ピクシブ百科事典

化野菱理

あだしのひしり

化野菱理とは小説『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』の登場人物である。
目次[非表示]

人物

CV:皆口裕子

魔術協会の時計塔法政科に所属する和服姿の美女。魔眼殺しの眼鏡を掛けている。
蛇を思わせる底知れない人物。
魔術師としての詳細は不明だが、生き残ることに特化している能力らしい。魔眼蒐集列車では呪縛用の魔術を使用した。

ロード・エルメロイⅡ世にシンパシーを感じているが、当の本人からは苦手意識を抱かれている。
ライバル探偵のポジションを務める事もあるが、事態を収めるのを重視しているため、「ある程度筋が通っていていれば、それが真実である必要はない」というスタンスであり、細かい矛盾は偽装して握り潰す事も辞さない。

ノーリッジ家の元養子であり、前現代魔術学部学部長ドクター・ハートレスの義妹。ただし、法政科に移った際に過去を抹消した模様。

初登場は原作1巻、剥離城アドラで開かれた遺産相続の代理人として出席した。
アニメでは4話からの登場で、コドウィントン本家からの依頼でマーベリー工房の調査を受け、ウィルズ・ベラム・コドウィントンを第一容疑者と見なす。

登場作品

名前だけ登場。フラット・エスカルドス回収へスノーフィールドへ向かおうとしたロード・エルメロイⅡ世に対し、過去の聖杯戦争で死亡したロードの例を懸念し彼のスノーフィールド行きを妨害する。

聖杯戦争中の穂群原学園に、笠間という偽名を使って校医としてゲスト出演(?)。
この世界でも上記にも記されているあの人と面識がある。

聖杯戦争終了後、出番も終わりかと思いきや、氷室たちが参加していた英雄史大戦のキャラバンにて突如として本格参戦。
カードの特性を完全に理解したプレイング、戦況を読み解く観察眼、非常に高度なハンドスキルを持ち合わせた本物の実力者で、下馬評で優勝候補と目されたチャンピオン、これまで負けなしだった綾香を下している。どこで覚えたんだろう
魔術師2名が出場している大会に参加しており、また英語で何者かと通話をして大会の状況を逐一報告しているようだがその目的は不明。(英会話部分は単行本12巻で翻訳されている)
凛は大会に別の魔術師が参加している可能性を挙げ、そちらが化野の本命と推測しているが、ゲーム中に念話で真相を聞き出した綾香はゲームの最中にも関わらず崩れ落ちた。

第五次聖杯戦争発生時に登場しているが、本来の時間軸であればこの時期に彼女はここにはいない。「桜ルートVer1.5」とされ、彼女以外の介入者も出てきている『氷室の天地』だからこその登場だと、四コマぱれっと内のインタビューで磨伸氏が語っている。
また、事件簿世界では喪服のような地味な着物を着ているが、ひむてん世界では晴れ着のように華やかな和装を着込んでいる。実はここにも未公開の裏設定があることがtwitterで語られている。

関連項目

Fateシリーズ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
ライダー(Fate/staynight):長髪の美女、眼鏡、魔眼、蛇のイメージなどの共通点がある。ロード・エルメロイⅡ世が苦手としている相手という意味でも同じ。
ゴルドルフ・ムジーク:同じく時計塔法政科の魔術師。

関連記事

親記事

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 ろーどえるめろいにせいのじけんぼ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「化野菱理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143374

コメント