ピクシブ百科事典

アストライア(Fate)

あすとらいあ

アストライア(Fate)とは『Fate/GrandOrder』に登場する、レス…ルーラーのサーヴァント
目次[非表示]

「天秤の裁き、星の正義をここに。常世全ての善なる一端、アストライアと申しますわ。マスターたるあなたも、秤られる覚悟は良くて?」

プロフィール

クラスルーラー
真名アストライア
身長160cm
体重49kg
性別女性
出典ギリシャ神話
地域ギリシャ
属性秩序・善・天
好きなもの他人が大事にしているものを奪い取る時
嫌いなもの誇り無きもの
CV伊藤静
ILLUST東冬


概要

Fate/Grand Order』に登場するルーラーサーヴァント。レアリティは☆4。

ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトを依代とする疑似サーヴァントで、『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』とのコラボイベント「レディ・ライネスの事件簿」で初登場。また、イベント後に通常召喚のラインナップに追加された。

ルヴィアは聖杯との縁が薄いため本来なら疑似サーヴァントの依代に選ばれにくい存在のはずだが、イベントストーリー内の特異点でエルメロイⅡ世が宝具「出師表」を使ったことによって召喚された。
この宝具の本来の効果は「相手に必要な能力を付与する」というものだが、特異点や人理の危機というイレギュラーが作用して、彼に縁のある人物を呼び寄せた結果、疑似サーヴァントとして成立したのである。

その後、第2部第5章前編「神代巨神海洋アトランティス」でも登場。
汎人類史側のサーヴァントであるが、中立の立場を選んでおり、異星の神の使徒にもカルデアにも等しく助力する。

真名

落書きまとめ(ジャンル雑多)


源流はギリシャ神話におけるホーラ三姉妹のひとり。人類を天空から導き続けて来たの女神で、ゼウスとテミスの娘などとされるが、神話上の記述は少ない。

悪徳がはびこる鉄の時代となり、次々と去っていく神々の中で最後まで地上に踏みとどまって、人々に正義を訴えたという伝説。そして後には彼女の持った天秤が天秤座となり、自らは乙女座になったという話のほかは、ほんのわずかである。
しかし、後世になって、彼女や、彼女と同一視される母のテミス、ローマ神話のユースティティアには別の意味合いが与えられる。

正義の女神『レディ・ジャスティス』。
裁判所法律事務所などの前に、剣と天秤を持つ女神像を見つけたならば彼女たちのことだ。

ルーラー クラスカード


ルーラーのクラスカードに描かれている女性(女神)も、恐らくは同じ存在である。

人物

本来のアストライアは融通の利かない権能のような女神だったが、依代の少女に影響されて自ら人を導こうとしている。
公明正大で超然としており暴走することもないが、希少なものや貴重なものは自らが「保護」すべきと考えているためそこがトラブルの引き金になることがある。

また依代のルヴィアとはかなり相性がいいらしく、人格こそ女神側だが、憑依されてなお素のルヴィアとまったく性格が変わらないとのこと。
さらにプロレスを得意とするルヴィアの影響で肉体言語に目覚めており、不埒な相手には物理で説教しようとするようになっている。作中のバトルシーンでもプロレス技や宝石魔術を織り交ぜた派手な肉弾戦を披露している。

外見上の特徴として、依代のチャームポイントである金髪ロールの下半分が星空のような青に染まっており、憑依したアストライア当神は青髪である可能性が高い。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香A+A+DEXBA+


クラススキル

単独行動(A)マスター不在・魔力供給なしでも長時間現界していられる能力。Aランクならば、マスターを失っても一週間は現界可能
陣地作成(A)本来はキャスターのクラススキル。魔術士として自らに有利な陣地である『工房』を作成する。Aランクを所有するため、『工房』を上回る『神殿』を構築することが可能
女神の神核(B)生まれながらに完成した女神であることを表す固有スキル。神性スキルを含む複合スキル。擬似サーヴァントであるため、ランクはB止まりとなる


