ピクシブ百科事典

玄霧皐月

くろぎりさつき

玄霧皐月とは、『空の境界』のキャラクター。
目次[非表示]

つまるところ、自分さえ生まれなければ、世界(ワタシ)はこんなにも平和だった

概要

CV:置鮎龍太郎

伝奇小説「空の境界」第六章、「忘却録音」に登場するキャラクター。
黒桐鮮花が通っている礼園女学園の男性教師で、外国語を担当している。
放火事件でやめた教師の代わりに働くことになった。

笑顔の絶えない、覚えやすいのに覚えにくい、という印象をもたれている。
ただ、いつもニコニコと優しく笑っているが、本人によると笑っているわけじゃなく、それが素の顔らしい。生徒達からは、「どこか抜けていて忘れっぽい人」と評されている。

ウェールズの片田舎の生まれで、神童と言われるほど頭が良かった。10歳のときに妖精にさらわれ、後に戻ってきた時には、物事を「再認」することができなくなり、日本人の元に養子に出された。「玄霧」は彼を養子にもらった日本人の姓で、皐月もその日本人がつけた名前。それ以前の名前は不明。

式と鮮花曰く黒桐幹也に似た雰囲気らしい。
(二人とも名字が「くろ」い「きり」とも読めるからだろうか。)

能力

荒耶宗蓮が式の記憶を再生する事を依頼した人物。
忘却録音」の黒幕黄路美沙夜に魔術を教えた。起源は『望郷』。
その正体は封印指定を受けているアトラス院出身の魔術師。
本名はゴドーワード・メイデイ。(※養子に出される前の名前ではない。)
しかし、もともと彼自身には魔術の才能が無く、正確には鮮花と同じ変異的な遺伝体質。

能力はバベルの塔で神々に言葉を乱された以前に使われていた統一言語を話すことができる。
そこから「偽神の書(ゴドーワード)」、「統一言語師(マスター・オブ・バベル)」とも呼ばれ、神話時代を唯一再現出来る、現在最も魔法使いに近い魔術師
また、彼が話すこの言葉は世界そのものに話しかけるような類の物であるため、彼の言葉はそのまま世界の真実となる。

劇場版では両儀式との戦闘で右腕を殺され、目の前から姿をくらますが、原作ではその後、生徒に刺され命を落とすこととなっている。(※誰に殺害されるかは不明。)

関連タグ

空の境界 アトラス院 忘却録音
教師 魔術師 バベルの塔 共通言語 チェンジリング 認識障害

pixivに投稿された作品 pixivで「玄霧皐月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 937

コメント