ピクシブ百科事典

天の杯

へゔんずふぃーる

「天の杯」とは、「Fate/stay night」に登場する失われた第三魔法「魂の物質化」である。
目次[非表示]

概要

天の杯(ヘヴンズ・フィール)。
もとはアインツベルンの何れかの代の当主が到達したが、現在は失われたとされている第三魔法(使い手それ自体がどうなったかも含めて不明な点が多く、少なくともユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルンの代には当の昔に失われていた)。
物質界において唯一永劫不滅でありながら、肉体という枷に引きずられる魂を、それ単体で存続できるよう固定化する。精神体のまま魂単体で自然界に干渉できるという、高次元の存在を作る業。魂そのものを生き物にして、次の段階に向かう生命体として確立する。
魂は星幽界という物質界より高位の次元に属しており、エーテル体に宿り、生物として活動したり、幽体になったりする。魂を物質界に降ろすのに要する魔力より、魂が保有するエネルギーの方が多いが、星幽界から降ろした魂は魂と同じ肉体でなければ留める事が出来ず、精々自分の魂を自分のクローンに魂を移す程度で、後は魂がこの次元から消え去るのを待つだけ。
しかし第三魔法を用いれば、その自然の摂理を捻じ曲げ、魂を別人の肉体に定着させたり、永久機関とすることで魂のエネルギーを魔力として無尽蔵に汲み出す事が可能。
つまり簡単に言うと「永久機関不老不死の実現」。

第三のルート「Heaven's Feel」にて登場。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンが特殊礼装『天のドレス』を身にまとう事で、大聖杯を制御し「天の杯」へと至ることが出来る。

そして物語の終盤。ドレスを身に纏った彼女は、笑顔で奇跡を起こす……。

奇跡を見せてあげる


「良かった。わたしも、シロウにこれからを生きていてほしかったから」

余談

Fate/EXTRAにおけるムーンセルの聖杯戦争ではサーヴァントは「第三法と呼ばれる魔術によって実体化した霊子生命である」とされている。
また、Fate/GrandOrderで閲覧できる聖杯の説明においては、第三魔法は「形而上の存在を汲み上げて、物質に転換する」とあり、魂以外にも応用が利く可能性が示されている。

関連項目

Fate/staynight イリヤスフィール・フォン・アインツベルン リーゼリット
ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン
魔法(TYPE-MOON)

Fate/GrandOrder アイリスフィール(天の衣) 天の衣

pixivに投稿された作品 pixivで「天の杯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1549905

コメント