ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サスペンダー

さすぺんだー

ズボンやスカートがずり落ちないように、肩からつり下げる、取りはずし可能なベルト。
目次 [非表示]

概要

革ひも、織ひも、ゴムベルトなどで、ズボンスカートを肩から吊って固定する留め具。ひもの長さを調節する金具と、ズボンのボタンに掛ける穴かクリップ形の留め金具が端についている。


なお「サスペンダー(Suspenders)」はアメリカ英語であり、イギリスでは「ブレイシーズ(Braces)」という。イギリスで「サスペンダー」というと「ガーター(靴下留め)」や「アームガーターアームバンド)」を指すので注意が必要である。


ウエスト用のベルトによる腹部の締め付けがないため、身体的な負担が少ないとされ、タキシードなどの正装でも着用される。伝統的にはベルトよりもサスペンダーのほうが正装とされる。らしい。

クラシックなスーツスタイルは、「三つ揃い = スリーピース」というのが基本。ブレイシーズ(サスペンダー)はベストウェストコート)の下に着用するのが本来のかたちである。


10代以下の子供向けの服では、ズボンやスカートに同一生地の吊り紐が縫い付けられているものもあり、こちらは「吊りズボン」「吊りスカート」と呼ばれる。


サスペンダーの機能

サスペンダーは、馴染みのない人からは「サイズの合っていないズボンが落ちないようにするアイテム」と思われている事がある。


しかし、実は全体のシルエットを美しく引き締めてくれる重要なアイテムである。


スリーピーススーツに腰ベルトを着用した場合、ベストの下に凹凸ができてしまい、ベストからパンツへとつながる流れるようなシルエットを壊す要因になってしまう。そのためスーツスタイルを美しく着こなすためにはサスペンダーは大きな役割を持つのである。


また、体に合っているサイズのパンツを着用している場合、サスペンダーは、ズボンの裾口の「クッション」と呼ばれる布のたるみをきれいに整えてくれる効果がある。

さらに、股上やウエストの位置がサスペンダーによって正しい位置に補正されるので、パンツ全体のシルエットが美しく整えられる。


このように、サスペンダーを用いて、パンツを「肩で着る」ことによって全体のシルエットが調和し引き締められるのである。


Pixivでは

伝統的・実用的なアクセサリーとして描かれる他、キャラクターコスチュームアクセントとして用いられる事も多い。

着用するキャラクターによって子供っぽくなったり、シブい雰囲気になったり、女性が身につけるとの部分が強調されてセクシーさを醸し出したりと、キャラクターによってその効果は様々である。


サスペンダーを着用するには原則としてシャツなどのトップスをズボンやスカートの中にインする必要があるため、着崩したファッションとは相入れにくい部分がある。そのためか、特に男性キャラクターのサスペンダー姿が描かれる場合は無地のシャツにネクタイを組み合わせるなど、フォーマル寄りのファッションに描かれるケースが比較的多く見られる。これに対して女性キャラクターで描かれるサスペンダー姿は近年の流行アイテムとなっていることもあり、男性よりも比較的自由度が高い。


裸の上に直接身につけるヌード以上にエロくなるという効果も認められる。


サスペンダーではなく、肩紐がボトムスに縫い込まれている、いわゆる吊りズボン吊りスカートを描いた作品に「サスペンダー」というタグが着けられているケースもある。


関連イラスト

海賊房太郎no studyサスペンダー

センシティブな作品サスペンダーめがね何を失くしたのかElisia


別名・表記ゆれ

ズボン吊り 吊りバンド ブレイシーズ Braces


関連タグ

衣類 洋服

アクセサリー ベルト 肩紐 ゴムパッチン


吊りスカート 吊りズボン サスペンダーパンツ

ガーター アームガーター ソックスガーター ガーターベルト

ショルダーホルスター


Yシャツ+ネクタイ+サスペンダー

裸サスペンダー


版権キャラクター関連

アレスティングワイヤー サスペンダーおじ サスペンダー紳士 伸縮サスペンダー


関連企画

東方サスペンダー


外部リンク

pixivision

関連記事

親記事

ガーター がーたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14477895

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました