ピクシブ百科事典

蒼崎橙子

あおざきとうこ

蒼崎橙子とは、『空の境界』と『魔法使いの夜』の重要登場人物の一人。
目次[非表示]

学院時代からの決まりでね。
私を傷んだ赤色と呼んだ者は、例外なくブチ殺している

プロフィール

身長165cm
体重52kg
誕生日8月8日
好きなもの創るひと
嫌いなもの壊すひと
魔術系統ルーン、人体工学、建築魔術全般
魔術回路質:EX / 量:B+ / 構成:正常
CV本田貴子(劇場版) / 井上喜久子ドラマCD


概要

空の境界』に登場する人形師の魔術師。魔法使い蒼崎青子の姉。
建築デザイン事務所『伽藍の堂』社長。人形作家としての顔も持つ。
『空の境界』における世界観、用語の説明などは主に彼女の口から語られる。物語の案内人にして部外者。

メインキャラとして作品に直接登場するのは『空の境界』『魔法使いの夜』だけだが、『月姫』や他の『Fateシリーズ』でも彼女の存在は語られている。
妹同様に導き手としての魔術師として色々な作品に名が語られている存在。実は皆勤賞…?

性格

眼鏡による視界の有無によって性格を切り替えている。
眼鏡をかけている』時は主観的で人情家。『眼鏡を外している』時は客観的で冷酷。
どちらが作為的でない蒼崎橙子か自分でも分からない。しかしどちらに置いても、根はロマンチストである。
美少年を囲っていたらしいが、本気の恋慕はしたことが無いらしい。

お気に入りの魔眼殺しを強奪された腹いせに、妹名義で魔術協会から金を引き出して買い物にいそしんでいたり、新しいもの好きで興味があるものをいじりまわしてはしゃいだりするという子供らしさを残した大人の女性。曰く、『オトナになるんだ橙子っ』(月姫読本より)

昔はやんちゃで、盗んだバイクをルーンで爆破していたらしい。スピード狂。ヘビースモーカー。

『傷んだ赤色』と呼ばれるのを嫌い、呼んだ奴は例外なくブチ殺しているらしい。
自分の名前が嫌いなわりに、必ず一つは橙色の装飾品を身につける習性がある。

容姿

妹に比べ、くすんだ赤色のセミロングのポニーテールに琥珀の瞳。スーツを着込んでいることが多いらしい。
劇場版アニメではどう見てもくすんだ赤色であるが、黒壇の髪を腰より下まで伸ばし…と小説では描写されていた。しばしば小説中では美少女であった、美女であるということが強調されている。

蒼崎橙子


ちなみに明るい青いショートカットのキャラクターデザインも存在する。
その際の胸は小振り。講談社ノベルス版『空の境界』に付いていたしおりのイラストや『Fate/EXTRA』にて、この見た目でキャラクターデザインがされている。
ちなみに『Fate/EXTRA』には青子も一緒にゲスト登場している。

姉妹仲

悪いを通り越して最悪。本人曰く、殺し合いほどの姉妹喧嘩を繰り広げるらしい。
だが、『魔法使いの夜』開始前の時点では凄く妹思いの姉だったようだ。
(空の境界でも自分の許した相手に対してはかなり甘い節がある。)

Fate/EXTRA』では文字通り顔を付き合わせているのに何故か喧嘩に発展していない。
奈須きのこ描き下ろし小説『2015年の時計塔』でも殺し合いはせず。
後継者争い等のいざこざが決裂の発端とのことだが、本来は共に仲の良い姉妹だったのだろうか?
姉妹そろって焼肉屋の大食い記録を打ち立てている。

能力

『自分と何一つ変わらない人形』を製作したことで、最高位の人形師として封印指定を受けた魔術師(ロード・エルメロイⅡ世の事件簿では封印指定が解除されてる)。

魔術師としての腕前はトップランク。妹とは正反対に攻撃面以外の魔術は一流といった秀才。
その実力を認めた魔術協会から最高位の魔術師の称号として『冠位』の座と『赤』(橙?)を授けられている。
『魔術師が最強である必要はなく、最強のものを作り出せばよい』というアトラスの錬金術師と同一な考えを持つ為、本人自体の戦闘能力は低い。

基本的にはルーンによる魔術と使い魔の使役によって攻撃を行う。
が、どれも魔術師相手だと相性が悪い。『魔法使いの夜』より、二小節以上の魔術を修得出来ないことが明かされている。
『創る者』にして『使う者』。実は結構何でも作る。月姫Fateシリーズに出てくる『魔眼殺し』は主に彼女の作品。

意外だが、魔術回路は並の魔術師の平均の少なめから同程度という辺り。
ただし、魔術回路の質が飛び抜けて高く、『芸術』とまで称されるほど美しい魔術回路の持ち主らしい。
こいつより少ないのに秀才とはさすがというべきか。

本人は魔術刻印を継承していない(蒼崎の魔法を継いだのは青子であるため)が、その稀有な能力を狙って襲いかかってきた魔術師を最初は降りかかってきた火の粉を振り払う目的で倒し、その魔術刻印を奪って「所有」している。次第にその収集は趣味となってしまい、身体には刻んでいない(魔術刻印は基本的にその血統にある人間にしか継承できないため)が、使用時には自分の背後に蝶の羽のように展開させて使用する。
本来の担い手ほどの魔術行使はできないが、本来魔術刻印にある発動時の痛みなどのデメリットがないため、普通に有効。なお、刻印を奪った相手は殺さずに自身の時計塔の研究室にある『慰安施設』なるものに軟禁している。この中では食事も娯楽も提供され、中には「死ぬまでここで暮らしたい」というものもいるとか。しかし維持費がばかにならないらしく、いっそ企業でも興すか思い切っていくらかクビにするか悩んでいるらしい。

超能力といった魔術とは異なる異能にも知識があり医学など様々な学問に精通している。

時計塔に学生として在籍してた頃はイノライ・バリュエレータ・アトロホルムに師事していた。

関連人物

身内

蒼崎青子
自分を差し置いて「青」を継承した不肖の妹。先述のように仲は最悪。

空の境界

両儀式 
退魔の血を継ぐ根源接続者にして魔眼保有者。外見・性格共にお気に入りの少女。
とある事件で左腕を失った際には霊体を掴める義手を提供した。

黒桐幹也
事務所の助手。魔術師としての弟子ではないが身内認定。
人形展で彼女の作品を気に入り、人避けの結界があるにも関わらず伽藍の堂を探し当て就職した。

黒桐鮮花 
部分的な魔術の弟子。黒桐幹也の妹ではあるが、初対面では気がつかなかった。

荒耶宗蓮
かつての学友。

コルネリウス・アルバ
かつての学友。彼からは羨望と嫉妬がない交ぜになった劣等感と殺意を向けられていた。
しかし、橙子本人はそれに気づいていて自分が生きている証しとしていた。
最後には傷んだ赤色と発言したことで引導を渡した。

魔法使いの夜

ルゥ=ベオウルフ
対青子&有珠対策として髪を代償に契約した最古の人狼。

久遠寺有珠
青子以上の知己でありお気に入りの魔女。仲は悪くないが本気で殺しあえる関係。

Fateシリーズ

イノライ・バリュエレータ・アトロホルム
時計塔におけるロードのひとり。かつての師。

衛宮士郎
直接的な登場はないが、とあるルートのエンディングにて士郎は彼女の中古人形と思しきシロモノを使用している。

ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
腕を失った彼のために義手を提供した。

獅子劫界離
アニメ版「Fate/Apocrypha」にて、愛飲している煙草の銘柄が燈子と同じことが判明。

宮本武蔵
名前に言及しているわけではないが、屍山血河舞台下総国のストーリー内にて「眼鏡を掛けた人形師さんに聞いた話」という台詞がある。

ダ・ヴィンチちゃん
直接的な関係はないが、現界における「楔」の代用や第二部におけるスペアボディの技術など、橙子の人形を彷彿とさせる描写がいくつかある。

ロード・エルメロイⅡ世
イゼルマの一件で遭遇した時計塔のロード。才能も実力も大したことがないが発想力や知識、考え方は橙子も認めるものがあった。

フラット・エスカルドススヴィン・グラシュエート
イゼルマの事件で戦ったエルメロイ教室の問題児コンビ。橙子も手を焼く実力をもっていた。
特にフラットは異端の天才ともいうべき彼女から見ても鬼才というべき才覚の持ち主だった。

関連イラスト

蒼崎橙子の軌跡
伽蓝堂


蒼崎橙子
相克する螺旋



関連タグ

TYPE-MOON 空の境界 魔法使いの夜 Fate/EXTRA
魔術師 人形師 天才 芸術家 化け物 デウス・エクス・マキナ 
蒼崎姉妹

pixivに投稿された作品 pixivで「蒼崎橙子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1866565

コメント