ピクシブ百科事典

久遠寺有珠

くおんじありす

TYPE-MOONが制作・発売するゲーム「魔法使いの夜」の登場人物。
目次[非表示]

さあ――ごっこ遊びをしましょう

プロフィール

誕生日9月30日
身長152cm
体重42kg
クラス魔女
好きなもの飾りのないひと
嫌いなもの敬いのないひと
魔術系統ユミナ
魔術回路質:A+ / 量:A++ / 編成:異質


概要

TYPE-MOON発売のビジュアルノベルゲーム、「魔法使いの夜」の登場人物のひとり。

蒼崎青子の友人にして共犯者、魔術における先生にして相棒。蒼崎橙子とは旧知の仲、青子とは一年の同居生活。基本的に人間嫌いで、青子とは立場上仕方なく関わりを持ったに過ぎないが、いつの間にか青子の唯一の友人になっていた。

人物

細い手足と陽の光を知らぬ白い肌、憂いがちな趣きの、美しい人形のような少女。
人間的な表情が乏しく、魔術師としての生き方を絶対としている。日常生活はあくまで『正体を隠して魔術を行う』のが魔女としてのあり方だから続けているに過ぎない。古より伝わりし魔女としての教えと誇りが彼女にとっての絶対不可侵のルールであるため、人間らしさを臭わせる道徳や感情は不要としている。

平均的な高校に通っていた青子とは違い、お嬢様学校に通っている。なお三人目の同居人は青子と同じ学校に通っており、それについては本人もよくわからない感情があるらしい。

自制心は強いが無感情でもない。何かを言おうとしてそれが意味のない話だと気付くと、すぐに口を閉ざしてしまい、恥ずかしそうに俯く。青子によると、その姿を見れば彼女の父も、その名前がふさわしいと思えるだろうとの事。

生まれる前から魔女であることを義務付けられていたため、十六歳にして魔術師として完成している。童話をモチーフにした呪術、薬学を得意とするワンダーランド系の魔女。

魔女の家系にある母親と久遠寺の名を持つ父の間に、イギリスにて産まれる。後に一家はとある事情から日本へ渡り幼少期の彼女は幸せな家庭にいたが、間もなく母が他界、父とは没交渉気味。その後、彼女は自分の所有物に執着するようになり、久遠寺の別荘から外に出たがらない。

人間的にも性能的にも達観者なので一番強いが、在り方としては一番弱い。孤独で束縛され、頑なに誇りを守る、時代に取り残された少女。青子は歳をとるがアリスは歳を取ることができない。割と病んデレで自傷系。お城に自ら閉じ込められたお姫様。永遠の令嬢。最後の鳥。

能力

童話の怪物(プロイキッシャー)と呼ばれる、童話をモチーフにした使い魔を使役する人形師。
青子の様に魔弾を飛ばしたりするような直接戦闘のスキルは無く、彼女の戦闘は専らプロイキッシャー達を用いて行われる。その魔術系統は母から受け継いだ他に例のないものであり、魔法以上に魔法に近い」、「最後の魔女」と称される。

使役するプロイには2系統あり、マザーグース系のもの、マザーグースを下地にした創作童話系のものがあるが、それらの中でも別格とされるのが「初代」マインスターの魔女から受け継がれてきた3つの奇跡、『グレートスリー』である。

人間が使役する神秘としては規格外に強大であり、例えばその1つにあたる『橋の巨人(テムズトロル)』は特別な能力を持たない代わりにその巨体、強度、出力はトップランクであり、千年以上も昔に詠唱され今も機能し続ける魔術である。神秘はより強い神秘に敗北する以上、現代の魔術師では太刀打ちできないとされる。
(「人の身で魔術を極めようと、そんなものはせいぜい五百年」とFate/staynightで明かされている)

