジャーの攻撃はクリティカル効果を強化させる。
自己回復(魔力)復讐が果たされるまでその魔力は延々と湧き続ける。微量ながらも魔力が毎ターン回復する。


基本ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運
?????


Fate/hollowataraxia

Fateログ


「この世すべての悪であれ」と祀られた存在。
決まった姿を持たないが、今回は全身に刺青を入れた青年の姿を取っている。
詳しくはアンリマユを参照。

Fate/strange Fake

アルケイデス


弓兵のクラスとして召喚されたが、
「泥」によって復讐者の性質を併せ持つようになった布被りの男。
一つの神話体系の頂点に立つ大英雄だが、神を蹂躙せんとする。
詳しくはアルケイデス(Fate)を参照。

Fate/GrandOrder

第1部 Observer on Timeless Temple

竜の魔女


第一特異点にて主人公達の前に立ち塞がった竜の魔女。
この時はルーラーだったが、
期間限定イベント「ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊」にてクラスチェンジして現れる。
詳しくはジャンヌ・オルタを参照。

巌窟王 エドモン・ダンテス


巌窟王」の名で知られるアレクサンドル・デュマの小説『モンテ・クリスト伯』の主人公
世界で最も知られる誇り高き復讐者。
詳しくはエドモン・ダンテス(Fate)を参照。

センシティブな作品


ゴルゴン3姉妹の末妹メドゥーサの成れの果てである怪物
城塞を締め上げるほどの巨体を隠す報復の女神。
詳しくはゴルゴーン(Fate)を参照。

第1.5部 Epic of Remnant

狼王


首無し騎士を乗せた巨大な狼。
いくつもの存在が混ざり合った、復讐の果てを征く憎悪の権化。
詳しくは新宿のアヴェンジャー及びヘシアン・ロボを参照。

第2部 Cosmos in the Lostbelt

アントニオ・サリエリ


謂れなき風評被害によって人物像を歪められてしまった無辜の怪物。
ゴッド・リープを殺すために存在する灰色の男。
詳しくはアントニオ・サリエリ(Fate)を参照。

イベントクエスト限定

魔王信長


オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」に登場。
織田信長が持つあらゆる可能性の複合体。
本来ならある特殊な空間でしか顕現できないはずなのだが……。
詳しくは魔王信長(Fate)を参照。

その他適性があると明言されている英雄

真名登場作品クラス
エイハブ船長Fate/strange Fakeウォッチャーの影法師
ブーディカFate/GrandOrder (※1)ライダー
ケツァル・コアトルFate/GrandOrderライダー
茶々Fate/GrandOrder (※2)バーサーカー
ルイ十七世Fate/Requiem-


※1「デッドヒート・サマーレース!」にて、水着サーヴァント枠に選ばれなかったことにキレてクラスチェンジした。
※2「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」にて、本編に出番が無かったことにキレてクラスチェンジした。

以上のように、イベントでは敵キャラ限定で現れる事もある。

余談

初めて世に出たエクストラクラスだが、旧Fateでのラスボスのクラス(つまり最初に考え出されたエクストラクラス)はセイヴァー
その後、旧Fateをリメイクした『Fate/prototype』ではアヴェンジャーに合わせてかビーストのサーヴァントがラスボスとなっている。

上記の面子と、ジャンヌ・オルタが自身の霊器を確立するまでの経緯を考えると、
人々に「復讐する権利がある、復讐を望んでいるに違いない」と思われている存在がこのクラスの適性を持ちうると思われる。
その場合、ジェロニモマリー天草アナスタシア等も
この例に当てはまる(特にマリーは息子がアヴェンジャーで登場した以上、適性の所持はほぼ確実と言える)。

また、秀吉元帥の様に
「復讐するために動いていたのではないか」と思える存在も適性を持ちうる可能性がある(現にpixiv内での企画ではこのクラスとして書かれているものが存在する)。


ちなみに空の境界コラボの際にが評した結論が以下のとおり。

  • 「基本的に人間大好き」
  • 「憎しみから生まれたものが愛を語り、愛から生まれたものが憎しみを語る。そういうあり方をするクラス」
  • 「一度転べば頼りになる味方になる」
彼女の言うことも間違いではないのかもしれない。

関連リンク

Fateシリーズ サーヴァント エクストラクラス
復讐 復讐者 復讐鬼 報復 憎悪 憤怒 哀しき悪役 アヴェンジャー

ビースト(Fate):似て非なるクラス
ムーンキャンサー:アヴェンジャーの弱点となったクラス

関連記事

親記事

エクストラクラス えくすとらくらす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アヴェンジャー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3240293

コメント