ピクシブ百科事典

オーロラ(Fate)

ふぇいとのおーろら

オーロラとはFate/Grand Orderの登場人物である。

概要

2部6章妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェの登場人物。
美しい女性の姿をした妖精。温和で人間に対しても好意的な態度で接する。珍しいものを好む。
妖精國における六つの氏族「風の氏族」の長でソールズベリーの領主。

主だった人物関係としては、牙の氏族の長ウッドワスから好意を抱かれており妖精騎士トリスタンからは嫌われている。
諸事情からキャメロットへの出入りが禁じられているため、会議には通信という形で参加している。
訪れたばかりのカルデア陣営をある程度助けたこともあるが、女王モルガンへの叛意と看做されればソールズベリーともどもひとたまりもない内容の発言をしており、特に妖精騎士トリスタンからは反女王派に加わって討伐される口実が成立する機会を密かに狙われている立場にある。
オベロンからは汎人類史の妖精に最も近いと言われている。

関連タグ

Fate/GrandOrder 妖精
























前編の公開時点では穏当な人物であるかのように見えた彼女だが、後編の公開で明かされた情報をあわせることで、不穏な側面が見えつつある。

  • オベロンが言った汎人類史の妖精に最も近いということは、妖精達の宴に取り囲まれながらも武器から絶対に手を離さないほどにトリスタンが危惧し警戒していた、気まぐれに善行も悪行も無邪気に行う、人間の常識が通用しない存在と言える。
  • コーンウォールでの追放された妖精達が集まる村ではかつてオーロラに仕えていたハロバロミアもいた。
  • 妖精國では誰もが正体不明の大穴に近づきたがらず、無意識に避けてるのに、大穴を常に監視する形で建築されている罪都キャメロットを除けば最も大穴に近い位置にソールズベリーの街を構えている。
  • ソールズベリーの法に、独立権のない人間を脱走者あつかいでベリル統治のニュー・ダーリントン送りにするというものがある。基本的に各々の都市が独立している妖精國において、都市同士で人間の引き渡し条約が結ばれていることは異例であり、統治者同士すなわちオーロラとベリルの繋がりが示唆されている。
    • ベリルが5章の定例会議で語った「グラビティなお姫様」の特徴にはオーロラにも該当するところが無くはない。素直に読めば妖精騎士トリスタンを指すと考えられるが、ミスリードの可能性もある。もっともこれについては、オーロラがあくまで氏族長であり王族に連なる者ではないことを踏まえると線は薄いか。
    • ノリッジが厄災に襲われた場合の住民避難先についてキャメロットで会議が行われた際、ニュー・ダーリントンで受け入れることをベリルが表明した直後、出席した各氏族がそうはさせまいと独自の受け入れ案を表明した一方、オーロラだけ自分の意見を何も表明していなかった。
  • 神という危険な存在に繋がる情報をモルガンによって消されていたブリテン異聞帯で、ソールズベリーは神を祀る聖堂を有する街であった。
  • ブリテン異聞帯で最も穢れている湖水地方に自ら踏み入り得体の知れない醜い肉塊を引き上げ、結果として妖精國で最も美しいと評される竜の妖精メリュジーヌを再誕させている。一聞すると美談のようではあるが、そもそもそこはただでさえ誰も近付きたがらない上ソールズベリーからも遠く離れ、さらに反女王派を掲げるノクナレアの居城に程近い場所である。一体何の用があってそんなところに訪れたのだろうか。
    • 補足すると、湖水地方は鏡の氏族の本拠地であり、特にメリュジーヌが眠っていた昏き沼は竜種アルビオン、彼らが「ほねほねさま」と呼ぶ御神体が祀られれている土地である。要約すると、鏡の士族たちですら恐れ多いと安易に近づこうとしない(加えてサーヴァントや妖精に強い効力を示す毒性を持つ)沼になぜ風の氏族であるオーロラが接近、侵入できたのか不明である。
    • パーシヴァルはかつて、メリュジーヌが絶望の涙を流していたことを目撃している。その日は鏡の氏族が皆殺しにされた日でもあった。また、パーシヴァルはソールズベリーには近づきたがらなかった。
    • メリュジーヌの絆礼装において、オーロラのことを醜悪にして害悪と評しているとも読める記述がある。
  • 風の氏族の長としての力で、離れたところに声を届けることが可能。つまりは機械が封じられているブリテン異聞帯においては情報戦で最上位の地位にあり、彼女の手の者がいればどこでもスパイじみた真似が可能であらゆる場所で情報を収集できる。
    • ベリルは度々、姿が描写されていない人物と情報のやり取りをしていた。
    • 一度滅んだ妖精國において、妖精を蘇生させたモルガンのやり方がカルデア式召喚であることを受け売りの形で語っている。カルデア陣営以外でカルデア式召喚のことを知りなおかつ妖精國を蘇らせたことを理解しているのは、ベリルとモルガンのみ。モルガンが情報源にはなり得ないので、残るはベリル。
  • ロンディニウムで反乱が起こった時、反乱した兵士達の一部は粛正騎士の姿をしていた。ブリテン異聞帯においてその服装をした兵士達がいるのはオーロラが統治するソールズベリーのみである。
    • 上記の粛清騎士はソールズベリーに於いて、パーシヴァル率いる円卓軍との同盟関係を結ぶことに激しく反対している。(が、直後にオーロラの鶴の一声によって撤回した)この際、上記の騎士によってロンディニウムはソールズベリーと近年険悪な関係であったことが語られるが、恐らくこれはメリュジーヌの涙を見たパーシヴァルが意図的に接触を控えさせたためではないかと推測される。
  • 心身共にボロボロにされ冷静な判断力を失っていたウッドワスに思考の誘導を行った。結果、モルガンは自身に最も尽くしていた彼に襲われ、自らの手で返り討ちにしなければならなくなった。
  • 後編の最後において、モルガンの真実と称して事実に嘘や悪意的な解釈を巧みに織り込んだ偽情報を流した。これを受けてキャメロットの上級妖精達は叛意を翻し、オーロラは自ら直接手を下すことなくモルガンを葬ることに成功した。
  • 2部のPVでは背景に自然現象のオーロラが描かれている。

上述したオーロラの一連の行動と疑惑は一応妖精國に伝わる予言の成就と女王モルガンの打倒に繋がっており、結果として主人公陣営に対しても利として働いている。しかしながらあまりに不穏当な描写ややり口の数々から、ブリテン異聞帯で最も危険な人物はモルガンではなくオーロラではないかと疑われている。

関連記事

親記事

妖精國 ようせいこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーロラ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113715

コメント