保有スキル

天秤の護り(A+)神霊アストライアの権能に由来するスキル。アストライアの象徴たる天秤がその身に宿り、裁かれるべき対象からの絶対防御を展開するスキル。しかし、憑依された人間の意向によって、肉弾戦向けのスキルに変更されてしまっている。つまりプロレスラーは倒れない
魔力放出(星)(A+)星乙女と呼ばれたアストライアならではの魔力放出スキル。神気と星気よりなる彼女の魔力は、あらゆる性質に変化可能なはずだが、憑依された少女の影響か、極めて攻撃的な性質に偏ってしまっている
星の裁き(A+)星の権能をもって、地上の人間はおろか、裁判の対象になった場合に限り、神霊にさえその裁きを受け入れさせる


宝具

裁きの時はいま。汝の名を告げよ(クストス・モルム)

天秤の女神


  • ランク:A+→EX
  • 種別:対罪宝具
  • レンジ:1~100
  • 最大補足:100人
裁定を下します。これはあなたの善の軽さ。そして、あなたの罪の重さ。さあ、覚悟は出来て?

本来の権能である天秤を実体化させ、裁くべき相手を星空の法廷まで連れ出し、その罪に応じた星屑を落とす宝具。
金星の概念を渾身の一打で打ち出すイシュタルに対し、アストライアは夜空に広がる幾多の星の概念を惜しみなくぶちまける。
...なのだが、依代の影響が強く出た結果、最後の一撃はアストライア自らが敵にバックドロップを仕掛けるというものになっている。
なお、「これはオマケですわ」と言う本人の台詞の通り、バックドロップは別に必須ではなく、イベント本編では普通に星屑だけで攻撃している。

Fate/GrandOrderArcadeではバックドロップではなく、星屑で攻撃した後に剣で両断するというものになっている。依り代の影響全開の本家とは違い、こちらは本来のアストライアに寄せた演出といえよう。

宝具名の「クストス・モルム」はラテン語で「正義(道徳)の守り手」を意味し、古代ローマでは議員などの不品行を取り締まる監察官の別名でもあった。ルーラーには相応しい名前と言えるだろう。

ちなみに宝具の真名に「。(句点)」が入るのは何気に初である。

ここに秩序は帰還せり(ヤム・レディト・エト・ウィルゴ)

センシティブな作品


我は招く星の法廷、我は掲げる断罪の剣
正しき裁きをここに、正しき赦しをここに

第二宝具。改変されたものを本来のあるべき姿、あるべき秩序に戻す効果がある。

宝具名の「ヤム・レディト・エト・ウィルゴ」はウェルギリウスの『牧歌』より、新たな秩序の成立を謳った第四歌の一節。「今やウィルゴ(乙女座の女神)は戻った」という意味で、この女神こそまさにアストライアである(※異説あり)。

ゲーム上での性能

最大HP11531
最大ATK9734
カード配分Quick×1/Arts×2/Buster×2
スキル1天秤の護りA+/味方単体の攻撃力をアップ&味方単体の防御力をアップ&味方単体のNP獲得量をアップ(3T)
スキル2魔力放出(星)A+/自身のArtsカード性能をアップ(1T)&スターを大量獲得
スキル3星の裁きA/<スターが5個以上ある場合のみ使用可能>スターを5個減らす【デメリット】&自身のスター集中度をアップ&自身のクリティカル威力をアップ(1T)&自身のNPを増やす(+20%)
宝具Arts/自身に無敵貫通状態を付与(1T、強化後に追加)&敵単体に超強力な〔悪〕特攻攻撃<オーバーチャージで特攻威力アップ>+スターを大量獲得


カード配分は《Quick:1/Arts:2/Buster:2》のセイバー型。
固有スキルと宝具によるスター獲得・集中・クリティカル威力アップ・Artsカード瞬間強化を主軸としたクリティカル戦法に特化したアタッカー。
運用方法の似通ったランスロットと同じく、クリティカルアタッカーとしては珍しく、味方の補助を必要とせずに戦える自己完結した性能が特徴。

「星の裁き」はコストデメリットがある分強力な上にCTも短く、そのデメリットも「魔力放出(星)」と宝具で補うことができる。スキル・宝具の回転率も高いため、継戦能力ならランスロット(セイバー)以上。
加えてルーラークラスであることから、回避・無敵を持たないながらも耐久性も高い部類。

