ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「はい、行きましょう。風と土と生命、歌と雨に愛された理想郷。多くの妖精たちが暮らす黄昏の島、ブリテンへ!」

プロフィール

真名アルトリア・キャスター
クラスキャスター
身長154cm
体重42kg
性別女性
出典アーサー王伝説、Fate/Grand Order
地域潮騒のティンタジェル
属性中立・善・星
好きなものチョコレート
嫌いなもの虫料理、アルビオンの竜
設定担当不明
ILLUST武内崇
CV川澄綾子


『選定の杖』と共に選ばれた予言の子。いずれキャメロットに至るまでの、合間と途中と隙間の姿。

概要

Fate/Grand Order』に登場するキャスターサーヴァント
レアリティは☆5で、2020年8月10日の5周年記念に期間限定サーヴァントとして実装され、これによりアルトリアは基本7クラス全てを制覇したことになる。

2020年7月30日に公開された2部後期OPにも後姿のみ登場しており、同じくキャスターとなったクー・フーリン同様、本作において何らかの役割を担う存在となる模様。

本編では2部6章妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェに登場。

真名

選定の剣』ではなく『選定の杖』と共に選ばれた、預言の子であるアルトリア。
災厄を撃ち払い、偽りの王を倒し、妖精と人間を従えた真の王になるという16歳の少女。
姓も「ペンドラゴン(竜星)」ではなく「キャスター(魔術師)」となっており、ある種の屋号を兼ねたものらしい。

「魔術なんかでお役に立てるなら」と発言しているが、これは彼女が生まれ育った第六異聞帯が神秘の行使に魔術を必要としない妖精の世界であり、魔術を扱う者は「必要のない無駄な準備をする変わり者」とされているため。

彼方の光🌟


第三再臨になると一気に王者らしく成長し、青セイバーに近い印象となる。第一・第二臨の彼女とはまるで別人のように写るが、思考・趣味趣向は同じである。

人物

セイバーのアルトリアと同様、生真面目で謙虚。
だが従来の彼女では滅多に表に出さない「少女性」「女性」を隠しておらず、結果的に騎士王見習い騎士の中間の様な状態となっている。

そのため性格はアルトリアの本質そのものであり、王としての使命と矜持に殉じるでもなく極端に何かに奔って暴走しているわけでもなく、素朴だが負けず嫌いで努力家な、「どこにでもいる当たり前の少女」としての性質を保っている。

魔力の研究に明け暮れて、少年のように野原を駆け回る、おてんばで純真爛漫な元気っ娘である。
なお後述の余談にある通り、健啖家であるのは他のアルトリアたちと変わらない様である。
セイバーのアルトリアがかつてトリスタンに「王には人の心がわからない」と言われたこととは逆に、妖精眼を有するため嘘や悪意を見抜くことができる。そのため、言葉の裏表を察することが否応なくでき、裏表が一致しない言動には嫌悪感を感じている。

ただ川澄氏によると今までのアルトリア派生とは根本的に異なるキャラクターらしく、その行動原理はどのアルトリアも共通だったが、彼女に関しては初めてその軸が揺らいだとの事。

事実、生前からオルタまで「王としての使命」へ殉ずる事に一切迷いの無かった今までのアルトリアと比べると、それ程の覚悟や自信がある訳ではない。

逃げようって言わないと
アルトリア・キャスター


託された使命に対して漠然とした負い目こそ抱いてはいるが、飾らない田舎娘そのままであるため、周囲からの期待を耳にすると恐縮してネガティブ思考に陥ってしまう。自分より立派に誰かを救える者を見ると、よしんば自分の代わりになってくれないかと思ってしまう程。

一見すると緊張感も責任感も欠いているように感じるが、ただの少女が突然重責を背負わされて放り出されたことを鑑みれば、その反応も決して糾弾すべきものとは言い得ない。
加えて、ある理由から自身の旅が決して報われない事も悟っており、よりモチベーションを使命感にのみ依存している要因となっている。

ちなみに料理はというと……6章後編でチョコを作るために、ここにある材料の全てを魔術で操作し、チョコレートにこれでもかと詰め込むという暴挙を働いた。しかもその理由が「せっかく用意してもらったのに、使わなければ勿体無い」という物であった。
その結果、チョコレートには膨大な魔力が注ぎ込まれ、材料は融合し、新たな生命として誕生を果たした。それも、殺人料理とかダークマターとか、そんなチャチなものではない世界を滅ぼす『厄災』として
なお、『弱火で10分? なら強火で2分でいいのね』と何処ぞの女武者と同レベルでもあった。
ちなみにバレンタインでは『魔術で作るものが全て剣の形になってしまう』という言及があったが、本編で魔術を使用して制作したのにも関わらず剣の形にはなっていないが…………?

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
主人公BDBABA++


キャスターに有るまじきバリバリの肉体派。攻撃の際に杖や大剣でアグレッシブに敵を殴る。こんなところまで師匠の真似をしなくても…。
しかし、他のアルトリアと比べて耐久はあまり高く無く、幸運も一つ下がっているようだ。

魔力はオリジナルと変わらずAランクを有している。
オリジナルは、心臓が呼吸をするだけで無尽の魔力を生産する「竜種の心臓」を持つ故のAランクだが、キャスターのアルトリアは妖精種の端くれとして生まれた存在である為で、竜種属性も持っていない。
ヒト科のサーヴァント特攻となる「ネガ・ウェポン」の攻撃に対して防御有利となる等、通常の人間の枠とは違うカテゴリーとして扱われている。
なおNPCでの彼女は妖精特性を保有しているが、プレイアブルのアルトリアは妖精特性がないのにも関わらずヒト科には該当していない。

彼女が有する『選定の杖』は、彼女の師であるマーリン異世界のマーリン二者の杖を複合化したような形状をしている。

保有スキル

対魔力(A)魔術への耐性。ランクAでは魔法陣及び瞬間契約を用いた大魔術すら完全に無効化してしまい、事実上現代の魔術師が彼女を傷付けるのは不可能。
陣地作成(EX)キャスターのクラススキル。宝具として持つ領域が該当しているのか、評価規格外となっている。
独自魔術(B)詳細不明。字面通りに捉えるならば、彼女が扱う魔術は、汎人類史におけるどの魔術基盤とも一致しない独自のものであるという事を示しているのだろう。
希望のカリスマ(B)予言の子として育てられ、旅立った彼女には人々に頼られ、期待されるカリスマが具っている。その効果は魔術師マーリンが見せる『夢のような戦意高揚』に近い。
湖の加護(A)湖の妖精たちによる加護。予言の子に与えられた祝福、あるいは誓約。
選定の剣(EX)選定の杖と共に選ばれた彼女が、最後に辿り着く在り方を示したスキル。


宝具

きみをいだく希望の星(アラウンド・カリバーン)


  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:0~50人
  • 最大捕捉:100人

『選定の杖』によって開放される、アルトリアの心象世界。共に戦う者たちを守り、強化する、楽園より響く鐘の音。
その名前の由来を、たとえ本人は知らずとも。

発動と共に楽園の花園にも似た、百花繚乱の丘が広がる。
花園の中心に立つ『選定の杖』にアルトリアが触れることで、「対粛正防御」結界が展開され、自陣営に加護を与える。

対粛正防御とは、英雄王の「エヌマ・エリシュ」のようなワールドエンド級の攻撃も防ぐことが出来る最上級の防御。
今のところ使えるキャラクターはアルトリア・キャスターとセイヴァーオジマンディアスだけ。
その力は、汎人類史側の彼女が持つ聖剣の鞘に酷似する。

真円集う約束の星(ラウンド・オブ・アヴァロン)

Round of Avalon


  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:
  • 最大捕捉:

第三再臨のみ宝具がこちらに変化し、映し出される心象世界もそびえ立つキャメロットの城壁となる。
どちらでもBGMは共通である。

ゲームでの性能

最大でHP:14406/ATK:10546の耐久型。オリジナルから数値を1000前後ダウンさせたバランスとなっている。
カードも《Quick:1/Arts:3/Buster:1》と典型的なキャスター型。
クラススキルの恩恵で弱体化に強く、Artsカード性能も良好。

性能を総評すると、マーリンスカサハ=スカディに並ぶ本ゲーム中最優秀クラスのサーヴァント
特に、ゲーム中盤から重要になってくるコンテンツ「クエスト周回」においては彼女がいるかいないかで難易度がケタ違いに変わってくるため、ピックアップガチャでは最優先で引き、最優先で育てたいとされるサーヴァントと言える。

スキル上げが必要であるが、全体攻撃バフ(3T)+NP(20%〜30%)アップの「希望のカリスマ(B)」、味方単体のNP(10%〜20%)を増やし、味方全体のNP獲得量をアップ(3T)の「湖の加護(A)」、味方単体のArtsカード性能をアップ(3T)+人類の脅威特攻状態を付与(3T)+無敵状態を付与(1T)の「選定の剣(EX」)と、NP獲得に関連するスキルが豊富に揃っている。
特に「希望のカリスマ」+「湖の加護」で、最大50%のNPを味方単体に供給可能という、諸葛孔明スカサハ=スカディクラスの供給量を誇り、そこに「湖の加護」と「選定の剣」でArtsを強化する事でさらに大きくNPを稼ぎ出すことが出来る。

「選定の剣」で「人類の脅威特攻」をスキルで任意のキャラに付与できるのは初めてである。
「人類の脅威」はこれまで「対粛正宝具そのもの」であるエルキドゥ謎のヒロインXXのみが所持する希少な特攻だったが、これより誰にでもこの特攻が使用できるようになった。(エルキドゥのものは設定上は人類悪にも有効だが、ゲーム上は人類の脅威特攻として「領域外の生物」つまりフォーリナー空想樹とその種子、メカエリチャンなどが対象となる。現時点では「人類の脅威」特性持ちが少ないため現時点では発揮する機会が非常に稀ではある。今後のストーリー攻略で有効になってくると期待される。
もっともキャス狐に並ぶトップクラスのArts強化機能が本体といえるため、特攻は刺さる相手が出てきた時の編成の選択肢程度に考えておこう。

宝具は「きみをいだく希望の星(アラウンド・カリバーン)」。
第三再臨にすると「真円集う約束の星(ラウンド・オブ・アヴァロン)」となり、演出も変わる。
性能は【味方全体の攻撃力をアップ(Lv1~/3T)+弱体状態を解除+対粛正防御を付与(3T・1回)】。
回数はオーバーチャージによって増加し、MAX500%で5回まで増やせる。

“対粛正防御”は無敵貫通を無視してダメージを0にする事が出来るため、あの最難関とされた神ジュナの無敵貫通高火力攻撃や、開幕直後に無敵貫通付きの超火力宝具を放つゲーティア及びキリシュタリア、無敵貫通と防御無視を併せ持つ「快楽天・胎蔵曼荼羅」なども完全に無効化する事が出来る。

なお、無敵・回避とは重ねる事は出来るが、対粛正防御>無敵>回避の順に優先して処理されるため、1ターン持続型の無敵・回避との併用には注意して立ち回りたい。
何気に付属する攻撃力アップがLv1時点でAランクの「カリスマ」系スキルを上回るほど高性能で、宝具Lvアップに対する恩恵も分かりやすい。

なにより弱体解除が対粛正防御の前に入るため、攻撃力アップを強化無効で弾かれようと、直後に弱体解除が入るお陰で対粛正防御はしっかり機能してくれる。
ただし唯一、ストーリー途中で「負けバトル」として食らって全滅することになるアトランティスでのキリシュタリアの『冠位指定/人理保証天球』だけは対粛正防御さえも貫通してダメージを与えてくるため防げない(負けバトルでない方のキリシュタリア戦では防げる)。

総じて「味方NPの効率化に秀でた攻勢サポーター」であり、回復以外の大体のことを雑にこなせる器用万能タイプといえる性能をしている。
高難易度での無敵貫通メタはもちろんのこと、NPの効率化を主眼に置いた周回プレイでも十分な戦績を残してくれる。宝具も対粛清防御目当てでなくとも、Arts属性で攻撃力アップ効果がある点を踏まえると、後続の手札にバトンを繋ぎやすい特性を持っている。

特筆すべきはやはりこのNP効率で、これまでArts宝具による周回システムが不可能だった一部の面々さえシステムの構築を可能にするという、強力な増強効果を有する。

陳宮システム改
持ていないから他人の投げ出すの件


...言うまでもなく、某外道軍師と凄まじく相性がいい。

課題は耐久を支える防御バフが「対粛正防御」と味方単体への無敵付与のみで回復手段を一切持たないという、守りの薄さ。もっとも、そこまでできてしまうとバランスブレイカー一直線なので、他のサポーターと連携することで補いたい。
特にArtsサポートではキャス狐、耐久ではジャンヌ(裁)と相性が良く、キャス狐はやや長めのアルトリアのチャージターンの短縮で援護し、ジャンヌは全体無敵化と合わせればより堅固な守りを築いてくれる。

そしてバッファーの宿命として、強化解除には要注意。強化解除耐性が付与できる味方が欲しいところだが、現状では数が少なく、そのほとんどが期間限定召喚の対象であることが多い。その中でも紅閻魔紫式部は、味方全員に強化解除耐性をばら撒けるアタッカーであり、さらに双方ともArtsを主体としつつNP効率を加速させる手段を持つため、抜群の相性を誇る。

幸い、スキルLv強化で要求される素材も、「恒星のカケラ」10個×3と「真理の卵」11個×3を除けば、1部のものばかりでドカ食いすることは無い。「真理の卵」は競合率が高いのでこれの捻出が課題だが、それさえクリアできれば、一気にスキルLvMAXまで持っていける。

当人の自覚の無さとは裏腹に、間違いなくトップクラスの後方支援役の素質を秘めており、今後のストーリーとの絡みも気になるが、召喚に成功したなら早速その研鑽の成果を披露してもらおう。

ちなみに彼女の登場で元々周回適性が見出されていたサーファー姉を名乗る不審者の他にも、水着剣豪七色勝負の元凶不夜キャス、紫式部、サリエリ先生アルゴノーツの船長が再評価され周回アタッカーとして抜擢されるようになった。特に二天一流夏の盛スペース新陰流は、実装当時から存在していた上、それぞれバーサーカー、アヴェンジャーと、相手クラスを選ばず出撃できる(更に言うと高難易度クエストの速攻クリアなどでも活躍できる)ため、頭一つぬけたトップアタッカーとして環境の頂点を極めることとなった。

しかしながら、全体Arts宝具持ちが全員恩恵に上がれるわけではなく、最初に即死判定が入るニトクリス(術/殺)とエリち、そもそも1hitの両儀式(剣)と酒呑童子のようにシステムには不向きな鯖もいる。
実装後に追加された殺生院マダムは最後に即死判定が入るためスキル2の使用で辛うじてシステム化は可能で、VR新陰流開祖は他にサポート鯖を組み込むことで可能とのこと。

アタッカーに装備する礼装として回転率を重視する場合はコストも低く凸ると3ターンのみアーツ40%の星4礼装「毒蛇一芸」、火力を求める場合は黒聖杯の他2019年正月イベント限定星5礼装「笑顔のしるし」が採用されている。

関連人物

マーリン
魔術の師匠。彼もまたキャスターでありながら杖で叩き聖剣を振り戦う。彼女の世界でも何一つ変わっていないようで、振り回されているであろう主人公に同情していた。
直接的な面識はなく、寝てる時に夢を通して魔術を教えられていた。
第三臨の状態では「ごめん、任せた」と言ってキャスパリーグを押しつけられた事を根に持っており、次に会う時は斬首するつもりで、死ねないマーリンを処する術式を編み出した模様。

ガレス
異聞帯では同じ妖精種で、勇者じみた宿命を持つ自身に憧れ押しかけ従者となる。
汎人類史の人間である彼女が円卓の騎士であったことには驚いて喜び、甲冑姿のかっこよさに目を輝かせている。