なお、このプロイたちは魔術世界的にも稀有な技術であるが、子孫に継承可能なため「封印指定」にはならない。

プロイキッシャーはどれも『伝承防御』と呼ばれる特殊な防御を持ち、近代兵器にとって相性は最悪。蒼崎青子曰く「秩序の共有、意思の疎通ができていないから」、「童話の怪物にとって、彼らの世界に存在しないもの、意味が分からないモノは、触れるコトなく霧散する」のであり、通じるのは同じ神秘を帯びた魔力だけ、元となった童話に基づく弱点を突かないと倒せない。
Fate/Grand Order第2部においてこれは現実、人理に寄り添わない絶界。妖精たちが持つとされる空想を具現化した心象世界であるということが明らかにされた。

久遠寺有珠の全身には膨大な量の魔術刻印が刻まれており、その範囲は全身はおろか骨格、内臓にいたるまで。刻印がオートで治癒魔術を行使するため、仮に内臓がえぐられる様な大怪我を負っても再生することができる。また、左目はプロイキッシャーも兼ねた「魅了」の魔眼となっている。

上記の様に直接的な戦闘能力を持たない魔術師のためか、運動音痴。
自転車にも乗れず、水泳、鉄棒などもてんで苦手。学校の体育では座ってるだけだとか。

『童話の怪物』一覧

  • 夜の饗宴(ディドル・ディドル)
diddle diddle


材料猫目石と硝子
本体
原価草十郎の給料2ヶ月分
効果童話詠唱が成立される余地をつくる。既にある場合、効果を2倍にする
撃退法夜は防げないが、文明の光に弱い。駅前では使用不可
青猫の鈴であり、夜を助長させるプロイキッシャー。一度使うと壊れるが、量産可能。これを地面に沈ませることで、有珠の魔術──童話詠唱が確かな意味を持つようになる。

  • フラットスナーク

至高の幻想 クラウン·ファンタズム


名称月の油
材料神代にいたとされる、遊牧神のお腹の贅肉(脂肪分)を絞ったもの、という触れ込み
本体
顕現時夜を皮膜にして浮かぶ油。霧と雲で姿を隠している
弱点火に弱い
魔術世界において、1つの王国より稀少と値付けられた至高の幻想(クラウン・ファンタズム)。第一(はじまり)より別たれた、この世でもっとも大きな虚構。
三大プロイの一角であり、棄てられたモノ、忘れられたモノを童話的に蘇らせる。召喚されるのがオフィス街であればビルの窓ガラスに恐竜の影絵を映す程度の力しか持たないが、作中では廃遊園地に召喚されたため、非常に相性が良かった。遊園地のアトラクション、マスコット、果てはバーガーショップなどの建物すらを残らずクリーチャー化し、あらゆる道理を捻じ曲げ、遊園地そのものの規模すら拡大した。
スナーク本体も『氷の城』という巨大な氷塊を生み出し、遊園地ごと圧し潰せるだけの力を持つ。
プロイの中でも特に正体不明であり、様々な俗称を持つ。かつてマインスターの魔女に敗れた魔術師達曰く、「不可解の島」「五次元平面」。
最悪低俗な道化の王様であり、有珠の命令に従わないこともある。蒼崎青子との戦いで敗れ、消滅する。材料が材料なだけに、現代での生成は不可能。

  • 橋の巨人(テムズトロル)

童話の魔女


材料ver.によって異なる
本体淑女のフィギュア
顕現時サイズ、制圧力召喚地域によって異なる
弱点河のない場所では呼び出せない/いかに巨大なゴーレムになろうと、本体を壊せば停止する
三大プロイの一角。千年クラスの神秘と巨体を持ち、現代の魔術師では対抗できないほどに強力。実は有珠はまだテムズをうまく扱えておらず、顕現させられるのは1段階目の『木橋の巨人』と2段階目の『石橋の巨人』のみ。3段階目と4段階目は有珠にとっても未知の領域。
これは有珠が人間の文明社会に興味がなく、心象世界にある橋が『木と石まで』だからである。もしテムズを最後まで建設できる魔女が現代にいる場合、そのテムズは『産業革命時の煤煙都市ロンドン。その異名を上回る、都市の巨人』として顕現し、奥の手を出し切った蒼崎青子でも倒しきれない、突破不可能の橋になる

  • 薔薇の猟犬(ワンダースナッチ)

