ピクシブ百科事典

直死の魔眼

ちょくしのまがん

TYPE-MOONより発売された同人ゲーム「月姫」および同人小説「空の境界」に登場する能力。
目次[非表示]

概要

TYPE-MOON作品に登場する魔眼の一種。ランクは「虹」(とされているが、事件簿FGOそう言及した者たちは「見るだけで殺す」ものを想定していたため信憑性の程は明らかではない。蒼崎橙子空の境界第4章の中で「睨むだけで生命を死に至らしめる魔眼と大差はない。」と評している)。

”死”を視覚情報として捉えることのできる眼。
この目が読み取って視覚する”死”とは「生命活動の終了」ではなく、 ”いつか来る終わり”(死期、存在限界)という”概念”である。
なお、「魔眼」と呼ばれてはいるが、正式には超能力の一種。直死の異能は、死を視覚化出来る眼球と、それを認識し理解出来るが揃うことで初めて機能する。一般的な魔眼のように、他者へ移植しても意味がなく、仮に眼球を潰したとしても視覚化する事が可能。

”死”は線と点で見えるもので、強度を持たない。
「死の線」は存在の死に易いラインを表し、線をなぞり断てば対象がどんなに強靭であろうと切断される。
また線で斬られたその部分は「殺された」扱いとなり、例えば人外の再生力を持つ吸血鬼などでも腕の再生などがほぼ不可能になる。
地球からのバックアップを受ける星の触覚たる真祖、しかもその王族であるアルクェイドすら十七分割された時には再生に丸一日かかり、
後遺症であらゆる能力がガタ落ちになり普段の半分の力も出せないなどの通常ならあり得ないほどのピンチに陥ってしまっていた
「死の点」は死の線の源であり、寿命そのもの。死の点を突かれた例外なく存在は死ぬ。
(正確に言えば、存在の”意味が死ぬ”ことになる)

”死”に至らしめることが可能なのは生物だけに留まらない。
”いつか来る終わり”を持って存在しているモノである限り、あらゆるモノ(時には概念すら例外ではない)を殺すことができる。
これに付随する効果として霊体や超能力、魔術などの一般人には視認できない超常のものも視認できるようになる。

「未来」などの不確かなモノを”殺す”ことは本来できないが、未来視により確定された「未来」は別となる。

対象物の中の限定的な部分に関する線や点だけを突くことも可能。
例えば、体内の毒物や病んだ内臓などを限定して殺せば他は傷つけずに排除できるため治療としての応用が出来る。

なお、触れるだけであらゆるモノを殺す事が可能だが、結果的にはただの「死」であるため、「魔法」には含まれない。

弱点

どうやっても殺せない(壊せない)モノ、魔眼の所有者にとって理解できないモノは、その”死”も理解できないので線も点も視えず、殺すことはできない。
また、「死」の概念が無いものにも効果は無い。などの高次存在や、星の抑止力から正式に召喚された英霊も該当する。ただし聖杯戦争にて召喚されるサーヴァントは、その身に「霊核」と呼ばれる急所を持っているため殺す事は可能。
アルクェイド・ブリュンスタッドは夜であれば地球からのバックアップによって死の要因がまるで無くなってしまう為、その死を視る事はできない。また、原作者の奈須きのこ氏はORTに関して、「直視の魔眼ではコイツは殺せません。死の概念がないので物理的に破壊するしかないのである」と述べている(『Character material』 71ページ)。
式の「生きているなら神様だって殺してみせる」という台詞は、文字通り生死の概念が無い現象となった現代の神々ならば殺す事は不可能という証明でもある。

次に、対象の線を切り裂く事が条件となる為攻撃が当たらなければ意味がない。
如何に死を視覚化しようとも、殺すためにはその線と点に触れなければならない。つまり、殺す対象が自身の身体能力を上回っている場合や、対象が遠距離にいる場合は殺す事が不可能となる。
式と志貴の両名は一般的な人間を遥かに上回る身体能力を保持しているため問題無かったが、仮に前述のサーヴァントが相手になる場合は身体性能の差から難易度は上がる(FGOでは式がサーヴァント化しているため問題ない)。

また、魔眼の所持者の認識によっても違いがあり、例えば壊れた機械を「壊れている(死んでいる)」と認識すると殺せない。
殺す際にも、魔眼で見るだけではなく死の線・点に干渉しなければならない。つまり、殺す対象が魔眼所有者以上の身体能力や移動術を体得していると、それだけで殺すことは困難になってしまう。
ちなみに魔眼の所有者が生物である場合、非生物(物質や概念)の死は理解し難いためその「死の線」は見え辛く、その「死の点」を視ることは不可能。

同様に「死の概念」を読み解くのが困難なものを体内に仕込んでいる生物の場合、線や点が注視して辛うじて見えるほど細くなってしまう。
一例として、左手に「生きながら入滅した」聖者の仏舎利という「複雑で高度な死の概念」を埋め込んでいた荒耶宗蓮は直死の魔眼を躱すことに成功している。

また直視の魔眼の開眼者は例外なく自殺しかねなかった程のおぞましい光景を見ることになる
そもそも人間が普段知ってるようで実は眼を背けている「死」というものを否応なく直死の魔眼で常に見続ける事になり、
世界のあらゆる脆さや自らの手で簡単に殺せてしまうという状態に常にさらされることにより精神に多大な負担をかける。
実際、式は開眼後に即座に自分の眼球を潰そうとし、志貴は蒼崎青子に会い魔眼殺しを与えられなかったら精神が病む一歩手前まで陥っていた。

使用者による性能差

遠野志貴両儀式ミハイル・ロア・バルダムヨォンの3名が直死の魔眼を使うが、それぞれ性能に差がある。また厳密にいえば、ロアのものは直死の魔眼ではない。

ロアの“疑似”直死の魔眼

ロアの魔眼は何度も何度も転生を体験した事により、『生物を生かしている部分』を視覚情報としてとらえられるようになったもの。このため、『モノの死にやすい部分』を視覚情報としてとらえる直死の魔眼とは見える線の位置が異なり、生かしている部分を見るという性質上、非生物に対しては何の効力も持たない。
また志貴と式がその線や点を壊せば“モノを殺す”事が出来るが、ロアの疑似魔眼はあくまで“生命力を削ぐ”ことに依拠するため、削られた生命力を何かしらで補填すると無効化されてしまう。

遠野志貴の魔眼

遠野志貴の魔眼は二度死にかけた事で、元々持っていた七夜志貴としての超能力「ありえざるモノを視る」眼である「浄眼」が変質したもの。死の線や点は黒く見える。
ロアの魔眼と違ってこちらは非生物でも殺す(壊す)事が可能だが、非生物以外の線や点を視ようとすると、脳に多大な負担がかかる。これは、もともとの彼の肉体には「浄眼」の異能しかなく、死を見るだけのスペックを持たないためである。また、空(何も無い空間)には線や点が視えない為、壊す事ができない。
なお彼の鏡面である七夜志貴は、『MELTY BLOOD』初登場時には志貴より劣化した魔眼を得ていたが、以降のシリーズでは劣化したタタリの影響で魔眼まで再現されず使えない。
将来的な一つの可能性としては、直死の魔眼の力が強くなり過ぎて魔眼殺しでも制御できなくなる可能性がある。

両儀式の魔眼

両儀式の魔眼は「虚無」という起源によって元々先天的に備わっていた機能が、男性人格である「織」の喪失をきっかけに死に触れ、覚醒したもの。彼女の魔眼も志貴と同じように「浄眼」が変質したものだという(「TYPE-MOON Fes」パンフレットより)。死の線は赤白く見える。
もともと『 』と繋がっていたことや彼女自身の体質・スペックの関係で、遠野志貴のように脳に負担がかかる事は無い。さらに式の場合は能力のオンオフをある程度コントロールできる模様。
生物非生物はおろか、空(何も無い空間)にすら線が視えており、点は視えないにも関わらず殺す(壊す)事が可能。さらには彼女の魔眼は物質や現象に限らず、「確定した未来」という概念すらも壊せる。

しかし両儀式であっても「言葉」を殺すようなことは不可能(魔眼を使っても言葉を「死語」にはできないので。)

『え?知らないのか、ロケット鉛筆』――蒼崎橙子

関連タグ

TYPE-MOON 奈須きのこ 月姫シリーズ  空の境界
遠野志貴 両儀式
魔眼(TYPE-MOON) 浄眼

バロールケルト神話の神。死の点や線を切断・刺突せずとも視ただけで相手を殺すという完全上位互換の魔眼を持っている。TYPE-MOONの設定ではオリジナルはこのバロールの魔眼であるとされている。

ありとあらゆるものを破壊する程度の能力:『東方Project』の登場キャラ「フランドール・スカーレット」が有する類似の能力。対象の弱点たる「目」(死の点に相当)を視認し、それを自分の手の内に移動させて握り潰すことで対象を破壊する。その性質上、遠距離の対象も問題なく破壊可能。ただし未だに謎が多い能力でもあり、形の無いものを破壊できるかや、直死の如く完膚なきまでの「死」を与えられるかは不明。

関連記事

親記事

魔眼(TYPE-MOON) たいぷむーんのまがん

子記事

  • 浄眼 じょうがんまたはじょうげん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「直死の魔眼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2431668

コメント