ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

誘導

パンティ&ストッキングwithガーターベルト」の登場人物。⇒ガーターベルト(パンティ&ストッキングwithガーターベルト)


概要

ストッキングがずり落ちないよう、のあたりからベルト状のものでストッキングをつり下げ、固定する。太ももから腰にかけて非常にセクシーな雰囲気を醸し出す女性の黄金聖衣(ゴールドクロス)の一つである。


なお、ガーターベルトがパンツの上にかかる履き方は、カタログなどでガーターのデザインを見せる必要がある場合に行われる履き方。この着用手順ではストッキングとガーターを分離させないとパンツを脱げないため、用を足す時などに困ることになる。


そのため、実生活上の利便性を考えるとガーターベルトおよびストッキングを先に身につけ、その上からパンツを穿く(ガーターはパンツの下になる)という履き方が正しい、とされている。何でこのようなことになったかというと、ガーターは女性用のパンツが発明されるよりも前に生まれたからであり、そもそもパンツと一緒に着用することなど想定してなかったからである。


センシティブな作品センシティブな作品

そのため、画像のようにその点を指摘したり、度々履き方について論争になることも少なくない。

なお、女性用下着を中心に取り扱うワコールでは、「基本的には、ガーターベルトにストッキングを留めてその上からショーツです。トイレにいく度にストッキングをはずしていると大変だから。でも、その手間を惜しまないという方ならガーターを上にしてもOKです。」という、

要は基本はあるものの着用者次第という解答をしている。


また、実際着用している方でもカタログでそう履いていたからという理由でガーターの方が上になる…ということもあるらしい


上記の通り、間違いとは言い切れないので、描き手にゆだねられるところである。要はこまけぇこたぁいいんだよ!!である。強いて言うなら、ガーターを見せたいならガーターを上、常日頃着用していることにしたいなら下…といった具合だろうか。


更にもう一つ、にベルトが掛かっている絵が少なくないが、ゴム紐でもない限りベルトと尻が干渉して歩き辛いだろうし、食い込んで痛い。つまり後のベルトは尻を避ける様に付いているのが正解(ベルトを緩めにして誤魔化している作品もあるが、緩めても問題が無いガーターベルトは使う意味が無い)。

センシティブな作品センシティブな作品


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品お注射しちゃうぞ


関連タグ

ガーター 下着 パンツ 靴下 ニーソ ストッキング

制服 セーラー服 メイド ナース エロ衣装 太もも


pixivisionリンク

チラつくセクシー♡ ガーターベルトのイラスト特集(2022.11.19公開)

セクシーチラ見せ♡ガーターベルトを描いたイラスト特集(2020.03.01公開)

君のふとももが引き立つ♡ガーターベルトを描いたイラスト特集(2018.04.19公開)

ちら見せしちゃう?ガーターベルトを描いたイラスト特集(2017.05.12公開)

色気あふれる攻めランジェリー♡ガーターベルトのイラスト特集(2015.08.21公開)

関連記事

親記事

ガーター がーたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 346927197

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました