2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェに登場する妖精。風の氏族の妖精でソールズベリーを治めるオーロラの側近。
薄いピンクの髪の毛と羽が特徴的。
キャラクターデザインはTAa
立場上厳しい発言(特に人間に対しては)が多いが、その一方で個人的には人間の文化に強い興味・関心を抱いている模様。

妖精と人間の違いを弁えており、その点ではオーロラよりも常識的である。
オーロラに熱狂させられる人間の兵士達の光景を見て、戦力差などから客観的に判断して懐疑的になっている。とは言えあくまで人間そのものを蔑んでいるわけではなく、純粋な能力差の比較からくるものであり、むしろパーティーの席で主人公に辛口ながらも忠告を入れ、人間を心ある存在とみなしてモースを処断させる行為を止めようとするなど、人間に対しても分け隔てなく接している。


大厄災の際にはソールズベリーの住民や避難民の救護のため、どこまでもマイペースにしか振舞わないオーロラに代わり奔走する。
だが、のちにオーロラの本質を理解した時、その本質にドン引きし、それでも諫言を行った事で機嫌を損ねた主から「翅を取り上げなくてはならなくなる」と脅されたところで出番は終了する。
その後判明したのは、彼女はオーロラに毛虫に変えられた挙句うっかり(オーロラ談)踏みつぶされたという事実であった。
これについては、オーロラが内心ではメリュジーヌの美しさに嫉妬していた様に、本心から他人を慮り絶望的な状況でも自分を見捨てないコーラルの心の美しさに嫉妬したのではないかという見方もある。

兵士たちの様に思考を放棄しオーロラの言うとおりにしていれば、もしくはレッドラ・ビットの様にオーロラを見限り出奔する勇気があれば、彼女の最後もまた違うものになっていたのかもしれない。
しかし生真面目かつ保守的なコーラルにはそのどちらも取る事もできず、結果的にあまりにも救いの無い末路を遂げてしまったのだった。
メリュジーヌ曰く、戦いのさなかに外へ飛び出せば巻き込まれて死ぬだけだと忠告されており、戦闘能力はない模様。コーラルがオーロラを疑い出した段階ではすでに大厄災の真っ只中であり、逃げ出す選択はすでにふさがれており、命運は尽きていたと言えよう。

関連タグ

Fate/GrandOrder 妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ 妖精

関連記事

親記事

ソールズベリー(Fate) そーるずべりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コーラル(Fate)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コーラル(Fate)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 712023

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました