ピクシブ百科事典

魔法(TYPE-MOON)

たいぷむーんのまほう

TYPE-MOONの世界観における、その時代におけるすべての技術や知識をもってしても不可能な事象のこと。
目次[非表示]

概要

「魔術」とは異なる神秘、魔術師達が目指す最終到達地点である「根源の渦」から引き出された力の発現。その時代の文明の力では、いかに資金や時間を注ぎ込もうとも絶対に実現不可能な「結果」をもたらすものを指して「魔法」と呼ぶ。対して魔術は、一見ありえない奇跡に見えても、「結果」という一点においては、別の方法で代用ができる。

例えば魔術を用いて何もない虚空に火炎を出現させ、敵を攻撃して燃やすことは、一見してありえない奇跡に見えるが、「火で燃やす」という「結果」を問うなら、火打ち石でもマッチでもライターでも、火炎放射器でも代用ができる。魔術では再現できない直死の魔眼ですら、過程ではない、もたらされる「結果」を問えば、単純に「死」であるため、魔法の域にはない。

人類が未熟な時代には数多くの魔法があったが、それらは文明の発達にともなって、殆どが魔術へと格下げされた。
魔法は根源の渦に直接繋がっているものであり、根源に到達すれば魔法を得ることができ、逆に魔法を開発することで根源に到達することもできる。第一と第五が前者であり、第二、第三、第四は後者。
これらのことから根源への到達と魔法の獲得は混同・同一視されるが、『同じ理論、同じ方法で根源に辿り着いても一番目でないなら魔法にはたどり着けない』ためどれほど優れていても二番目以降には意味がない。大昔にはそうでもなかったらしいが、現代においては『一度使われた未知(ルート)は確定(とざ)されてしまう』。

かつて一番初めの魔法使いが「最終的に、人間に残される最後の課題は五つだろう」と発言しており、最後の席である第五魔法が埋まったことで、現代の魔術師達は魔法抜きで根源に辿り着くしかなくなっている。
とはいえ魔法の獲得は本来根源へ到達した魔術師への御褒美のような扱いであり、魔法を使うだけの肉体性能がなくとも根源への路ができただけで魔術的にはやりたい放題であるため、真っ当な魔術師はとうの昔に魔法による根源到達に見切りをつけている。

魔術が人知の及ぶ範囲なら限界はないのに対し、逆に魔法は『天の外の神の摂理』であり、人にも星にも含まれない業。一つのことしかできず汎用性がないため限界だらけだが、誰にもできないことを可能とする時点で、魔術世界にとっては万能とされる。

当然神秘としても強大であり、魔法使いの夜においては蒼崎青子が、魔術が太陽からの恩恵を利用しただけものにすぎないなら、魔法は太陽そのものを扱うものであるという喩え方をしている。
(神秘の性質として、詳細を知る者が増えれば増えるほど力が分割されていくため、担い手が1人しかいない魔法は強力な神秘ということになる。)

現在、魔術協会から正式に認可されている魔法はわずかに五つ。使い手は第一魔法の使い手が既に世を去っているため、五人とも四人とも言われる。その内容はたとえ協会の魔術師であろうと末端の人物や、そもそも協会に属してさえいない部外者には知らされていない。また中でも第三魔法は協会でも秘密にされていた禁忌中の禁忌。

田舎の一族やまだ歴史の浅い家系なら魔法使いの定義くらいしか知られていないものの、連綿と続いてきた家系なら魔法の位置づけとゼルレッチの名前は子供のころから教えられ、時計塔に入ると否応なくゼルレッチの名前は耳にするようになり、開位あたりになる頃にはもうひとりの魔法使い、ユミナの名前を知るようになるという。

第一魔法

……はじめの一つは全てを変えた。

担い手は既にこの世から消滅(ただし痕跡は未だに残っており、子孫も生存している模様)、詳細は全くの不明であり、劇中登場した人物の発言などからの推測しかできないが、Fate/hollowataraxiaでのバゼット・フラガ・マクレミッツの「死者の蘇生には『時間旅行』、『並行世界の運営』、『無の否定』のいずれかが絡む」という発言とエーテル塊の説明にある「無を生み出す」という一文から「無の否定」ではないかという説が有力視されている。

