ピクシブ百科事典

久遠寺有珠

くおんじありす

TYPE-MOONが制作・発売するゲーム「魔法使いの夜」の登場人物。
目次[非表示]

さあ――ごっこ遊びをしましょう

プロフィール

誕生日9月30日
身長152cm
体重42kg
クラス魔女
好きなもの飾りのないひと
嫌いなもの敬いのないひと
魔術系統ユミナ
魔術回路質:A+ / 量:A++ / 編成:異質


概要

TYPE-MOON発売のビジュアルノベルゲーム、「魔法使いの夜」の登場人物のひとり。

蒼崎青子の友人にして共犯者、魔術における先生にして相棒。蒼崎橙子とは旧知の仲、青子とは一年の同居生活。基本的に人間嫌いで、青子とは立場上仕方なく関わりを持ったに過ぎないが、いつの間にか青子の唯一の友人になっていた。

人物

細い手足と陽の光を知らぬ白い肌、憂いがちな趣きの、美しい人形のような少女。
人間的な表情が乏しく、魔術師としての生き方を絶対としている。日常生活はあくまで『正体を隠して魔術を行う』のが魔女としてのあり方だから続けているに過ぎない。古より伝わりし魔女としての教えと誇りが彼女にとっての絶対不可侵のルールであるため、人間らしさを臭わせる道徳や感情は不要としている。

平均的な高校に通っていた青子とは違い、お嬢様学校に通っている。なお三人目の同居人は青子と同じ学校に通っており、それについては本人もよくわからない感情があるらしい。

自制心は強いが無感情でもない。何かを言おうとしてそれが意味のない話だと気付くと、すぐに口を閉ざしてしまい、恥ずかしそうに俯く。青子によると、その姿を見れば彼女の父も、その名前がふさわしいと思えるだろうとの事。

生まれる前から魔女であることを義務付けられていたため、十六歳にして魔術師として完成している。童話をモチーフにした呪術、薬学を得意とするワンダーランド系の魔女。

魔女の家系にある母親と久遠寺の名を持つ父の間に、イギリスにて産まれる。後に一家はとある事情から日本へ渡り幼少期の彼女は幸せな家庭にいたが、間もなく母が他界、父とは没交渉気味。その後、彼女は自分の所有物に執着するようになり、久遠寺の別荘から外に出たがらない。

人間的にも性能的にも達観者なので一番強いが、在り方としては一番弱い。孤独で束縛され、頑なに誇りを守る、時代に取り残された少女。青子は歳をとるがアリスは歳を取ることができない。割と病んデレで自傷系。お城に自ら閉じ込められたお姫様。永遠の令嬢。最後の鳥。

能力

「プロイキッシャー」と呼ばれる、童話をモチーフにした使い魔を使役する人形師。
青子の様に魔弾を飛ばしたりするような直接戦闘のスキルは無く、彼女の戦闘は専らプロイキッシャー達を用いて行われる。その魔術系統は母から受け継いだ他に例のないものであり、「最後の魔女」と称される。なお、このプロイたちは魔術世界的にも稀有な技術であるが、子孫に継承可能なため「封印指定」にはならない。
このプロイは別名、魔女の遺産。Fate/Grand Order第2部においてこれは現実、人理に寄り添わない絶界。妖精たちが持つとされる空想を具現化した心象世界である伝承防御を持つということが明らかにされた。

久遠寺有珠の全身には膨大な量の魔術刻印が刻まれており、その範囲は全身はおろか骨格、内臓にいたるまで。刻印がオートで治癒魔術を行使するため、仮に内臓がえぐられる様な大怪我を負っても再生することができる。また、左目はプロイキッシャーも兼ねた「魅了」の魔眼となっている。

上記の様に直接的な戦闘能力を持たない魔術師のためか、運動音痴。
自転車にも乗れず、水泳、鉄棒などもてんで苦手。学校の体育では座ってるだけだとか。

関連イラスト

C82
マイ天使


ありす
まほよのうすちゃん



関連タグ

TYPE-MOON 魔法使いの夜 蒼崎青子 蒼崎橙子 静希草十郎

pixivに投稿された作品 pixivで「久遠寺有珠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1832864

コメント