ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

身長???
体重???
誕生日???
イメージカラー???
特技???
好きな物???
苦手な物???
天敵???
イラスト高橋慶太郎
CV???


概要

Fate/GrandOrder』第2部「Cosmos_in_the_Lostbelt」に登場する特選Aチーム「クリプター」のひとり。
第二部第七シナリオ「⬛⬛樹海⬛⬛ ⬛⬛⬛・⬛⬛⬛⬛⬛」に登場予定。

カルデアの技術部顧問、ダ・ヴィンチも認める天才(言い方を変えるなら異常者)。曰く「Aチーム唯一の不明点ないし危険人物」という人物で、この世ならざる異物を扱う異端学問「伝承科」を追放された際スカウトされた。
クリプターの中では発言が少ない方でありつつも、定例会議において無気力な態度全開なヒナコと比べてマトモにしゃべっているなど、比較的協調性がある様に見える。
しかし真には誰からも理解されず、また誰のことも理解しようとしない人物と称されている。召喚予定のバーサーカーに対しても、ダ・ヴィンチが言うには、ハナから意志の疎通を期待していなかったらしい。

第2部第一章ではクリプター同士の定例会議に出席。
ベリルと共に、自分達の異聞帯の状況を説明していた。
ペペロンチーノからは見識を頼りにされたようで、彼の異聞帯にある謎の存在「四角」に関してアドバイスをしている。

人物像

ダヴィンチの話にあった通り、控えめな一匹狼といった性格で口数は少ない。表情の変化もかなり小さく、目線を動かしたり口元を少し変えたりする程度。
自身の異聞帯における殺傷行為に関しては、ベリルのような楽しんでいる素振りは見せないが、作業のように行っており、それを「コフィンの中では体験できない感触」と言ったり、この状況を「(殺戮の)機会に恵まれている」と表現するなど、ダヴィンチの評価通り危険人物と言える部分が垣間見える。

定例会議の中で、カルデア陣営が潜伏するシャドウ・ボーダーの行方について、キリシュタリアのサーヴァントによる未来予知では「数時間後この世界のどこかに浮上する」と予言されていたに過ぎなかった中、彼は「シャドウ・ボーダーが虚数空間から浮上する縁が何になるかを考えれば、カルデアを襲撃した殺戮猟兵以外にありえない」事を理由に、浮上位置が(殺戮猟兵がいる)ロシア異聞帯になることを指摘した。断片的な情報を即座に組み立てて正確な結論を出せる明晰な頭脳を持っている事が読み取れる。

第2部4章において、突如として殺人鬼の能力でサーヴァントごとインド異聞帯に現れた際は、ペペロンチーノがカルデア陣営と手を組んでいる様子を見て不可解に感じたが、彼は「不明な点は不明であることを客観視できる」ため、「クリプターを裏切ったと早合点する」ようなことはなかった。

「費やした時間に対して意義があるかどうか」という内容の科白が、彼の口からはしばしば出てくる。ペペが言うには、無駄なことを本当にやらない人だという。

能力

理論を元にした判断力に優れている彼だが、理屈に依れない状況での判断も可能である。
先述のペペロンチーノの異聞帯の「四角」についてアドバイスする際、資料だけ提供された状態であり情報不足であると前置きしながらも、「その異聞帯におけるアキレス腱であり、自分やキリシュタリアならすぐ切除しに掛かるが、ペペロンチーノならば必要な物となる」と述べるなど、かなり具体的なアドバイスをしている。

インド異聞帯に現れた際は、ゴルドルフの言葉から「クリプター随一の実力を持つ」ことが明かされた。実際この時、彼のサーヴァントが冠位(グランド)であることが判明している。

関連人物

グランドクラス
彼が契約している、外套や瘴気で姿を覆い隠した真名不明のサーヴァント。
上記にあるように意思疎通はしない予定だったが、結果としてお互いに軽口を叩き合う程度には良好な間柄となった。口調から男性か。
第2部4章の時点では、ダ・ヴィンチちゃんの観測によると「輪郭だけならかろうじて規模がわかるけど、瘴気が濃すぎて実体を観測できない」ことからグランドクラスであることを突き止めた様子。
「死は喰うもの、生は捧げられるもの」だという。

キリシュタリア・ヴォーダイム
マシュの話から神話談義をするくらいの仲はあった模様。

スカンジナビア・ペペロンチーノ
デイビットの判断を理屈抜きに頼っているクリプター。デイビットはペペの異聞帯にある四角を「ペペの場合は維持しておいた方がいい」とアドバイスしている。
定例会議でペペが自分の異聞帯の状況の良し悪しを報告しなかったことが気にかかり、直感に従い個人的にペペの窮地を助けようとしてインド異聞帯にほんの一時だけ侵入した。「お友達感覚」という言葉が出ており、仲間意識というものが彼にも存在することがわかる。この時にペペに助言したアドバイス(噛み砕いて言うと「完璧な相手に勝ちたいなら足を引っ張って自分の土俵まで引き摺り下ろせ」)が、手の出しようもなかった異聞帯の王打倒への決定的な第一歩となった。
なおこの会話で、ペペの本名を何気ない形でバラした

コヤンスカヤ
異常者(現在発覚しているのは敵に一切の情け容赦がないということ)という性格を持つデイビットに対して、彼女は「異星の神」とは無関係に個人的に貸しを作っておきたい程度に一目置いている様子。デイビットもデイビットで、コヤンスカヤの転移精度を計測する目的で利用している。

担当する異聞帯について

ロストベルトNo.Lostbelt No.7
分岐基点時代BC.????
異聞深度A++
場所南米?
キーキャラクター???
クリプターデイビット・ゼム・ヴォイド
章クリア報酬概念礼装(未定)
シナリオ担当


異聞帯の中でも特に伏字が多く、紀元前であること・南米に位置していること・「⬛⬛樹海⬛⬛」という字面以外の情報が非常に少なく、殆ど謎に包まれた状態である。

第2部冒頭・第3部冒頭で明かされた情報によると、ベリルが担当する異聞帯と共通点がある。

  1. 「どこが有り得たかもしれない人類史なのかと疑いたくなる」レベルで酷い有り様であること
  2. 原始的であるため、敵対者を返り討ちにしても次から次へと危険が舞い込むという魔境になっていること
  3. 上記の理由から、トリスメギストスIIによると自滅の可能性が高いと分析されていること

その具体的な内容だが、シオン曰く「詳細は一切不明だが、文明が死に絶えた」という地区らしく、トリスメギストスIIはこの異聞帯を「人類史において異例中の異例だが、他の人類史と競い合うものではない」と分析している。そんな南米異聞帯の異聞深度は「A++」と非常に高い。

ユーザーによる予想

第2部に先駆けて実装されたエルキドゥの幕間にて、彼は至高神エンリルに鋳造されし黒杉森の番人フワワに思いを馳せていたことから、ユーザーの間ではバビロニアが候補地のひとつとして考えられていた。
有力とされる候補地には、第二部OPで彼が立っていた遺跡に刻まれているものがマヤ文字であることから南米も候補に挙げられていた。

Lostbelt No.2においては空想樹は成長すると種子を吹き出すという生態を持つことが明らかとなったため、場合によっては種子が大量にばらまかれてそれが成長し、『空想樹海⬛⬛』という悪夢極まりない異聞帯と化す可能性もある。
『南米』『紀元前』『樹海』などの要素からすると、型月最強の一角であるヤツが出てくるのではないかという予想も。

なお、ケツァルコアトルの発言によれば、アステカ神話における第一の世界(ちなみに同神話での人間世界の誕生は5番目)は型月史では白亜紀に当たるらしい。これを踏まえて、彼が担当する南米異聞帯の状況は以下のような予想がされている。

  • 恐竜が絶滅せずに生き残った世界である説。
  • クトゥルフ神話の要素が入った世界になっている説。
    • クトゥルフ神話において、邪神イグはケツァルコアトルと関連性を見出される事・さらに型月のケツァルコアトルも地球外由来であることが根拠。
いずれにせよ、人類にとっては過酷な世界になるのは間違いないだろう。

その他、世界や登場人物に関する予想は以下の通り。


前後のストーリー

BackNext
⬛⬛円卓領域⬛⬛⬛⬛⬛・⬛・⬛⬛⬛⬛樹海⬛⬛ ⬛⬛⬛・⬛⬛⬛⬛⬛


余談

彼の令呪は、翼のような形をした全体像に切れ込みを入れる形で3画にしているという、かなり珍しい形状になっている。

第二部の最初に独白をしたデイヴィット・ブルーブックと名前の読み方がほぼ完全に合致している(一か所発音が違う程度)。
ただ単に名前が酷似しているだけか、関係者なのかと不可解な点が存在する。
ちなみにデイビットの語源はダビデである。なお、ダビデは第1部でのキーパーソンであったソロモンの父親である為に、デイビットも2部のキーパーソンであると目されている。

関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt
人理継続保障機関フィニス・カルデア
天才 孤独 美形悪役 一匹狼 冷徹
樹海 原始的

クリプター

BackNext
ベリル・ガットデイビット・ゼム・ヴォイド人理漂白事件の黒幕?

関連記事

親記事

クリプター(Fate) くりぷたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デイビット・ゼム・ヴォイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104015

コメント