ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ヒトよ、空を仰げ」
「ヒトよ、空を仰ぎなさい。そして兄様の輝きを目にするのです」

プロフィール

クラスセイバーセイバー
真名ディオスクロイ・カストロ(カストル)ディオスクロイ・ポルクス(ポルックス)
身長175cm175cm
体重67kg57kg
性別
出典ギリシャ神話ギリシャ神話
地域欧州欧州
属性混沌・中庸・天混沌・中庸・天
好きなもの妹、(船)兄(?)
嫌いなもの人類特になし
ILLUSTタイキタイキ
CV内田雄馬内田真礼

「何だ人間ではないか。つまらん!死ね!」
「死ななくて結構です。我らディオスクロイ、お力になりましょう」

概要

Fate/GrandOrder』に登場するセイバーサーヴァント。レアリティは☆5。
シナリオでは第2部・Lostbelt No.5前編『神代巨神海洋アトランティス』にて、キリシュタリア・ヴォーダイム麾下の神霊サーヴァントにして副官として登場。

兄がカストロで妹がポルクス。双子として有名であるためか、どうやら他の二体一組のサーヴァントと同じようなタイプのサーヴァントの模様。

Lostbelt No.5後編『星間都市山脈オリュンポス』にも続投し、幹部格である神々の一角として活動。終始敵対者として立ち塞がり、キャメロット時のトリスタンにも似た印象をユーザー達に与えた。

なお、男女ペアユニットという関係からか、ゲーム上の性別判定は「なし」として扱われている。ただし、妹を含む為か亜種特異点Ⅱメインクエストで得られる絆の量が増える対象でもある。

真名

カストロ & ポルクス


ギリシャ神話に登場する双子の英雄、カストルポルクス(ポリュデウケス)。「ディオスクロイ」は2人の名前を合わせ、長母音を省略した読みであると同時に「ゼウスの息子」という意味も持つ
ローマ神話では「ジェミニ」の名で呼ばれ、ふたご座のモチーフとしても有名。
賢者ケイローンの弟子であり、またイアソン船長のもとで冒険した「アルゴノーツ」のメンバーでもある。

この双子は、元来「足速き馬駆る者たち」として崇拝された古き双神であったという。
嵐の後に輝き出る星そのものと見做され、崇められていたが、時代が下ってからは、嵐のさなかに船のマストなどで見られる「聖エルモの火」がこの双神の顕現と信じられるようになった。そのため、航海の守護者、旅の安全を司る神としての顔を持つ。

Fate世界ではこの双子は本来二人とも古の神霊であり、他の小神や従属神たちと同じように、オリュンポスの主神ゼウスの神話体系に組み込まれて双子の英雄として語られるようになったとされている。
ところが、兄のカストロは後世の伝説で「人間の子」という設定がつけられたことで、神霊としては零落してしまう。

そのため、カストロは神から人へと零落させられた屈辱を怨念に変えたアヴェンジャーとしての性質を持ってしまった。
対してゼウスの血を持つが故「不死の者」としての伝説を得たポルクスは、傷付く事なき肉体と凄絶な剣技を以て戦い続ける、セイバーとしての力を持つ。

人物

異聞帯のディオスクロイ

異聞帯のギリシャでは肉体を維持した正真正銘の神だったが、キリシュタリアと戦い敗北。神としては死を迎え、神霊サーヴァントとしてキリシュタリアの配下につくことになった。
その影響かお互いの考えている事がわからなくなってしまい、その事を不安がりつつも相手への愛を確かなものとしているのがモノローグで語られる。

こちらの兄妹は選民思想の強い人物となっており、自身らが認めた者以外には等しく冷たい態度で接し、相手によっては是非を問うことすら許さない。

兄カストロは人間を嫌っているが、これは汎人類史において後世の伝承で自身は人間へ、そして妹は半神へ零落してしまったことを知り激怒したため。
対して妹ポルクスはそんな兄の胸中を察して健気なまでに尽くし、兄を罵倒するカイニスに対して殺意を剥き出しにするなど、恋慕に近い感情を抱いている。

一方でカストロがヘラと同化したエウロペに敬意を払わなかった時には不敬だと窘める、同じく彼がゼウスに口を挟もうとした時には兄様と声をかける等、人間に関する事柄以外だと汎人類史と同じく兄のフォローにまわる。