成立自体は第三魔法より後であるものの、第一魔法が『第一』と分類されるのは、その特性も関与しているとされる。また、事件簿マテリアルの「時計塔の年表」において第一魔法の担い手が誕生したのはAD前夜となっている。
担い手はユミナ時計塔における植物科の創立者であり、人間と違う生き物である『魔女』と呼ばれる超自然的な存在。純血の魔女マインスターである久遠寺有珠はその直系にあたる。

第二魔法「並行世界の運営」

……つぎの二つは多くを認めた。

キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグの到達した魔法。あるときのAではなくBを選んでいたら、世界は別の道筋を歩む。そういった、数限りなく存在する並行世界を行き来するというもの。ただし、並行世界の「移動」ではなく「運営」であるため、応用も含めて並行世界に関係するあらゆる事象を引き起こせると思われる。現在のところ、最も触れられる機会の多い魔法であり、第二魔法そのものではないものの、その応用や一部再現とされるものも多く登場している。

第三魔法「天の杯

……受けて三つは未来を示した。

魂の物質化。使用者については不明だが、アインツベルン家はその魔法使いの弟子が起こした工房である。しかし、ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルンの代には既に失われていたことが確認されている。物質界において唯一永劫不滅でありながら、肉体に引きずられ、劣化していく魂をそれ単体で存続できるよう固定する真の不老不死を実現させる魔法。魂そのものを生き物にして、次の段階に向かう生命体として確立する。また、魂を別人の肉体に定着させたり、永久機関とすることで魂のエネルギーを魔力として無尽蔵に汲み出す事すらも可能。
また、聖杯戦争はこの第三魔法を再現させるための大規模な魔術儀式である。

第四魔法

……繋ぐ四つは姿を隠した。

使い手、内容ともに全くの不明であり、第一魔法のように手がかりがあるわけでもない。しかし、「存在すること」そのものは確かなようだ。

第五魔法「魔法・青」

そして終わりの五つ目は、とっくに意義を失っていた。

蒼崎の三代前の当主が道を開き、蒼崎青子が継承した魔法。内容について詳しいことは今だ判らないが、魔法使いの夜の描写によれば時間旅行を可能とし、『死』をもなかったことにできるが、これらはこの魔法の本質ではないらしく、あくまで副産物に過ぎないもののようである。

また奈須きのこから、本来の継承者だった蒼崎橙子の魔術回路は業界屈指のものであったものの、第五魔法にそんなものは必要なく、むしろ蒼崎青子の魔術回路の構造のような単純さが最も適していたことや、魔法使いの夜のテーマである「進む文明」にも関りがあり、青子がどうして“最新の”魔法使いなのか、その答えも第五の中にあるという発言がこれまでに為されている。

第六魔法

使い手は未だ存在せず、詳細も全くの不明。第六法、「Program No.6」とも言われる。
かつてアトラス院の錬金術師、ズェピア・エルトナム・オべローンが挑み、そして敗れたもの。黒桐幹也の言によれば「みんなを幸せにする」ではないか、と度々話題になるが、黒桐は魔術に関しては全くの素人であるため、的を射てすらいるのかもわからない。鋼の大地に登場する「六人姉妹」は魔法使いだとされているため、星が寿命を迎えるまでには誰かが到達するようである。

魔法級

魔術協会が正式に認可している魔法は上記の五つのみだが、その他にも「実現不可能なもの」が無いわけではない。「現代の文明では実現不可能なもの」は五つとは言わず、幾つもある。五つの魔法には該当しないが、その奇跡を指して「魔法の域」と言わしめる現象は他にも存在する。
以下は「Fate/complete material III」に記されている「魔法級の効果」を持つものをリスト化したものである。

オルレアンの大英雄



Fate本編では「純粋な空間転移は現代においては魔法」と言い切っているが、これも魔法級の魔術と捉えるのが妥当だろう。

関連項目

TYPE-MOON 死徒二十七祖 聖杯戦争 魔法

関連記事

親記事

魔術協会 まじゅつきょうかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔法(TYPE-MOON)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「魔法(TYPE-MOON)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9593

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました