ピクシブ百科事典

星の生まれる刻

ほしのうまれるとき

『Fate/GrandOrder』における第2部「Cosmos in the Lostbelt」の第五シナリオの副題。
目次[非表示]

概要

ロストベルトNo.Lostbelt No.6
分岐基点時代A.D.0500
異聞深度EX
場所ブリテン?
キーキャラクター???
クリプターベリル・ガット
章クリア報酬概念礼装(未定)
シナリオ担当非公開


ゲームにおいて

Fate/GrandOrder』における、第2部「Fate/Grand Order - Cosmos in the Lostbelt -」第六シナリオの副題。ロストベルト名は「⬛⬛円卓領域 ⬛⬛⬛⬛⬛・⬛・⬛⬛」と半分以上が伏字となっており、詳細は不明。
奇しくも第1部6章「神聖円卓領域キャメロット」と同じく「円卓領域」の名を冠し、舞台に対する評定も同じEXランクのロストベルト。このロストベルトでは円卓の騎士があった時代、即ちアーサー王伝説時に「神聖円卓領域キャメロット」の発端となったある失敗以上の何かが起こったことで分岐した現在となっている模様。
クリプター達は神代の復興を目的としているが、ブリテンには聖槍の本体である最果ての塔が存在しており、クリプター達の目的の達成が容易い意味でかなり危険な異聞帯となっている。

担当クリプターであるベリルによるとNo.7共々相当酷い所らしく、「原始的」かつ「あれのどこが『あり得たかもしれない人類史』なんだよ」というほどで、襲撃者を返り討ちにして殺傷しても即座に次の襲撃者が殺しに来る魔境となっている。

No.2突入前の時点では他の異聞帯以上に観測が困難を極める「暗黒地帯」であり、他の異聞帯が輪郭程度は本来の地理的形状を推察可能なのに対し、ブリテン島周辺は地形の輪郭はおろか全てがシャドウボーダーでは観測不能であり、No.3突入前の段階においてもなお警戒されていた。ノウム・カルデアではこれを「光の壁」に覆われているという表現で説明している(嵐の壁の有無については第3章冒頭の時点では語られなかった)。

異聞帯は通常、汎人類史への危険度&相違点の度合いに応じた異聞深度というランク付けができるのだが、この異聞帯は深度の計測が出来ない(表にてEX表記されているのはあくまでPVによるもの)。これは異聞帯そのものが惑星に馴染めていないため。

No.2をカルデアが攻略中の時点でも既にベリルでは維持することで精一杯の消えかけの状態になっており、No.3突入前の段階では人理が崩壊寸前になっているうえ残り数ヶ月でこの異聞帯から人類は絶滅するとみられている。
異星の神の使徒であるアルターエゴがいない時を狙ってかと思われる状況で交わされた会話によると、ベリルの「人間狩り」はキリシュタリアの指示によるものらしく、一見すると異聞帯の自滅に直結しかねない自殺行為に見えるが、実のところ計画の上で行っているようだ。

登場候補としてはFateシリーズおなじみのアルトリア冥界のメリークリスマスで再びの再会を示唆したマーリン等の円卓組、更には並行世界中を旅し続けている異世界の騎士王であるアーサー等。
更にはグランドオーダーの中で既に顕現していると言われているモルガンアグラヴェインや第6特異点では既に脱落済みであったケイガレス、アーサー王伝説当時に敵対していたローマ皇帝ルキウス・ヒベリウスなどの実装が期待されている。
他にはモードレッドからはエイリアンだと言わしめたピクト人、フランチェスカからすれば大蜘蛛ブリテンの魔猫と同列に挙げられる「ピクト人の王様」という明らかに危険な存在も出るかと思われる。

登場人物

“野蛮人”(CV:???)快楽殺人犯(CV:???)異聞帯の王(CV:???)
無題
ベリル・ガット
無題


関連項目

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt
特異点(Fate) 異聞帯

前後のストーリー

BackNext
星間都市山脈⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛円卓領域⬛⬛⬛⬛⬛・⬛・⬛⬛⬛⬛樹海⬛⬛ ⬛⬛⬛・⬛⬛⬛⬛⬛

pixivに投稿された作品 pixivで「星の生まれる刻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4977

コメント