異聞帯ディオスクロイはギガントマキア以前に発生した神性であり、ゼウス・クリロノミア(ゼウスの血)を受けた事で神話体系に組み込まれた旧き神。後天的にゼウスの子となった存在である。
命令が下らない限りは殺戮に走らない、命令系統を絶対とする側面は、元の性格もあるのだろうが後からゼウスの子となった経緯も一枚かんでいるのだろう。
なお、後天的とは言うが人工知能(テスラ)曰くその力はかつてのアポロン神にも引けを取らないもの。

また終始敵対者だったものの、死の間際にオリュンポスの双子に激励のような言葉を送るなど人を導く神としての側面は異聞帯のディオスクロイにも存在している。

汎人類史のディオスクロイ

カルデアに召喚されるのは汎人類史出身の双子で、アルゴノーツ時代の記憶も有している。カストロにいたってはケイローンの元で指導を受けた経歴もある。
常に寄り添っており、離れる事がない。離れられないとも言い換えられる存在。離れた場合、霊基が不全になるといったデメリットが発生する。

彼らは本来、古き神霊。導きの光としての神であった。それがやがてゼウスの神話体系に組み込まれ、双子神ではなく双子座の双子として語られるようになる。カストロの零落はその過程で起きたもの。また、航海の神としての側面が強くなったのはアルゴー号に乗り冒険した事が伝説として広く伝わったため。
「いざ鎌倉にさよならを」のイベント中ではカストロの失われた神格が完全に戻り、古き神霊の
双子神であった時代に存在が回帰する場面があり、非常にテンションが高く機嫌のいいカストロが登場している。

双子座の英霊ではなく全盛期である双子神の英霊として召喚されるものの、霊基再臨で強化してもなお失われた神格までは戻らない。マイルームボイスでは聖杯にはさほど興味を持っておらず、自ら使用してまで失われた神格を取り戻そうとはしてはいない様子。

カストロはアヴェンジャーとしての側面を持つため、召喚直後にいきなり罵倒してくるなど人間を軽蔑している点は変わらない。
といっても、妹のフォローもあって尊大な言動やシスコンぶりが空回る事も多い等どこか憎めない。
更に誠実をもって信を置ける相手なら、渋々ではあるが言うことを聞いてくれる協調性も持っており、絆レベルを上げていくと口が悪いながらも主人公の旅路を祝福してくれる。

妹を地上の人間達から守りたいという一心で攻撃的な態度を取るが、それ以外の時は口数少ない精強の戦士である。幕間でイアソンが言うには、出会った頃には既にこのような性格だったらしい。特に、妹が不在で自分一人でいる時はかなり大人しくなり、口振りも普段と比べてとても素直になっている。

ポルクスのほうはそんな兄を尊敬しつつも、嗜めるべき時には嗜めるしっかり者の妹となっている。兄が堂々と溺愛してくるのには恥ずかしがっているが、嫌がってはいない。
マスターに対しては友好的に接し、カストロが人間に零落したこともあり人間を守護すべき対象として見ている。一方で、絆レベルを上げても召喚時とあまり変化がないのは女神という不変の生き物故だろう。

図書館を利用するだけでもマスターへの許可を求めるなど、兄妹揃って非常に生真面目な様子が見て取れる。

能力

一種のマルチクラスとなっており、基本はセイバークラスだがアヴェンジャーとしての性質も併せ持っている。
戦闘力はカイニスと同等かそれ以上の力量を持っており、異聞帯においてはキリシュタリアとゼウスの間の思考を円滑に共有させる役割を持っていた。

戦闘ではカストロが浮遊するチャクラムのような盾を、ポルクスが黄金の剣を絶妙なコンビネーションで振るう。
この剣と盾は最終再臨では星の意匠が施され、さながら双子座のα星カストルとβ星のポルックスを思わせる。

当初こそクラスは不明であったが、妹であるポルクスが剣術の達人だったという逸話からセイバークラスで現界している。
イアソンがマイルームで言及した通りポルクスはボクシングの名手とされるが、セイバーとして召喚されたためか、カストロとのコンビネーションを重視しているためか剣での戦闘が殆どである。

