ピクシブ百科事典

遠野志貴

とおのしき

同人サークルTYPE-MOON制作のビジュアルノベルスゲーム『月姫』の主人公。
目次[非表示]

───教えてやる。これが、モノを殺すっていうことだ

例外はない。限界(いのち)を知れ吸血鬼。カタチがある以上、消え去るのが最低限の決まり事だ

プロフィール

誕生日10月15日
血液型AB型
身長169cm
体重57kg
CV野島健児MELTY BLOODカーニバル・ファンタズム) / 鈴村健一真月譚月姫


概要

TYPE-MOON制作のビジュアルノベルスゲーム『月姫』の主人公
黒い短髪に眼鏡と、整ってはいるが地味な印象の少年。やや病弱。
あらゆるモノを「殺す」ことが出来る「直死の魔眼」を持つ。
父親の訃報と共に実家の遠野家へと呼び戻されるが、その日の夕方、ある女性を十七分割し殺してしまったところから物語は始まる。

略歴

財閥の家系で鬼との混血として裏で知られる遠野家の長男。
幼少期に二度の臨死体験をし、それによって物の死を見る事の出来る「直死の魔眼」を得てしまう。
それがもとで一時は気が狂いそうなほど悩んでいたが蒼崎青子によって救われる。
その際に魔眼殺しの眼鏡をもらい、眼鏡をかけている間は魔眼の力が抑えられるようになった。

交通事故で入院した際、父親・遠野槙久に有間家に送られるが、八年後に、槙久の死後当主となった妹の遠野秋葉により遠野の家に呼び戻される。
その日の学校の帰り道にアルクェイドに出会い、衝動的にナイフで切り掛かり十七個の肉片に分割してしまう。その後、復活したアルクェイドに「私を殺した責任取ってもらうんだからね」と吸血鬼退治を手伝わされることとなる。

実は遠野志貴は遠野家の長男ではなく、養子。遠野家によって滅ぼされた退魔一族『七夜家』の人間。本名を七夜志貴という。
七夜の当主・七夜黄理の長男として生まれ、暗殺を止めた七夜家で静かに暮らしていたが、七夜の退魔能力を恐れた当時の遠野家当主・遠野槙久が軋間紅摩を使い、七夜当主を殺して七夜一族を皆殺しにした。志貴も殺されかけるが、その時槙久が槙久の長男『四季』と志貴の名前の音が同じだったことに気紛れを起こし、遠野に引き取る。
槙久は志貴に、四季・秋葉の幼い混血に対し七夜の血の抑止力を期待していたが、歯止めにはならず、ある日四季が暴走するという事件が起こる。槙久は四季に襲われ死にかけた志貴の七夜の記憶を洗脳により完全に消し、分家の有間家に追いやって厄介ばらいをした。
この時より遠野志貴という人生が始まる。

人物

良くも悪くも、真面目でお人よし。
基本的に中立的で優しく、困っている人間はほっておけない性質であり、特に女性に対しては甘い。
一方で、学友との付き合いでは意外と悪ガキぶりを発揮していたりと、意外とお茶目。
ただ、こうした部分は意識を変えられた洗脳と、青子先生の教えによる部分が大きく、本質は世捨て人じみた自然主義者。また病弱でいつ死んでもおかしくないため、そうした死の雰囲気を嫌って学校では孤立していることが多く、彼を理解できる人間は少ないが、そうした諸々のマイナス要因を受け止められるだけの人物たちからは非常に好かれる傾向にある。
眼鏡を外すとポエマーになるのはご愛嬌。

学校の先輩であり教会の代行者であるシエル、妹の秋葉、そしてアルクェイドと言った様々な女性に好意を寄せられているが全く気づいておらず、妹の秋葉からも「朴念仁」と言われている。釈明しておくと女たらしというわけではなく、むしろ一度思いを傾ければ一途に貫く男気がある。琥珀曰く「既成事実さえ作れば、勝手に鳥かごに収まってくれるタイプ」らしい。

また、そんな性格であるがゆえに、よく乙女心の地雷を踏む―というか、地雷原の上で平気で踊っては踏み抜きまくるMELTY BLOODでは、そうやって戦闘パートに突入することも少なくなかったり。
理想の妹は瀬尾晶、という将来の地雷も抱えている。

ほぼ無趣味で、強いて挙げるとすれば『刃物収集』。
まあでも世捨て人的な性格をしているとはいえ、CDや文庫を買い、時々は焼肉大好き。普通の少年の楽しみも謳歌しているようだ。……ただ、秋葉がとにかくプライベートに干渉してくるため、大っぴらに趣味が持てない(見つかると問答無用で処分されるため)というのも、彼の無趣味に一助している側面はある。

ちなみに、「Fate/EXTRA」にて眼鏡の回収を頼まれるが、その眼鏡が魔眼殺しだそうな。
また作中で登場する臥藤門司バーサーカーの本来のマスターは、「学生服の少年らしい」とのことだが関連性はいかに。

能力

退魔家七夜という生まれの家系ゆえか、その身の内に強い七夜の退魔衝動を隠しており、普段は槙久に受けた洗脳が忘れさせている。しかしあまりにも強い魔を感じると、この衝動は発露してしまうことがあり、月姫の冒頭でアルクェイドを襲ったのはこのせいである。
七夜の退魔衝動は七夜一族の血に含まれ、志貴にはどうにもできない困ったものでもあるが、言い換えれば退魔としての最大の敵、魔に反応することは、結果として志貴の身を守ってもいる。
長年押さえ込まれた衝動が、志貴の場合発露の回数は少ないが非常に濃いものとなってしまっている。この衝動に飲み込まれると、意識が「反転」して冷酷な暗殺者としての姿が出る

歌月やメルブラでは、このような姿の志貴を象った幻影、七夜志貴が登場する。
この志貴は遠野志貴と同一人物だが、遠野志貴ではない。遠野志貴が忘れている七夜の記憶をすべて持ち、七夜の体術を志貴より上の使い手として用いる。
志貴は七夜の体術を教わっておらず、七夜が滅んでいるので学びようがないが、幼い頃に護身程度のものなら習っている。しかも志貴は暗殺者としては育てられなかったのに、父親・七夜黄理の真似ならやっていた。なので七夜はそこから黄理に近い体術を使え、志貴は月姫以降、少しずつ七夜の記憶を取り戻している。

直死の魔眼

もともと七夜の能力である「淨眼」が二度の臨死体験で変異したもの。死の線・点が視え続けるということは、脳や神経に非常に負担をかけるため、普段は「魔眼殺しの眼鏡」をかけて抑制している。ちなみに通常の視力は2.0以上で、レンズによる矯正はまったく必要ない。

モノの殺しやすい部分である「線」と、死そのものである「点」を視認できる。線と点は黒く見える。
変異という経緯から、志貴の身体には魔眼に耐えうるだけのスペックが備わっておらず(しかも2度の臨死体験からの病弱も合わさり)、酷使すると脳がオーバーロードし廃人になる危険が高い。
普段から「魔眼殺し」でセーブしているのもこのため。

関連画像

魔を狩る者
『これがモノを殺すと言う事だ』



関連タグ

TYPE-MOON 月姫 歌月十夜 メルブラ
主人公 眼鏡 ナイフ 学ラン
アルクェイド・ブリュンスタッド 遠野秋葉 シエル先輩 琥珀さん 翡翠ちゃん 弓塚さつき 七夜志貴

pixivに投稿された作品 pixivで「遠野志貴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1201223

コメント