ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「人間の血を吸って何が悪い!生ける屍にして何が悪い!」

プロフィール

真名バーヴァン・シー
身長170cm
体重54kg
属性混沌・悪・地
出典イギリス妖精史、及び異聞帯ブリテン
地域妖精國・ダーリントン付近
イラスト望月けい
CV和氣あず未


概要

Fate/GrandOrder』第2部第6章『妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ』にて登場した妖精騎士トリスタンの真名。

真名

悲しみの子など偽りの名。其は男を誑かして破滅に追いやる吸血妖精「バーヴァン・シー」。
汎人類史の伝承ではスコットランドの高地地方に伝わる妖精で、孤独な男を誘惑し、血を啜って無残に殺してしまう存在。

バン・シーという名前の似たという妖精も存在するが、両者は全くの別物である。
これは、北欧の妖精はバーヴァン・シーのほか、ケット・シークー・シーリアノン・シーなど、名前に「〇〇シー」とつくものが多いため。
ちなみに、「シー」で「〜の妖精」という意味になる。


同時期の妖精サーヴァントに共通することだが、本来は「種族」を指す名称であり、英霊に昇華される「個人」を現す名では無い。これは同異聞帯における妖精種の在り方が関係している。

本来ならバーヴァン・シーは緑色のドレスを履いているが、本人曰く「上品すぎて履いてられねーよ」とのこと。また、鹿の足を持つともされるが、どう見ても足の形状は人間のそれであり、鹿の要素は第1再臨のブーツの爪先に蹄の要素が見られるくらい。

容姿/人物像

センシティブな作品センシティブな作品


本人が公私共に平常運転なので、性格は妖精騎士トリスタンの時と全く変わらないが、バーヴァン・シーとしての正体を表した際の姿はSM女王様を思わせる露出度の高い服装に変化する。
頭には黒いローブを被っており、どことなく『Apocrypha』に登場したモルガンを思わせる。


センシティブな作品
逃げないで


ところが、第三再臨に霊基再臨するとそれまでの自信満々で他者を煽りまくる態度は何処へやら、貴婦人を思わせるがボロボロな衣装となり、虚ろな目の周囲には深いクマやアザ(まるで壊死しているかの様とも言われる)が出来、セリフも卑屈で弱々しい狂人じみたものに変化(ストーリー本編のある場面では第二再臨の状態で第三再臨のセリフを発する)。

目の黒いアザはさながら泣いているように思え、この点で言えば「悲しみの子」のトリスタンらしくなってはいる。
さみしがり屋な本音を吐露し、食事が人間の真似事であるはずの種族な妖精でありながら、人間のように「空腹」を訴えたりと、見るも痛ましい姿に落ちぶれてしまった。

セリフの端々から記憶能力が半壊しているのが窺え、マスターに対しても「見知らぬ人」と発言したり、何かを思い出したと思った直後に忘れる等非常に不安定。
戦闘勝利後のボイスの一つは特に悲惨で、最初は呆けているのだがやがて発狂したような悲鳴をあげる。これのどこが勝利ボイスなんだと思わせ、声優の演技と相まってあまりにも痛々しい。

最終再臨まで進めると、こうなった経緯を思い出したらしく怨嗟を挙げるのだが…。

総じて「誰がここまでしろと言った」「わからせってそういうのじゃない」と多くのユーザーから思われ、本編でヘイトを稼ぎながらも、その末路に戦々恐々される奇妙な状況を生み出す事となった。

余談

吸血妖精として伝承されている彼女だが、クラスがアーチャー、おまけに属性が「悪」なので、吸血鬼の汚名を背負わされたランサー宝具の格好の餌食になってしまう。

宝具の連発を狙うのであれば等倍ではあるものの(防御面では有利)、悪特攻宝具を持ち、キャストリアとも相性のいいアストライアを使うのも良い(クリ殴りを狙えるのも大きい)。
また、母上の宝具も妖精特攻を持ち、相性も有利だが、こちらは対軍宝具なので宝具レベル次第では威力に差が出やすい。なので、威力や安定性を狙うのであれば前二者を取ると良いだろう。
もし、属性が属性だけに彼女がランサーだったら、混沌・悪特攻を持つ紅閻魔にいとも容易く切り捨てられていただろう事は想像に難くない。

「月の光を好む」、「精霊種と妖精には深い関わりがある」、「吸血を行う」などどことなく「月姫」を連想させる要素が多い。

また、スキルになぜか魔猫の名を冠する「グレイマルキン」が存在しており、これが彼女本来のスキルであると解説されている辺り、本当は「バーヴァン・シー」ですらないのではないかとファンから疑惑の目を向けられている。

なお一部の界隈からは、「服装の趣味(槍エリ3臨と彼女の初期衣装、槍エリ1臨と彼女の2臨、殺カーミラと彼女の3臨)」「加虐趣味」「悪事を悪意以外によって行う」等の諸々の共通点、カーミラ(殺、騎)、バーヴァン・シー(弓)、ハロエリシリーズ(剣、槍、術、アルターエゴ×2)を合わせると(狂以外)丁度全てのクラスが埋まる事から「今年のエリちゃん」と冗談めかして語られる、ネタにでもしないとやってられない悲惨すぎる境遇というのもあるが。

関連タグ

Fate/GrandOrder アーチャー(fate)
わからせ:第三再臨の惨状をこう評する声も。それにしてはやりすぎな気もするが…。












2部6章24節の重大なネタバレを含みます
























このブリテンで、唯一、唯一——おまえだけが、私に感謝をしてくれた。
必ず救う。おまえだけは必ず救ってみせる。
次代のおまえが妖精どもに拾われる前に、必ず見つけ出す。
そして———今度こそ、幸福に。

悪逆に生きるがいい。残忍に生きるがいい。おまえはそうでなければ生きられない。
たった一度。たった一度でいいのだ。おまえが幸福である生き方ができるのなら——————
私はその為に、私の夢を捧げても、良い。


その本性は、どこまでも善良であり純粋。
ブリテンを平和にしようと尽力しても多くの妖精に裏切られ、絶望し擦り切れていくトネリコ=モルガンに対し、彼女が魔女であった時からずっと感謝し続けた唯一の妖精。
だが、善良すぎるが故に他の妖精に好かれすぎて、使い潰されボロボロになって捨てられて死に、次代として再発生しても変わらない善良さ故に同じ道を辿り、モルガンが再発生後に急いで彼女を見つけても既にボロボロになることを繰り返していた。
純粋に善を、そして悪を楽しむ妖精の中で、他にないその純粋な善性は、「汎人類史のモルガン」から受け継いだ夢すら超えるくらいに、妖精を救わないと決意したモルガンの心の助けとなっていた。

そして100年前、今代で最後となるほどに死に過ぎた彼女がこれ以上酷い目に遭わないようにするために、モルガンがトリスタンの霊基を着名させた上で加護を与え、同じ道を辿らないようにするために真逆の道を行くように教育された。それが今の暴力的で加虐的な性格である。
正しく言うなら、全ての妖精に嫌われるほどの暴力的で加虐的にならないと、彼女は生きていくことができない、モルガンはそう考えたのである。(本来の性格からかけ離れざるを得なかったという点では第六特異点でのトリスタンと似通っている)

だが、妖精國ブリテンの妖精は、本来のあり方を変えることのできない存在でもある。
どれだけ悪逆に生きても彼女にはその意味を理解できず、どれだけ残虐に生きても嘘をつくこともなければ他人を騙すことも心から恨むこともできない。実際、アルトリア・キャスターは、彼女が正直者であることを妖精眼で見抜いており、また大穴に落ちていく際も妖精たちを恨むのでなく、自分が動けなかったことを悔やんでいる。

そしてその末に、彼女は絶対的な女王モルガンの唯一の失点となってしまった。モルガンの特別な存在のためにとった行動は、夢=ブリテンを終わらせる一因となったのである。

また、召喚時には自分を「正義のミカタ」と名乗るが、前述の経歴などから他者に対して献身的であろうとした抑止の守護者と重なる部分がある(尤も、彼が殺しを行うのは抑止の守護者として課せられた「任務」である為なのだが…)。この他にも被害者から加害者に転じた少女才能を持つ者に対してコンプレックスを燻らせている少年の要素が見て取れる。

なお、前述のスキル名「グレイマルキン」とはかつて彼女を召し抱えていた旧ダーリントン領主の名前であり、グレイマルキンの“動く屍を見てみたい”という身勝手な好奇心からバーヴァン・シーはひとりの人間の血を吸い、領主グレイマルキンはそれをダーリントン地下でネズミ算式に屍人化させて増やし、結果的に溢れだした屍人による「蘇り」事件によって領地もろとも滅びる惨状を招いてしまった。それを彼女は、悪逆に生きる今代となっても、自分の手足が腐り落ちても、自分ではなく彼らを「助けてあげて」と叫んでいた。


だが、最終再臨において彼女は、妖精と人間に対する恨みを猛烈に発露させている。こわいかみさまの影響か、それとも他の何かに本質を変えられたのか。真相は25節以降で明らかになるかもしれない。




裏関連タグ
モルガン(Fate):バーヴァン・シーにトリスタンの名を与えた冬の女王。前編配信時では肉盾にする説や何らかの生贄説が出ていたものの、蓋を開けてみれば何より深くバーヴァン・シーを愛していた妖精。自身に唯一感謝してくれたバーヴァン・シーのためだけに、モルガンは妖精國を優しく設定し、笑いを、楽しさを、繋がりを、発展を許した。だがそれゆえに妖精たちによる反逆を許してしまい、さらにバーヴァン・シーへの愛が彼女に隙を生み、死をもたらしたのだった。

ウッドワス:牙の種族の長。かつての戦績を知らないバーヴァン・シーからはロートル呼ばわりされ、そんな彼も彼女を下級妖精と罵っていた。また、戦闘能力も、戦闘して抵抗するという考えも持てない弱い妖精と、亜鈴百種の排熱大公でありモルガンよりも強い可能性すらあった極めて強力な暴力の化身、という全く逆の存在でもあった。しかしそんな関係性でありながらも、モルガンそのものに忠誠を誓っていた2人であり、また妖精でありながら自分の本来のあり方に逆らおうと懸命に努力し、最後にはその純粋さゆえに他の氏族長と人間に利用され、愛するモルガンの死を招いてしまうという点で似たもの同士でもある。

ベリル・ガット:異聞帯において行動を共にする機会が多かったクリプター。後編において、彼の祖母が開発したという「使用者の魂を腐らせる呪術」のスケープゴートにされてしまう。その影響なのか、強力な呪具である「失意の庭」に不用意に接触したからなのか手足が腐り落ち、自立歩行すらままならない状態になってしまった。第三段階以降の悲惨な姿は、この事実も関係しているのかもしれない。

関連記事

親記事

妖精騎士トリスタン ようせいきしとりすたん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バーヴァン・シー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10468115

コメント