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
AA++BCCB


保有スキル

対魔力(A)セイバーのクラススキル。魔術への耐性。ランクAでは魔法陣及び瞬間契約を用いた大魔術すら完全に無効化してしまい、事実上現代の魔術で傷付ける事は不可能なレベル。
騎乗(B)セイバーのクラススキル。騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。
狂化(B-)本来はバーサーカーのクラススキル。
復讐者(B)アヴェンジャーとしての側面を持つカストロのスキル。
忘却補正(C)同上
自己回復(D)同上
双神の神核(B)両者が所有するスキル。本来は古き双神であるためAないし規格外のランクを有するはずだが、後年に形作られたギリシャ神話に於ける双子伝説の影響を受けた結果、Bランクに留まる。特に、兄カストロが後世の伝説で「神の血を持たない」とされた故だと考えられる。
主神の星(A)二人一組の星座として天に上げられた逸話に由来するスキル。
航海の守護者(B)船にて旅ゆく者たちへの守護をもたらす。双神の存在は、困難を乗り越える希望として周囲の人々を賦活させる。嵐の航海者に似たスキルであり、本来は軍略とカリスマを含む複合スキルである。
魔力放出(光/古)(A)帆船のマストで発火する怪火を「聖エルモの火」と呼ぶがこの双神は、海上にゆらめく光たる「聖エルモの火」そのものであるという。聖人系サーヴァントの一部が有する亜種魔力放出とは似て非なるスキル。光の形態をとった魔力を放出し、戦闘力を増強する。


また、兄には馬術の逸話が、そして兄妹には航海の守護神としての逸話がある為、ライダークラスで召喚される事もありうる。事実、ライダーはマテリアルにて騎乗スキルや航海の守護者スキルを持っている事が判明した為、適正があるとみて違いないだろう。狂化スキルの存在からバーサーカーで召喚される事も大いにありうる。

なお、神話でのカストロはアパレーティダイとの戦争で矢を受けて死んだと語られているが、奇しくもFGOのクラス相性ではアーチャーが弱点となっている。サーヴァントは前世の死因が弱点となりうるとされているが、FGOのクラス相性においてもそれを実践してしまう稀有な例となった。
双子座の星図においてディオスクロイが弓矢を持っているのはなんとも皮肉な話である。

宝具

双神賛歌(ディオスクレス・テュンダリダイ)


  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:0~3
  • 最大捕捉:1人
「畏れよ」
「崇めよ」
「天にて輝く者、導きの星!」
「我らはここに降り立たん!」
「「『双神賛歌』!」」

円盤型の盾を有するカストロと、剣技の達人であるポルクスによる、一糸乱れぬコンビネーション絶技。
星座神話にも語られる彼らの絶大な信頼が、この技を宝具として昇華させた。

宝具使用の際には彼らは神霊としての神格を一時的に取り戻し、物理的・魔術的防御の一切を貫く。
「テュンダリダイ」とは、「ゼウスの息子」を意味するディオスクロイと同様、「テュンダレオスの子」を意味する。

ゲーム上での性能

レアリティは☆5(SSR)。
性能的に競合する桜セイバーと比べ、HPはこちらの方が1000ほど高く、ATKは彼女の方が高い。
カード配分は≪Arts:2/Quick:2/Buster:1≫と、アーツ2枚としてはアーツの性能が高く、クイックのNP効率はそこそこで星出し性能はトップレベルである。
8ヒットのアーツ宝具から入るアーツチェインは破格なまでのNP回収性能となる。また宝具→クイック→アーツでも50%以上NPを回収することができる。また、宝具には無敵貫通が付与されるため、確実にエネミーにダメージを与えることが出来る。

第一スキルは「自身のアーツカードにクリティカルスター獲得3ターン、クイックカードにNP獲得3ターン」を付与する。これの効果中に宝具を打てば、NPもクリティカルスターも集めることが出来る
第二スキルは味方全体に「宝具威力アップ1ターン・攻撃力アップ1ターン・弱体無効1回3ターン」を付与。1ターンのみの火力強化で、倍率もそこまで高くはないが、全体の瞬間火力強化に貢献する。
第三スキルは「アーツ/クイック強化3ターンと回避1ターン」を付与。第一スキルとの併用時には火力とNP回収、スター排出を同時を行うことが出来る。緊急時の回避としても優秀。

単発の火力と継続火力は低いが、瞬間でたたき出す火力は高く、宝具後に敵に付与されるアーツ、クイック耐性ダウンも3ターンと後に続く為、宝具を連射出来れば火力の底上げも可能。
根本的なNPチャージスキルを持たない為、宝具の初動が遅くなるが、クラススキルの自己回復による毎ターンのチャージと概念礼装による引き上げをすれば十分対応可能である。

総評すると「単体宝具連打(とそれに付属するデバフの付与)」、「(スキル使用時の)星出し」「クリティカルアタッカー」…と、完全に桜セイバーと役が被る。ただし、彼女に無い宝具火力強化スキルや宝具の無敵貫通などの効果がある為、差別化がなされている。
桜セイバーがスカサハ=スカディの登場で大きく化けたように、アーツに初動を早めるようなサポーターの登場で化ける可能性が高いサーヴァントでもある。
その中でもイアソンが強化された場合にも内容によっては実質的な強化と言えるので可能性は高い方である。

そして、彼女の登場により、大幅に化けたのは言うまでもない。

関連人物

キリシュタリア・ヴォーダイム
異聞帯で殺された後に召喚され、結果仕えるようになったマスター。
様付けで呼び忠実に従っているが、あくまで「ゼウスの友人」という扱いであって、実の所彼を理解してはいない。
向こうからも内心「信頼に値する」「自分のサーヴァント」とは扱われていなかった。

カイニス
汎人類史においてはかつて同じアルゴー号の船員であり、異聞帯においてはどちらもキリシュタリアへ仕えるサーヴァント。
異聞帯の双子は彼女の逆鱗である『女』として見下しており、互いに煽り合うなど、関係は決して良いものとは言えない。

異聞帯のオデュッセウス
同じ異聞帯のゼウスに仕える同僚。ストイックな彼については、普通に仕事上の関係といった態度で接している。

ヘラクレス
腹違いの兄弟。他のアルゴノーツ同様、力比べを挑んで返り討ちにされている。
神話においてはカストロがヘラクレスに武器の扱い方を教えた師匠であるとも。

ケイローン
兄カストロの師匠であり叔父。カストロに馬術を伝授した。

イアソン
汎人類史において兄妹が参加したアルゴノーツを率いた船長。
妹がそばにいる状態のカストロに「お前の話なら聞いてやらんこともない」、と対応される程度には二人に信用されている様子。

神話

リュンケウスとイーダス
ディオスクロイと同じく兄弟英雄で、アルゴノーツとして冒険を繰り広げた。
リュンケウスは大山猫のように非常に目が利き、イーダスはポセイドンから天馬の引く戦車を借り受けて乗りこなしたという逸話を持つほど、伊達に英雄は名乗っていない力量を持つ。
ディオスクロイと共にアルカディアで牛の略奪に参加したが、牛の分配で争いに発展し、人間であったカストロは彼らに殺されてしまった。

アミュコス
ベブリュクス人の王で、アルゴノーツの前に立ちはだかったボクシング王。
ボクシング王の二つ名に相応しい腕前だったが、ポルクスとのボクシングの試合に敗北して死亡した。

アシュヴィン双神
起源が同じだと言う説があるインド神話の双子神。名前も馬に関する言葉が由来となっている。
恐らくディオスクロイが古き双神とされる設定の元ネタになったのではないかと推測される。

余談

この双子は本作では兄妹で登場しているが、神話上においては兄弟(両方)である。ただし、タロット大アルカナの一つ「太陽」はディオスクロイを象徴としているとされるが、そこでは兄妹として扱われることがある。
また、ギリシャ神話では厳密に双子ではなく、「男女の双子が2組」の4つ子である。カストロにはクリュタイムネーストラーという双子の妹がおり、人間であるスパルタ王テュンダレオスを父親に持つ。ポルクスにはヘレネーという双子の妹がおり、彼らは大神ゼウスを父親にもつ。

ちなみに「パリスの審判」で選ばれてしまい、トロイア戦争を招いた一因となったのがこのヘレネーであり、クリュタイムネーストラーはそのトロイア戦争のアカイア軍側の総大将・アガメムノン王の妻だったりする。

カストロとポルクスは実装前まではカストール、ポルックスという表記だった。ケイローンのマテリアルにも「カストール」、イアソンのマイルーム台詞で言及された当初はポルックスで記載されていたが、実装にあたりどちらも変更されている。『Fate/hollowataraxia』でメーヴ表記だったメイヴなど、後年になって変更された例は数件あるが、同じ作品内で変更されたという例はかなりのレアケースである。

担当声優が実の姉弟であった事もファンから話題となった。

また、マテリアルの解説がホメーロスの諸神賛歌(沓掛良彦・訳/筑摩書房・刊/ちくま学芸文庫)から流用が見られた為に2020年5月現在、内容が修正されている。これに関しては運営は数名でテキスト制作を行っていたが故の伝達ミスによる物だとしている。

関連イラスト

双子座の兄妹
センシティブな作品


ディオスクレス・テュンダリダイ
ディオスクロイちゃんくん



関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt
神代巨神海洋アトランティス 星間都市山脈オリュンポス 内田姉弟

エウロペ/ケイローン/アストライア:黄道十二星座関係者であるサーヴァント達。アストライアは腹違いの姉妹に当たる。

ふたご座

関連記事

親記事

セイバー(Fate) せいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディオスクロイ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12200241

コメント