濃夢


三大プロイの一角。濃霧の怪物、マインスターの薔薇の猟犬。作中での描写はほとんどなく詳細は不明だが、本編より前の時期にあったという有珠と青子の殺し合いにおいて、青子に10回中100回殺される予感を抱かせたらしい。
その他、地下鉄の駅にて襲撃してきた30体以上の自動人形(オートマタ)の群れを一瞬で殲滅している。

  • おしゃべり双子

有珠おめイラスト


材料カスタネットとホッチキス
本体ダイス
うるさい方がトゥィードルダム、さわがしい方がトゥィードルディー。
ダイスを振って出た目でカタチが変わるプロイ。「肝心要の6の目だけは出さないように」といってくるが、ズルをしないと6の目しか出ないようになっている。6の目が出たときには子豚の姿をとる。
森に拠点を張っていた敵魔術師の腕を丸呑みし、動きを拘束した。呑まれるのは腕だけにも関わらずそれだけで全身が動かなくなる。
幻惑、魅了、強制、氷結、屍蠟、魔眼の最奥である石化、薬物から魔術といった多くの戒めを経験した口裂け男にとっても未知の経験であり、どのルールにも当てはまらない、まるでこの世のすべてと乖離していると感じさせた。
人間社会に毒されているため、普通の魔術が効きやすいのが欠点。

  • 午睡の鏡、セカンドチケット

材料古い鏡、魔女の滴
本体有珠の部屋の鏡/ロビーの鏡
顕現時
効果結界の作成/物理法則の緩和、曲解
撃退法鏡を割る。
チェスの駒がモチーフの「名無しの森」と合わせて使う。もともとは内部に異世界を持つだけの世界卵(エンブリヲ)で、長いこと壊れていたが、蒼崎橙子と有珠の母が協力して作り直した。
役割は基本的に三咲市全体の索敵と洋館内の警備。たまに暴走して洋館内にゲートをつくり、通る人を鏡の中に招いてしまうのが難点。
三大プロイにはなれなかったものの、機能的には負けていない。

  • 名無しの森

材料トネリコの芽
本体チェスのコマ
効果人よけのまじない
弱点自然物・天然素材に効果はない
「午睡の鏡」とあわせて使う。置いた位置に相当する場所の効果範囲に、『この先に用はない』という暗示がかかって人避けになる。異常を異常と気付かせない、一流の結界。
だが、静希草十郎には効果がなかった。ロビン曰く、「空気読まないヤツには通用しないってコトッスね」。

  • スクラッチ・ダンプティ

材料オークの木と真鍮細工
本体手製のイースターエッグ
顕現時10倍~30倍に巨大化
効果観察対象に向かって、所有者を称える唄を歌い続ける。唄が終わると扉が開き、観察対象を卵の中に閉じ込める
効果Ⅱ唄を歌っている途中、観察対象が卵から目を離すと落下し、呪いのカケラを振りまく
撃退法唄が終わり、扉の中から手が出てきた時に目をそらす
マザーグースの唄にあるハンプティ・ダンプティをモデルにしたもの。破壊不可能であるかわりに目を離さなければ何もしてこないプロイキッシャーではあるが、乱戦時にこれほど嫌なプロイもまたない。

深更の魔女【加筆修正版】



  • シックス・スィング・チョコレイト

材料カカオマス、ココアバター、粉骨
本体収納箱
効果24羽の使い魔を収納する。戦闘能力は皆無。三咲町を監視する鳥たちのネットワーク。不貞を働こうとするものを見つけ出す。また、魔力で錬成されたチョコレイトなので、負傷者の傷に溶けこんで応急処置をする、という汎用性もある
撃退法普通の使い魔レベルのプロイキッシャー。実は鉄砲でも倒せる。1日に10羽は電柱にぶつかって墜落死している。箱を閉じると、行動中の椋鳥はすべてチョコレイトに戻る
有珠が偵察用に使用している使い魔・・・なのだが、時々青子がおいしく失敬している。

