ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

聖堂教会とは、TYPE-MOONの世界観で世界最大宗教の暗部として活動している団体。

死徒を始めとする吸血種、悪霊、異端などの排除を目的としておりヨーロッパはもちろん日本やアメリカなどでも活動している。
魔術協会の扱う魔術を「異端」として排斥しようとしてるが現在は協定を結び共通の敵である死徒を排除しようとしている(まぁ裏では記録に残さないで殺し合いをしているのだが)。
余談だが、彼らが目の敵として狙っているのは吸血鬼であり吸血鬼以外の吸血種は対象外。
代行者と言われる戦闘要員などが存在する。その実力はピンキリ。

Fate/EXTRA』の世界では西欧財閥と結びつきその地位を守り続けている。

Fate世界でも月姫世界でもなぜかガス会社を事件の原因として隠蔽することが多い。

所属人物

埋葬機関

死徒二十七祖に匹敵する実力を持った聖堂教会の最高戦力。その実力はまさに「神罰」。
教会内の機関でありながら魔術はおろか死徒すら戦力として利用する異端。
与えられた権力も高く、基本的に独自の判断で動くことが認められており、場合によっては聖堂教会の最高意思すらも無視した行動を取ることも許されている。ハンザ曰く、その一人一人が天変地異を起こす程だとか。
聖堂教会の司祭だったミハイル・ロア・バルダムヨォンが、当時のナルバレックと共に実力派の異端審問官を選抜して結成した組織を前身としている。
二十七祖が存在せず、死徒が力を持てないFate世界にて埋葬機関が存在するのかは不明(祖と英霊召喚が両立するFake世界を除く)。

  • ナルバレック:局長。旧設定では一位で、高い実力を持つが性格が悪いため部下全員から嫌われていた。
  • ノイ・セオナトール・グランファテマ:一位。枢機卿。ノイ司祭と呼ばれることも。『Fate/Grandorder』では、言峰神父の直属の上司である事が言及されている。
  • アンドレイ・ゴッドビバーク:二位。司祭。
  • キアラ・キッショウイン:三位。サバトによって己を悪魔へと変じさせ、いつの間にか紛れていた尼僧。
  • ミスターダウン:四位。ある呪いから自らの名前を認識できない男性。成体となった悪魔憑きを払った唯一の男。旧設定では後述のカレンと二人合わせての六位という設定だったが、この設定がリメイク後も残っているかは不明。
  • カレン・オルテンシア:旧設定ではダウンと二人合わせて六位。毒舌サドシスター。厳密にはこの六位の「相棒」がカレンという明言はないが、多数の共通項が見受けられる。リメイク後の設定でも埋葬機関かは不明。
  • メレム・ソロモン:旧設定では五位。二十七祖に名を連ねる死徒でありながら埋葬機関に所属している。リメイク後については第五位が誰かはノエルは知っておらず、現状不明となっている。ただ、リメイク後の設定では『四肢』の原理を持つ二十七祖が教会に封印されていると言われているため、これがメレムで何かしらの事情で旧作同様五位にいるのではと推測するファンもいる。
  • アーガレオン:六位。代行者。
  • シエル:七位。「弓」の二つ名を持つ代行者、カレーが大好き。数少ない祖の複数討伐記録を有する。

第八秘蹟会

聖遺物の管理・回収などを行うことを目的とした組織。聖杯戦争の監督役なども務める。


(※)当人は他の並行世界にも存在するようだが、シロウ・コトミネという名や聖堂教会での立場はこの世界だけのもののようだ。

騎士団

聖堂教会の保有戦力の一つで数で相手を圧倒する集団。


その他


出奔者

  • ハイネ・イスタリ:魔術師の生まれ。修道士として身を置いていたが、一族の問題により出奔。


余談

聖堂教会だけに限った話ではないが、TYPE-MOONの聖職者は異常な思考回路の者が多い。
ただしサイコパスなヒャッハー系というよりも、クールで信仰心が行き過ぎた求道者のほうが目立つ(そういう系がいないという訳でもないが)。

また激辛マニアが多いのも特徴。

関連タグ

TYPE-MOON 月姫シリーズ 空の境界 Fateシリーズ 魔法使いの夜
教会 神父 シスター 司祭 司教 聖職者
洗礼詠唱 埋葬機関 黒鍵

関連記事

親記事

TYPE-MOON たいぷむーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「聖堂教会」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「聖堂教会」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67113

コメント