宝具は上記の通り。特にBB(水着)殺生院キアラ(水着)にはクラス相性もあって特に刺さるため、戦闘の機会がある場合は凄女と並び主力になる。
2020年12月実装の幕間の物語で強化が入っており、基礎威力の底上げと共に無敵貫通の付与が加わっている。
ルーラー特権による1.3倍ダメージに「悪特攻」が合わさることで、等倍だろうと宝具Lv1だろうと、バフさえ持ってしまえば驚異のダイナマイトスープレックスを炸裂させる。
加えてArts攻撃&多段ヒットという特性上、バフの盛り方次第で短期間に連発が可能という、恐るべき回転率を発揮する。
しかしこの宝具の本領はスター獲得の方で、次ターンこの大量発生したスターを軸に味方全体のクリティカル発生を促し、さらにNP効率も一緒に上げるという一石二鳥の効果も付随する。Arts単体宝具でスター獲得が存在するのは、彼女と不死者となったヴラド三世の特権だったりする。

総括すると、高い爆発力を待つエースアタッカーと、味方全体のスター運用をさりげなく支えるサポーターの両刀をこなす器用さを持ったルーラー。
メインアタッカーとして暴れてもらうもよし、サブアタッカー&スター供給役としてパーティーを盛り立てるもよしと、見かけに寄らぬ才媛ぶりでマスターを支えてくれる。

難点を挙げるとすれば、素の攻撃力が低いこと。
クリティカルが出せない場合や特攻の掛からない相手への宝具攻撃となると威力の低さが露呈しやすい。
ルーラークラスなので弱点は突かれないことがほとんどだが、逆に相手の弱点を突くことも難しいため、彼女を運用するにはスキル・宝具のタイミングを見計らうことが勝敗を分けるだろう。
幸い、一人でスター生産からクリバフまで全ての工程をこなせる上、スキル上げもボックスイベントを狙えば難しくはないため、育てれば育てた分活躍してくれるだろう。

のちにアルトリア・キャスターという最高のセコンドが登場したことで、より高い爆発力を獲得。多少の上手だろうと、耐性と特攻とスター運用力を盾に縦横無尽の裁定を下すようになった。

関連人物

イシュタル
依代のライバルの姿をしているメソポタミア神話の女神。嫌味を言って煽るが、夏版の存在を知ると対抗心を燃やしマスターに自分の水着を要求してくる。
また、乙女座の元ネタになったのはイシュタルの方という説もある。

エミヤエミヤ・オルタ
依代が愛した「シェロ」の成れの果てたち。
マイルームボイスでは彼らに対して反応がある。

ケツァル・コアトル
同じく後天的にレスラー属性を得た正義の女神。
彼女のルチャ・リブレに対抗心むき出しのマイルームトークがあり、サンタVer.の場合クラスまで一緒となる。

エミヤ(アサシン)
かつて正義の味方を目指した男。イベントでは主従関係にあり、彼の初恋の人よろしく「ケリィ」と呼ぶ。
依代が愛した男の義父でもある(厳密には別世界の同一人物)。

ケイローン
同じく黄道十二星座関連者で、射手座その人。
アストライアの叔父でもある。

メディア
同じく黄道十二星座関連者で、彼女の持つ黄金羊の毛皮は牡羊座となった羊の毛から採れたもの。

アルテミスヘラクレスペルセウス
異母姉弟達。

その他

ハサン・サッバーハアサシンクラスの起源となったのと同様、彼女はルーラー(裁定者)という概念の起源となった存在であるという考察がある。

疑似サーヴァントの依り代が誰かについては(孔明司馬懿を除いて)これまでゲーム中では明言されていなかった。しかし、アストライアとイシュタルに関しては、司馬懿がマイルームボイスで「ルヴィア」「凛」と呼ぶという形で依り代の名前が明かされている。

余談

アストライアは乙女座や天秤座のモデルとなった女神だが、ルヴィアがメインキャラとして登場する『プリズマ☆イリヤ』シリーズの楽曲にも星座をテーマにしたものが多い。
また劇中の協力者は、別作品にて『天秤座』の名を冠し世界を護る超人秘密結社リーダー中の人が同じである。

関連イラスト

アストライア
センシティブな作品


センシティブな作品
アストライア



関連タグ

Fate/GrandOrder ルーラー(Fate) 疑似サーヴァント
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト

関連記事

親記事

ルーラー(Fate) るーらー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アストライア(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2092235

コメント