ピクシブ百科事典

コヤンスカヤ

こやんすかや

コヤンスカヤとは、「Fate/Grand Order」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

Fate/Grand Order」第2部序章に登場した存在。

魔術協会にも聖堂教会にも所属していないロシアPMCNFFサービス』から出向している、新所長ゴルドルフ・ムジークの秘書を務める女性。
物腰柔らかな印象で、ゴルドルフを「閣下」と呼び、マスター候補生Aチームの詳細を探るべく主人公にも接触した。



以下、ネタバレ注意















物腰柔らかかつ有能な秘書を装っているが、その本性は他者を"蹂躙"する事に並々ならぬ熱意と理念を持つ残虐非道な悪女。
その危険性を察知して攻撃にかかったフォウにも「弱いものは強いものに踏みつぶされるべき」と、過剰な虐待行為を働いた。

そして12月31日、言峰綺礼同様謎の勢力のサーヴァントであることが判明し、カルデアを侵攻、壊滅に追いやった。
ゴルドルフのことも破壊工作の隠れ蓑に騙して利用していたに過ぎず、用が済めば彼も始末するつもりでいた。

趣味は人間の剥製を作る事で、本性を現した直後主人公の手足をもいで部屋に飾るつもりだったというおぞましい暴力性・残虐性を暴露。
後述のLB1での所業も合わせて、ゴルドルフはこれを「悪魔」だとして心底嫌悪した。

神父ともども、クリプターの7人ではなくそのスポンサーたる『異星の神』に遣わされているようで、単身で異聞帯から別の異聞帯へと移動できる能力を有している。

本編での動向

12月31日
本性を表し、アナスタシア、神父と共に殺戮猟兵(オプリチニキ)を率いてカルデア職員の大部分を虐殺。
カルデア陥落の傍らでもう一つの目的である「主人公が契約したサーヴァントたちの霊基グラフデータ」を探していたが、元々英霊達と主人公の絆の証として誰にも渡したくなかったダ・ヴィンチちゃんが、ゴルドルフが来る前にメインバンクからトランクにデータを移していたことで奪取できなかった。

そして、報告書に書かれていなかったもうひとりのサーヴァントの活躍で11名もの生存者を外に取り逃がした(伏兵がいる可能性は考慮していたが、脱出手段まで事前に用意する程警戒していたことは予想外だったらしい)。


Lostbelt No.1
同世界の住民であるヤガ達の困窮を前に、生活必需品や食料を法外な値段で売り付ける。
毎回倍々に跳ね上がる値段を抗議するヤガ達へ、「金が無いなら共食いで賄えばいい」と内輪での強盗殺人を強要。彼女にとっては人間の延長であるヤガも嘲弄の対象に違いはなかった。

そして、村全体に殺し合いを唆す外道の所業に怒りを感じながらも、戦う力がないために潜伏に耐えていた主人公らに気付いて自ら接触。
カルデアとクリプター陣営の潰しあいを焚き付けて楽しむため、慢心のうえでわざと手を下さずに塩まで送って去っていくという屈辱を味わわせた。
カルデア来訪時は魔力検知でサーヴァントだと気づかれないよう偽装を施していた事も判明する。


Lostbelt No.2
ロシア同様、手駒の補充と異聞帯の様子を確認しに訪れる。
当地の女王の支配方針によって純真・無垢なままの住民たちに不満を隠さない等、悪意を求める振る舞いに節操がなくなってきている面が見られた。

憂さ晴らしとしてオフェリアに接触し、彼女のトラウマと恋慕をネチネチつつき返すという嫌がらせを行ったり、氷の城から脱出する主人公たちを抹殺しようと試みたりするがフォウにバレてしまい、どちらも失敗に終わる。
また、異聞帯という世界そのものがいずれ破綻することも悟っており、本人はそれまでの期間を好き勝手に過ごすつもりのようである。
そして物語後半、誰の手にも負えない災厄の復活を見届け、同異聞帯に見切りをつけ退散する。


Lostbelt No.3
introにて、クリプター達の定例会議に参加してオフェリアの死を笑い話にする不謹慎さで鉄面皮なヒナコをも激怒させ、「自分の異聞帯に来るな」とまで言われる。
この会議で、異聞帯の陥落状況に焦りを感じたベリルから依頼される形で、カルデアのマスター抹殺に動く。

自身が有する単独顕現のスキルでゴルドルフに予め仕込んでおいたルージュを辿り彷徨海ノウム・カルデアに侵入。

ベリルの足元を見て最小限の手で事を成すいう契約の元、気付かれないギリギリの量のを盛ったケーキで主人公の暗殺を図るが、ゴルドルフが勝手に半分食べてしまったせいで毒の効果が薄れ、暗殺は失敗に終わった。
この予想外の事態に驚いて気配遮断のスキルが解けてしまい、警報が作動したため退散。

