ピクシブ百科事典

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

いりやすふぃーるふぉんあいんつべるん

イリヤスフィール・フォン・アインツベルンとは、『Fate/stay night』の登場人物。
目次[非表示]

じゃあ殺すね。やっちゃえ、バーサーカー!!

プロフィール

誕生日11月20日
身長133cm
体重34kg
年齢8歳(Zero) → 18歳
スリーサイズB61/W47/H62
イメージカラー
特技特になし
好きなもの雪、士郎のエプロン姿
嫌いなもの寒いところ、
天敵間桐桜
テーマ曲ローレライ
CV門脇舞以


概要

Fate/stay night」に登場するキャラクターのひとり。第五次聖杯戦争におけるバーサーカーのマスター。
愛称は「イリヤ」。

聖杯戦争の為だけに鍛え上げられ、アインツベルンから派遣された「最強のマスター」。
来日後は、冬木市の郊外にある森の中のアインツベルン城でメイド2人と共に暮らしている。
基本的に冬木の城に篭って戦況を静観している事が多く、バーサーカーを伴って積極的に攻撃に出たのは序盤のセイバー戦くらい。
存在する三つのルートによって彼女の辿る結末も異なる。

続編ファンデイスク「Fate/hollow ataraxia」では全てを知りながら敢えて口を閉ざす“舞台のゲスト”の役割に徹し、繰り返す日常を楽しむ。

人物

銀髪と赤い瞳が特徴的な小柄な少女。その容姿同様幼いゆえの無邪気さ、そして善悪の区別がつかないための残酷さを併せ持ち、他のマスターを平然と躊躇なく殺しにかかる(というようにアインツベルンによってそのように教育された)。

主人公の衛宮士郎に対してはマスターとして、また自分を棄てた衛宮切嗣養子として嫉妬に近い殺意を持って相対しつつも、自分の最後の家族であることから愛着も持っており、昼の町で出会ったときは見た目相応に甘えてみせるなど、愛憎入り交じった複雑な感情を抱いている。もとは彼女の専用ルートがあったことや「hollow」での言動から、士郎に対し家族愛だけでなく恋愛感情も抱いている様で、ちょっかいを出したり他ヒロインを牽制したりもする。
今のところそれが叶う可能性はFateルート後のみという薄幸ヒロインだが、公式からその部分をよくネタにされまくっている。

ちなみに同作に全40箇所用意されているBAD ENDの中で、彼女によるモノは堂々の2位
そして最速遭遇する可能性のあるBAD ENDの担当も彼女であり、興味本位で選んだ多くのプレイヤーに容赦ないトラウマを植え付けた。通称「イリヤ無双」「悪魔っ子」「鬼畜ロリ」「士郎キラー」。よく見ると彼女のENDは「BAD END」であり「DEAD END」ではない。つまり・・・。

経歴

衛宮切嗣と、その妻アイリスフィール・フォン・アインツベルンとの間に生まれた娘。
養子である衛宮士郎とは義理の兄妹(姉弟)。
胎児の段階で切嗣達が敗退した場合に備え、第五次聖杯戦争の小聖杯として魔術的操作を受けており、生殖によって生まれたがその生体はホムンクルスに近いものになっている。またその副作用として成長は第二次性徴前の段階で停止している。

切嗣が冬木に赴くまでの8年間を親子で過ごし、その後はアインツベルンの本拠地で留守番となり、小聖杯としての教育と調整を受けつつ両親の帰りを待った。
だが、切嗣が聖杯戦争で勝利できなかった事(正しくは最後まで勝ち残りつつも、聖杯の汚染に気づき、優勝者が出る前に独断で小聖杯を破壊してしまった)を知ったアインツベルンは激怒し、切嗣を二度とイリヤに合わせないように本拠地に結界を張った。(切嗣からアプローチはあったがイリヤには一生会わせてはもらえなかった。(切嗣の能力なら自力で結界を破り隠れて会いに行くことはできたかもしれないが、聖杯戦争の大火災で自身の行動から多くの死者を出してしまったことや、多くの仲間を失った事で心が折れてしまったこと、聖杯の泥を浴びて廃人同然になっている彼ではアインツベルンには太刀打ちできなかった)残されたイリヤは両親との連絡が途絶えたまま幼少期を過ごし、母親の姿をした聖杯の悪意によって「切嗣はイリヤを捨てて別の街で別の子供と暮らしている」と吹き込まていく。前回の聖杯戦争が不完全な形で終結したため、第五次聖杯戦争が10年後に行われるとわかると、その戦いに向けて拷問の様な訓練洗脳に近い教育を施されて行くこととなる。この教育によって彼女は実父に棄てられたと思い込むようになり、切嗣を憎むようになった。

2度の失敗と前回の裏切りへの教訓から、第五次では自意識が無いことから裏切ることが無いであろうバーサーカーが与えられた。
開始前から自身の義弟であり、父親を奪った衛宮士郎に愛憎入り混じった複雑な感情を抱いており、何度か接触を図り、次第に士郎を自分のものにしようと執着するようになる。

能力

維持するために桁外れの魔力を要するバーサーカーを平然と従え、平凡な魔術師なら一生かけても蘇生一回分用意できるかどうか分からない程の魔力を要する「十二の試練(ゴッド・ハンド)」の回復も可能など、規格外の魔力を誇る。

小聖杯でありホムンクルスでもある彼女の魔力回路は、他の魔術師とは比較にならないほど膨大である。加えて、小聖杯自体の機能として「理論を飛ばして結果を出す」という小規模な奇跡を行使することができる。つまり、彼女の魔力で可能な範囲ならば、理屈を知らずとも実現することができる。

劇中で自身が実際に魔術を行使して戦う事はほとんどないが、2014年のアニメ版では髪の毛を編んで作り出した使い魔を駆使するという、かつて母が使用していたものに似た魔術で戦っていた。

外部出演

タイガー道場

『stay night』のカオスフルなバッドエンド限定コーナー「タイガー道場」にて藤村大河の「弟子一号」としてブルマ姿で登場する。通称ロリブルマ
本編イリヤとは似て非なる別人らしく、メタメタな言動と壊れ気味なテンションでプレイヤーを翻弄。彼女たちの馴れ初めと詳細は「トラぶる花札」にて明かされたりそうじゃなかったり・・・。

プリズマ☆イリヤ

主人公。ただし、本作は経歴が大きく異なる関係から、性格も多少の面影こそあれ別人レベルで違う。(コラボで登場した『Fate/GrandOrder』の記述を借りると「あり得たかもしれないifの姿」。)

詳細はイリヤスフィール(プリズマ☆イリヤ)を参照。

Fate/Grand Order

第2部『Cosmos_in_the_Lostbelt』にて北方の女神三柱の疑似サーヴァントとして登場。
聖杯に関係の深いイリヤを中心にアイヌの女神シトナイ、フィンランドの女神ロウヒ、北欧神話の女神フレイヤのハイ・サーヴァントでもある。
頭の中で常に女神三柱が争っている状態らしく、表出している人格はほぼイリヤである。

人間関係

衛宮士郎
系図上の義兄(実年齢的には弟)。自分を棄てた父の養子という嫉妬の対象であると同時に、最後の家族という愛情の対象でもある。その結果、「お兄ちゃん」と慕いつつも殺意を持って襲い掛かるなど複雑な感情を抱いており、彼女にとって士郎は自分の手では殺せない存在となっている。ルートによっては同居することに。

バーサーカー
イリヤのサーヴァント。狂化レベルが高いために意思疎通はほぼ不可能だが、彼女の危機に際して必死に守ろうとするなど、愛情に近いものを見せている。

セラ
アインツベルン城のメイド。イリヤの世話係であると同時に教育係も務めている。

リーゼリット
アインツベルン城のメイド。愛称はリズ。
イリヤの護衛役でもあり、イリヤの小聖杯として機能するための外装礼装「天のドレス」でもある。

藤村大河
タイガー道場における「師匠」。とあるルートのENDでも、彼女の家で暮らす事に。

衛宮切嗣
父。切嗣自身が距離を置いていたのか、なぜか「キリツグ」と呼び捨てにしている。

アイリスフィール・フォン・アインツベルン
母。こちらは「お母様」と呼ぶ。
アインツベルンのホムンクルスは意思や記憶の一部を共有しているため、彼女にとって母の生死は関係無いものらしく、特別悼んだりといった様子はなかった。

ギルガメッシュ
凛ルートにおける皆のトラウマ発現者。彼による仕打ちはFate屈指の残酷なもの。

余談:没のイリヤルート

製作段階ではメインヒロイン枠にあったのだが、時間の都合(イリヤルートを作っていたら更に半年は発売延期していたとか)か、
ソフ論のレーティング対応のせいか、最終候補まで残りながら実現する事はなかった。
しかしその残滓は残っている。(設定画集には彼女のガーターベルトの下着姿が掲載された)

仮にイリヤルートがあるとすれば
(1)桜ルート9日目で正義の味方でもなく、桜の味方でもなく、イリヤの味方を選ぶことで分岐するのだろう。
(Fateサイドマテリアル用語辞典・ボツルートの項目)

(2)イリヤルートではは確実にラスボス(ホロウ花札 とらぶるモード vs桜)

本来に企画段階ではイリヤルートのデータが消えたため桜ルートであるHFルートと合併され。

関連イラスト

イリヤ
月夜


天の杯
みぃつけた~♪



関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ
Fate/staynight Heaven's_Feel Fate/hollowataraxia Fate/Zero プリズマ☆イリヤ 

アインツベルン ホムンクルス(Fate) 少女 アルビノ 本名が長いキャラ
天の杯 ロリブルマ イリヤスフィール(プリズマ☆イリヤ)
衛宮一家 衛宮姉弟
宮田俊哉 自称彼氏

pixivに投稿された作品 pixivで「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56925534

コメント