ピクシブ百科事典

オフェリア・ファムルソローネ

おふぇりあふぁむるそろーね

オフェリア・ファムルソローネとは、「Fate/Grand Order」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

身長???
体重???
誕生日???
イメージカラー???
特技魔眼(後述)
好きな物命の恩人友達になりたかった少女
苦手な物日曜日求婚してくる妻帯者
天敵魔眼を封じる手段を持つ者
イラストLa-na
CV種﨑敦美


概要

Fate/Grand Order」第2部「Cosmos in the Lostbelt」に登場するレイシフトAチームの一人。
第2部「Cosmos in the Lostbelt」第2シナリオ 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルングに登場。

時計塔の降霊科に所属している、眼帯姿が特徴的な女性。通称「現代戦乙女」。
特別な魔眼を持っているらしい。

召喚を予定していたサーヴァントセイバーで、人種的に契約する英霊には拘りがあったらしい。

第2部第1シナリオ「永久凍土帝国アナスタシア」ではクリプター同士の定例会議に出席。
他のメンバーとは違いキリシュタリア・ヴォーダイムに従属する態度が見られる。一人だけ彼を様付けで呼び、真剣味が感じられない態度のベリルを叱りつける姿も見られた。
また、「騎士」という非常に強力な英霊を従えているという発言があり、実力に自信を見せていた。
その英霊は魔剣グラムで有名なシグルドであることが判明。

人物像

キリシュタリアの忠臣で極めて生真面目な性格をしている。
だが、この時ベリルから以前と性格が変わっている事を示唆されており、過去Aチームとしてカルデアに所属していた時にはペペと共にマシュを食事に誘い出すといった他者への気遣いも見せていたらしい。

この性格の変質をベリルは、一度死亡してからクリプターとして復活した異質な状況故に誰かに縋りたいが為と推察していたが、変質は彼女だけのものなのか、それとも断片的な過去情報に誤りがあったのかという謎があったが、その真実はキリシュタリアの優しさにあった。

能力

遷延の魔眼

ランクは「宝石」の魔眼。未来視の一種で、あらゆるもの(生物・非生物問わず)の「可能性」を見ることができる。そして、その一度見た「可能性」を魔力を消費することで「ピンで留める」こともできる。この際、「――事象・照準固定(シュフェンアウフ)。私は、それが輝くさまを視ない」と詠唱する。

この「ピンで留める」とは、要するに都合の悪い可能性の発生を先延ばしにすることができるという能力である。劇中ではマシュの外骨格の「可能性」に干渉することで逆にパワーダウンさせたり、ブリュンヒルデの原初のルーンによる自身の強化という「可能性」に干渉することでその強化そのものを無かったことにしたりしていた(なお、自身の崩壊という代償は残った)。

起こるはずの事象が起こらなくなるので、他者からは一見「時間の逆行」「事象の巻き戻し」のように見えるようだ。

弱点は、自身から遠すぎる可能性には干渉することはできないということと、魔眼の対象になった者が「別の可能性の自分」が存在できない程に「精神を固定する」と同じく可能性に干渉できなくなるということである。
後者の方法に関しては、少なくとも「狂える半神」でなければ不可能であると明言されている。

前述の能力とは別に、劇中では英霊よりも格段に強大な存在で、人の身では現界の維持が不可能であるスルトを現世に強く留めておくための要石としての役割も果たせていた。

関連人物

自分だけが復活するはずが重すぎる代償を承知の上で自分以外(オフェリア達6人のAチーム)も復活させてくれた彼に絶対的な忠誠を誓っている。
いかなる状況においても彼の期待に応える事だけを考えようと徹しているが、その強すぎる目的意識から潰れてしまった。
なお彼女はキリシュタリアに恋心を抱いていたようだが、「魔術師が恋をするわけがない」と否定しその心を押さえつけていたようだ。

突然求婚してきたサーヴァント。オフェリアは無視したが「無言はYes」と捉えたナポレオンにより何度か求婚をせがまれた。
基本的には鬱陶しいと思っていたが、後述する彼女の転機では「凄いものを見せる」という(オフェリア自身はあまり気にしていなかった)約束を果たし、心に巣食う闇を見事に晴らして見せた。

初めて会話をしたのはAチームのミーティング後すぐ。これから食卓を囲む仲間ということもあって信頼関係を築いていた。
オフェリアはマシュと友達になりたかった様子。

オフェリアと共にマシュを気遣っていたムードメーカー。異聞帯では過労から来るオフェリアの身体的状況をすぐに見抜いて「化粧はせずともファンデーションくらいはしないと」とアドバイスしている。

彼が異聞帯を保つことを困難であると当初から予想していた。のちに任務を失敗した彼を侮蔑しており、「自身ならもっと上手く異聞帯を保っていた」と豪語していた。が、最終的に「カドックのことを言えない」と反省するように。

当然というべきかベリルに対しての評価は非常に悪く、「快楽殺人者」「恥ずべき犯罪者」と嫌っている。また「時計塔でも狼男と呼ばれたベリルが異聞帯を拡張できるとは思えない」と実力に関しても高い評価はしていない。

同じくAチームの女性メンバーのハズだが接点は皆無。マシュと食事に行く時も女のヒナコではなくオネエのペペを誘い出しており、付き合いの良い性格というカドック評に反し付き合いは薄かったようだ。

オフェリアが召喚した"騎士"と呼ばれる驚異的な力を持つサーヴァント。関係は付かず離れずといったものだったが、シグルドの肉体は召喚当初から全く別の存在に乗っ取られており、世界を焼き尽くすことを目的とするその者の覚醒をオフェリアは危惧していた。