メイヴ
アルトリアが知っている高慢ちきな妖精とほとんど変わらないのだと言う。チーズケーキを持っていってあげようとか。やめて差し上げろ。
後世の伝承ではメイヴはマブと呼ばれ、妖精の女王とされていた。

アーサー王
予言の元に『選定の剣』に選ばれ、王としての道を進むはずだった彼女本来の姿。
彼女は、誰よりもその人物について良く知っている。
だが、両儀式「両儀式」よろしく、その存在を知覚出来ないらしい。
本編で汎人類史の自分の経歴を知った時は、自信の無い自分とのギャップに驚いていた。
しかし「巡礼の鐘」を鳴らし始めると、彼女の独白にて「冗談じゃない」とブリテン統治に身を捧げた生き方を全否定しているが…

旧セイバー
現時点での関連性は不明。しかし第二宝具発動時、聖剣がとある男性の手にある事が判明しており、候補の一人と目される。

藤丸立香
自身の世界にやってきた異邦者。
同じく覚悟も自信も才能も無い庶民の一般人でありながら、救世の大役を背負わされている事にシンパシーを感じており、そういった意味では先輩とも言える。
そしてある意味他の誰もを通り越して、彼/彼女が抱えていた闇の根源までもを理解する立場になった。

千子村正
ブリテン異聞帯に乗り込んできた異星の使徒。紆余曲折を経て、モルガン打倒のために行動を共にする。
『stay night』の彼の依代とは関係性と行動が逆転しており、さながら反抗期の孫とその祖父のような関係性である。
なお彼女が劇中で言い放った「村正ァ!」の叫びを、きのこ本人が竹箒日記で率先してネタにしている。

妖精騎士ガウェイン
かなり雑な態度で接している。当のガウェインの方は面識がないらしいが…?

余談

名にアルトリア・キャスターという、まさかのクラス名まで入っているため、ファンの間では略してキャストリアと呼ぶ人も多い。

『コンプティーク2007年10月号Fate道場』では「魔術は王の道ではないのであり得ない“if”ですが、仮にアルトリアが魔術の修行をしたら…。あまりのまわりくどさに日々機嫌を悪くし、半年後には辞めている可能性大。なので、一人前になることすら難しいと思われます」と、過去に言及されている。

前提として王の道に魔術が不要なことから、そもそも魔術を学ぼうとするきっかけ自体がなく、ifの世界線で学ぶことになったとしても性格的に長続きしないというもの。
しかし、殆どのクラスのアルトリアが魔力を「B」以上のステータスで有していることや、彼女宝具の1つは所謂強力な魔術であり、これを使いこなしていることから、魔術の才能自体はある程度持っていたのだろう。
こちらのアルトリアは剪定事象に至るほどの何らかの差異により、才能を使いこなす方向性が異なったということだろうか。

汎人類史のアーサー王、アルトリアと同じく、予言の元に現れ、選定の杖(剣)を抜いた存在という点は一致している(若干の疑問あり。後述)。第3再臨時の宝具の際に、頭に王冠をのせ円卓の守護者(騎士達のことだろうか)を束ねているアルトリア・キャスターだが、どうやら円卓を束ねるトップという点に置いても同じようだ。
「予言の子」「選定の杖」といったモノを有する彼女だが、王特攻・竜特攻どちらも刺さらなくなっているため、竜の因子には関わりがなく、ブリテンの王ですらない可能性が高い。この辺りも今後明かされるのだろうか。

なお、マテリアルの「杖と『共に』選ばれた」という表現は、単純に「汎人類史での剣のように『選定の杖』を抜いたことで何らかの資格を得た」と解釈するにはいささか不自然なものがある。この奇妙な説明に何らかの裏の意味があるのかどうかも、今後の情報待ちと言える。

このアルトリアはオリジナルと同じ容姿だが選定の剣を抜いていないことや、男装する必要がないからか、髪の毛が長く(オリジナルは肩下ほどまでしかない)アルトリアシリーズ初のツインテールである。髪の長さは彼女の腰まではあると思われる。

彼女のレベルアップボイスにて種火がサーヴァントにとって食べ物として認識されていることが明言された(もともと示唆している人物は居たが)。
単に経験値の供給法の一つとして口に運んでいるのか、それともパンやクッキーと認識してもしゃもしゃしているかは定かではないが……(汗)。

我慢できなかったアルトリア・キャスターさん


ちなみに、種火の味はボソボソとして味気ないらしく、マスターに味付けを要求している。

嫌いなものとして挙げられた「アルビオンの竜」については2部6章後編にて正体が明かされたものの、現状、なぜ嫌いなものに挙げられているかは不明。

マイルームの会話によると「カルデアという組織のことは知っていた」とのことであり、プロフィールにもいわば「先行実装」的な形をとった旨の記述が存在する。
年代も場所も違うはずの彼女が何故カルデアを知っていたのかについても、今後明かされるものと思われる。

彼女の実装により多くの人が知るところとなった「対粛正防御」という言葉だが、「粛清」ではなく「粛正」なので注意。

マイナー武器に関する余談

スキルや攻撃時に「シャスティフォル」、「セクエンス」(第1から第2再臨)
前者2つに足して「スピュメイダー」、「マルミアドワーズ」、「カルンウェナン」(第3から第4再臨)
の名を呼んでいるが、これはスピュメイダーを除いて、セイバー時分でも持ってこれなかった刀剣の名前である。

実際にマテリアルでも元々は伝承通りの剣であり、第3再臨後のアルトリア・キャスターはこれらを魔術触媒として使用できるようになっている/しているとの事。これに関しては『聖剣の騎士としての概念』が具現化したという事情が絡んでいるらしい。いわゆる聖剣版のコンプリートフォームグランドジオウ

ここだけ聞くと明らかにクラス違いなのではないかと思われるが、キャスターはスキルに陣地作成を持っている(領地を治める側面としての)王を思わせるクラスでもある為、キャスターを名乗っていても間違いではない…はず。

伝承によるとこれらの武装の詳細は次の通り。

シャスティフォル
見習い時代のアーサー王が帯刀していた剣。

マルミアドワーズ
ヘファイストスが鍛え、ヘラクレスが使ったとされる刀剣で、威力だけはエクスカリバーよりも強いとのこと。アーサー王はこの大剣を手に入れた後はこちらを使用し、ガウェイン卿に聖剣を貸すこともあったそうだ。
マテリアルにおいては伝承通りの神話礼装となっており、第三再臨の武装もこのマルミアドワーズに変化。
余談だが、ヘラクレスは基本七クラスに関してはキャスター以外術他のクラスの適性を持っていると設定されており、もしセイバークラスで召喚された際には宝具としてこの剣を持ち込む可能性が高いと思われる。

セクエンス
決闘でのみ使用を許される剣。カムランの丘に持っていく予定だったらしい。反転した水着メイドはこの剣を魔術で銃に改造して使用している。

スピュメイダー
ラムレイ、ドゥン・スタリオンと並ぶアーサー王の乗る馬の名前。マテリアルでは剣としてカウントされている。

カルンウェナン
使用者を影に潜ませる事の出来る剣。

これらに加え、宝具の名前がかつて失われた「カリバーン」であるなど、セイバー以上に剣士を意識した武装になっており、ファンの中には彼女こそがグランドセイバーなのではないかと考察する人もいる。(モードレッドの手に渡ったクラレントはともかくとして、エクスカリバー(とその)だけは所持していない為、エクスカリバーが今後のキーワードになる事が窺える。)

関連イラスト

アルトリア・キャスター
🌈5周年の魔法少女🌸


花
キャストリア


キャストリアさん
アルトリア・キャスター


アルトリア・キャスター
アルトリア・キャスター



関連タグ

Fateシリーズ Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt 星の生まれる刻
サーヴァント キャスター(Fate)
アルトリア・ペンドラゴン 魔術師

ルナメタル:攻撃モーションの一つがあちらの使用する技とそっくり。

外部リンク

アルトリア・キャスター - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

アルトリア・ペンドラゴン あるとりあぺんどらごん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルトリア・キャスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28132380

コメント