  • ロスト・ロビン・ロンド

ゆくとしくるとし


空蝉のプロイキッシャー。事前に手元から放しておくことで、殺されそうになったときに一度に1回ずつ身代わりになる。
とにかく無駄口が多く、よく有珠に制裁されている。

  • スクリプス・ハンプティ

材料魔女の歴史
本体なし
効果重複詠唱。魔眼のアクロスティック化
撃退法多大な魔力を必要とするため、ディドル・ディドルが働いていないとアクロスティックはできない
久遠寺有珠の左目にある魅了の魔眼。義眼なのではなく、左目がプロイキッシャー扱いというもの。魅了は暗示の一種であり、囚われた相手は指一本動かせないが、内臓は問題なく動くため「運動」ではなく「行動」を禁じる魔眼である。
アクロスティックとは「1つの言葉にたくさんの意味を持たせること」であり、ルイス・キャロルの提示した「鞄語」に同じ。異なる2つの意味を新しい「言葉」として生み出すルール変更。
蒼崎橙子は事前に夜の饗宴(ディドル・ディドル)を封じる手段を講じていたため事なきを得たが、仮にアクロスティック化もされていたらその時点で詰みだったらしい。

  • スノウホワイト

材料最初の過ち
効果数分だけ粉雪が降る
有珠が初めて作ったプロイキッシャー。失敗作であり、魔術戦には使えない。使い道はないが、記念としてとってある。ブローチの形をした砂糖細工。

  • 願掛け卵(スイーツハーツ)
卵形のプティング。王冠をさかさまにして、ゆで卵をのせたような形をしている。呪いと確率変動、二心同体、願掛けによる魔力強化のプロイキッシャー。
一定範囲を舞台に「ゲーム」を執り行う。使用者が定めた条件が満たされたら発動し、一日の間稼動する。ゲーム中は新しいルールが一つ追加される。ゲームをクリアして生き延びたパーティの魔力を向上させる、戦闘前の運試しみたいなもの。大抵は全滅するデスゲーム。ゲームの区域からの脱出は困難。ゲームをクリアすれば、仮に中で何人死んでいようとも、内容は無効扱いになる。また、ゲーム中の記憶は失う。
ゲームをクリアする条件は、使用者を暴くことと、ゲーム終了時間まで誰かが生き残ること。使用者がプティングを食すと、スイーツハーツは自身を食べた相手そっくりに擬態する。使用者は卵の中に閉じこめられ、本物と偽物は入れ替わる。つまり使用者を暴くということは、誰が入れ替わったスイーツハーツであるかを突き止めることを意味する。
ただし、擬態している間はスイーツハーツ自身も自分がプロイキッシャーであることは忘れている。「ルール実行可能」な条件になると自動的に切り替わり、スイーツハーツとして活動する。再び擬態状態に戻れば、スイーツハーツであった時の記憶は失われる。完全潜行型で、魔力の感知で正体を暴くことはできない。
不正解を指摘したり、証拠不十分だとゲーム失格となるため、あてずっぽうで片端から試してみるという方法はとれない。
思春期限定、女の子限定。食べたときに願っていたことが報酬として叶う。使用条件は、片思――

  • ゴブリンフロン
香水。かけると一日、悪口とスラングしか言えなくなる。

  • 収納の小瓶
正式名称不明。名前を呼ばれて返事をした人間を、小さなガラス瓶の中に閉じ込める。内部は絵本の中に入ったかのようで、「空気が文字になったよう」に感じられる。中から外の声は聞こえるが、中の声は術者にしか聞こえない。
きちんとしたものとは別に、片手間に作った劣化品もある。抵抗する意思が残っていると割れるシロモノで、眠っているか、衰弱しているかしないと効果がない。また、相手に薬や魔術を使って意思を奪っている場合も、その余分な「重み」で割れてしまう。

関連イラスト

C82
マイ天使


ありす
まほよのうすちゃん



関連タグ

TYPE-MOON 魔法使いの夜 蒼崎青子 蒼崎橙子 静希草十郎

関連記事

親記事

魔法使いの夜 まほうつかいのよる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「久遠寺有珠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2981009

コメント