北欧異聞帯の女王。敵でも殺すことは絶対に許さないという彼女の方針と、冷徹な戦闘マシーンであるシグルドとの相性は悪く、オフェリアは仲介に苦労することに。一方、オフェリア自身は女王から魔術師として重宝されると共に寵愛されている様子で、特別な部屋も与えられている。

突然オフェリアの部屋に現れ、彼女の過去のトラウマをネチネチつつき返すなど迷惑行為を重ねたサーヴァント。最終的に強い怒りを見せつけて追い出した。

余談

発表当初は「高飛車キャラ」と推測するプレイヤーが多かったが、シナリオ実装と共に「忠臣キャラ」という別角度のキャラ付けが為されたことに意外性を持たれることになった。
他方、眼帯かつ忠臣キャラというポイントから「パライソの波動を感じる……」と、ごく一部のドSマスターから注目された。……が、そう評したマスターは、2部2章を終えて「すまんかった」と土下座を決める事態となった。(理由は後述からお察しください)

同時にキリシュタリアへの忠誠心の高さ、最優のクラスとされるセイバーの召喚という要素もあって「早速カドックからの二番手だけど、この娘大丈夫なの?」と、末路を心配する声も大きくなった。
「忠誠心の高い才人」という、型月的には特大のフラグを抱えていた。そんな彼女が辿った結末は……?

関連イラスト

オフェリア
オフェリア・ファムルソローネ


オフェリア
オフェリア



関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos in the Lostbelt
人理継続保障機関フィニス・カルデア 無間氷焔世紀ゲッテルデメルング
魔術師 魔術協会 魔眼 眼帯 女騎士 忠臣 哀しき悪役
ラグナロク
シグルド

クリプター

BackNext
カドック・ゼムルプスオフェリア・ファムルソローネ芥ヒナコ





















※この先、ネタバレ注意!!


「日曜日」の呪い
オフェリア・ファムルソローネは、とかく真面目な少女だった。
両親ともに生粋の魔術師であり、その英才教育によって才能を開花させていく。

だが少女は魔術師としては、身の内に「ごく平凡な心の機微」を抱えてもいた。
「合理性という機械」となることを宿命とする型月世界の魔術師にしては、少女はあまりに生真面目で模範的であった。それ故に彼女の心は、幼い頃から人並みに「理解者」を欲した
その心さえ押し殺し、ただひたすらに魔術師の高みを目指す。それが自分を育てた両親への親孝行であり、自分の使命だと、ただ頑なに信じ続けた。

故に、オフェリアは日曜日が嫌いだった

父も母も敬愛していた。二人には怨恨などない。それでも―――
それでも両親が揃うと、オフェリアの精神は異常な圧迫感を覚えた。
「一流の魔術師になり、ファムルソローネの血を根源へと導く」
魔術師として不変の宿命を課せられた幼い少女は、魔眼という稀有な能力に目覚めたことで両親の期待と熱意を一心に受けることになった。
それが真面目過ぎるオフェリアには、無意識の過負荷となって精神を苛んでいった。
―――両親にとって私は最優でなくてはならない。もし期待を裏切れば、どうなるかなんて想像もしたくない。
彼女にとって両親が共に居る日曜日の家は、重圧と畏怖に満ちた法廷そのものだった。

やがて時計塔へと進学し、その才能と学力から一廉の成績を表していく。
生き馬の目を抜く魔術師の世界にとって、友情など打算と謀略に満ちた駆け引きでしかない。
加えてオフェリアの魔眼と堅物な性格を周囲は疎んじ、学内では常に孤立していた。
そうして少女は、「孤独」という北欧の黒い森のような無間の闇を彷徨い続けた。

その果てに、カルデアの危機に、あの光景を目にすることになるまでは―――


現代の戦乙女の最期

北欧異聞帯はスルトが復活したことにより危機に陥ったが、スルトも魔力供給源が存在しなければ永遠ではないため、スルト召喚の要石である自身の魔眼を破壊する形でスルトとの契約を破棄したのち、契約が残っていたシグルドに大令呪(シリウスライト)で強化を施す。

これだけの無茶をして無事で済むはずがなかった。

オフェリアは魔眼を破壊したことにより大怪我をし、更に命と引き換えに大令呪を使ったことによりもう長くない状態へと陥ってしまう。
こうしたオフェリアの無茶とサーヴァント達の活躍によりスルトは撃破され、マシュ達はすぐに倒れたオフェリアのいる所へ向かったが、手遅れであった。
瀕死のオフェリアは消えかけている意識の中マシュに自分の胸中を語り(友達になりたかったというところだけは最期まで言えなかった)、静かに絶命した。


ああ、そうだ―――
あの英霊……に……もしも、また、出会えたら……
彼、私を、覚えていないでしょうけど……
……ありがとう、って
結婚は、お断りする、けど……
アナタの虹、綺麗、だった、って、伝え―――


彼女の決定的な死因を作った大令呪は、「異星の神」のための能力であり、これがある限り、クリプターはその魂を「異星の神」のために最期まで利用されて搾り取られる運命(カドックはこれを理由として脱落後にキリシュタリアの元へ回収されている)。そのため、仮に大令呪を使わずに脱落していたら、あるいはもっと悪い形で最期を迎える未来が待っていた可能性が否定できないのである。


友人


もしも、もしもの話。
彼女が窮地の炎の王を認識しなければ。
クリプターに選ばれなければ。
そもそも、空想の根など落ちず、何もないまま2018年を迎えられたのなら。

魔術師の宿命に囚われず、在るがままの心を受け入れることが出来ていたのなら―――

彼女にも、青空に虹がかかるような、笑顔があふれるでるような。
そんな、「素敵な日曜日」が訪れたのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「オフェリア・ファムルソローネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2196070

コメント