ピクシブ百科事典

コヤンスカヤ

こやんすかや

コヤンスカヤとは、「Fate/Grand Order」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

Fate/Grand Order」第2部序章に登場した存在。
作画担当はワダアルコ氏。

新所長ゴルドルフ・ムジークの補佐であり、魔術協会にも聖堂教会にも所属していない『NFFサービス』というロシアPMCに所属する。
ゴルドルフを「閣下」と呼びながらも陰で誘導する狡猾さを持ち、マスター候補生Aチームの詳細を探るべく主人公にも接触した。


物腰柔らかかつ有能な秘書を装っているが、その本性は他者を"蹂躙"する事に並々ならぬ熱意と理念を抱いている残虐非道な悪女。
その危険性を察知して攻撃にかかったフォウにも「弱いものは強いものに踏みつぶされるべき」と、異常な虐待行為を働いた。
その暴力・残虐性は、ハッキリ言って淫乱ピンクラスボス系後輩など可愛く見えるレベルである。

12月31日にて、言峰綺礼と共謀し、カルデアに破壊的侵攻を行って壊滅に追いやった謎の勢力の先兵(リーダー)だった事が判明。
ゴルドルフの事も、カルデア侵攻の為に騙して利用していたに過ぎず、用が済めば彼も始末するつもりでいた。
恐らくはNFFサービス自体もそもそも存在しないか、彼女自身がそのボスである可能性が高い。

そして、趣味は人間の剥製を作る事で、主人公の手足をもいで部屋に飾るつもりだったという、ともすればあの殺生院キアラ雨生龍之介にも迫る「Fate」史上でもトップクラスのどす黒い外道ぶりを露呈した。

カルデア陥落の傍らでもうひとつの目的である「主人公が契約したサーヴァントたちの霊基グラフデータ」を探していたが、元々主人公のサーヴァントたちとの絆の証として誰にも渡したくなかったダ・ヴィンチちゃんが、ゴルドルフが来る前からメインバンクからトランクにデータを移していた事で奪取できなかった。
更にカルデア内の人間は全滅するように指示を受け、カルデア職員の殆どを虐殺したものの、報告書に書かれてなかったもうひとりのサーヴァントの活躍で11名もの生存者を外に取り逃がした(彼女自身は伏兵がいる可能性は考慮していたが、脱出手段まで事前に用意していたことは予想外だったらしい)。

ちなみに傭兵としての経験があるのか狙撃スキルは高いらしく、山肌を高速で滑り降りるコンテナにライフルの銃弾を当てている。

そして彼女は、第二部から登場した人物でトップクラスに謎の多い人物である。

  • フォウをいたぶった際の発言から、フォウの失われた正体を知っている(彼のことをわざわざ「フォー」と呼んでいる。由来は言うまでもないだろう)
  • 狐の形のイヤリング、「毛皮が立つ」など、自身を狐に例えている他、爆弾を使われた際に「耳を隠さなきゃ」と仮に狐だった場合立ち絵だけ見ればすでに隠れている耳を隠すという謎の言動がある
  • 上司(?)のアナスタシアが放つ強力な冷気をへそ出しで平然と耐えている
  • そしてよく見ると口元から牙が覗いている
…と言った事から、彼女自身も人間ではない可能性が非常に高い。

一説では彼女に容姿が非常によく似ている「ある人物」の分身一人かつ、「彼女」の切り離した暗黒面象徴なのではないか、という声もある。
そして、フォウの正体を知っている(フォウのことはマーリン以外では主人公たちでさえ知らない。勿論カルデアの記録にもない)発言から、FGO最大の敵の一人なのではないか、という説も…。

第二部のPVにも意味ありげに登場しているため、第二部に於ける最重要キャラの一人であることには違いないだろう。


関連項目

Fate/GrandOrder 人理継続保障機関フィニス・カルデア
ピンク髪 秘書 ロシア けしからんおっぱい
残忍 虐待 悪女 外道

pixivに投稿された作品 pixivで「コヤンスカヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 404039

コメント