ピクシブ百科事典

周瀬唯架

すせゆいか

周瀬唯架とは、TYPE-MOON製作のビジュアルノベル『魔法使いの夜』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

・読み:すせ ゆいか
・誕生日:1月7日
・身長:158cm/体重:49kg
・スリーサイズ:B/W/H
・好きなもの:不満なく働くひと/嫌いなもの:いいかげんなひと
・魔術系統:第八秘蹟、聖痕による身体鈍化
・魔術回路・質:D/魔術回路・量:D/魔術回路・編成:異常(神聖に耐性なし)

合田教会で働く盲目のシスター。二卵性の双子で、姉に周瀬律架がいる。
現在は姉も合田教会で働いているが、教会に赴任したのは唯架の方が先。
 教会の裏側である聖堂教会に属する代行者。合田教会の神父である文柄詠梨とは所轄が異なるらしい。


人物

町では美人として有名だが、生真面目で潔癖なきらいがある性格のせいで友人は少ない。外見は大人しそうに見えるが、短気で怒りっぽい。悪徳や偽善に慈悲は見せないが、無垢な中庸さには慈愛を抱く。
敬虔なる神の信徒。肉体労働派で、荒事専門。代行者だけあって、異端には容赦がなく、魔術師である蒼崎青子久遠寺有珠とはあまり仲はよくない。
実質的に合田教会を切り盛りする苦労人。詠梨神父が仕事をサボりがちなことを苦々しく思っている。

先天的な弱視であり、現在は完全に失明している。視覚からの情報を持たないため、他人の痛みに感情移入しにくいという面がある。

唯架が盲目なのはその身に刻まれた聖痕が原因らしいが、こちらの詳細も不明。
盲目ではあるが日常生活に支障がないレベルで周囲の状況を把握できる。特に、あらゆる人間を基本的には「脅威」として知覚する。それが最も感じやすい気配であり、殊に悪意には敏感。半径十メートルの範囲でわかるらしい。その一方で、脅威や悪意が「見えない」静希草十郎のことはかなりめずらしがっている。

関連タグ

魔法使いの夜

pixivに投稿された作品 pixivで「周瀬唯架」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 768

コメント