だが、半分とはいえまともに毒を受けたゴルドルフは余命10日という状況に陥り(主人公は風邪のような症状が出ただけで済んだが、命を涸らされる状況は一緒であり、全部食べていれば毒耐性があってもその場で死んでいた)、2018年の地球には存在しないその毒を治療するべく、カルデア一行は中国異聞帯へ向かうことになった。

撤退時「解毒したければもう一度お仲間同士(カルデアとクリプター)で殺し合いをしてもらわないと」という発言をしており、以前からの行動方針からするとユーザーの間では主人公の暗殺を意図的に手抜きするつもりではないかとも予想されていたが、彼女からすれば満を持しての策であり、本当の意味でのミスだったようだ。

毒の原料である扶桑樹を奪われまいと中国異聞帯に先回りするが、現地の王・始皇帝にその性根と正体を見透かされ、デメリットにしかならぬと無力化された上で拷問されるという、作中初の屈辱を味わうハメになり……。

関連人物

フォウ
正当防衛と偽り、理不尽極まりない理論を押し付けてフォウを虐待するというシーンはコヤンスカヤの人物像を決定づけた。
当然彼からは相当に恨まれており、第二章で逃げられた際に「ザマフォーウ!」と意趣返しを受けている。…だが、コヤンスカヤと接触して以降、彼にどんどん知性が蘇りつつあるという不穏すぎるフラグが立っている。

ゴルドルフ・ムジーク
金ヅル兼カルデア無力化のダシ。
正体発覚前は「閣下」と呼んでいたが、当然偽りの忠誠心であった。
自分がされたことや異聞帯での所業の数々からゴルドルフはコヤンスカヤを「悪魔」という程に憎悪している。それでいて彼自身は彼女に人間性(と、自分への愛情)がひとかけらでも残っている事に期待を寄せていたのか、彼女からの“贈り物”を大事に持っていた。
…が、そのゴルドルフの優しさも、彼女は最低な形で踏みにじっている。

カドック・ゼムルプス
カドックは「いささか自由過ぎる、金さえ積めば動く面倒な傭兵」と思っていたが、彼女としては主人公側と殺し合わせるつもりであった。

オフェリア・ファムルソローネ
新しい精神攻撃用サンドバッグとして目をつける。しかしブチ切れた彼女に本気で攻撃されそうになった為、やむなく手を引いた。

芥ヒナコ
コヤンスカヤに出禁を命じるほどの怒りを見せたクリプター。
他者への関心が非常に薄いヒナコがここまでの感情を見せる事は珍しく「国を滅ぼす事しかできない女」「女狐」とコヤンスカヤが何者か知っている発言でその激しい怒りをあらわにした。

言峰綺礼カイニス
同じクリプター陣営のサーヴァントで、一応は同僚のような間柄。しかし関係は良好ではなく、攻撃対象とは見ていないもののあからさまにナメた態度を取っている。
一方で両者からはその在り方をノーフューチャーだと思われており、近いうちに破滅するだろうと予感されている。

蘆屋道満
異星の神陣営の3騎目。しかしインドを気に入って住んでいるという謎の行動に呆れている。

始皇帝
コヤンスカヤをも手玉に取る程の知能を持つ王。自分の異聞帯への驚異だけでなくどこかで殺戮の限りを尽くすことを懸念してかなり徹底した無力化を行っており、コヤンスカヤはこのことを強く逆恨みしている。

レフ・ライノール
第1部において、酷似したポジションを担っていた男。
本性を現した後は悪意に走り過ぎ、作戦行動が雑になっている点も同様。

考察

彼女は、第2部から登場したキャラクターの中でも依然として謎の多い存在である。PVにも意味ありげに登場しているため、第2部における最重要キャラの一人であることには違いないだろう。

  • フォウをいたぶった際の発言から、マーリン以下数人の当事者しか知らない彼の失われた正体を知っている
  • 狐の形のイヤリング、「毛皮が立つ」など、自身を狐に例えている他、爆弾を使われた際に「耳を隠さなきゃ」と仮に狐だった場合立ち絵だけ見ればすでに隠れている耳を隠すという謎の言動がある
  • アナスタシアが放つ強力な冷気をへそ出しルックで平然と耐えている
  • そしてよく見ると口元から"牙"が覗いている
…等々、かねてより人間ではないという伏線が張られており、第三章において遂にその正体が明言される事になった。

関連項目

Fate/GrandOrder 人理継続保障機関フィニス・カルデア
ピンク髪 秘書 ロシア
悪趣味 残忍 虐待 悪女 外道 殺人鬼 吐き気を催す邪悪

キルバーンオル・ゴール……実質こいつらの女版である。
エボルトベルク・カッツェ……バックがいるということ以外は完全なる同類

pixivに投稿された作品 pixivで「コヤンスカヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2380268

コメント