ピクシブ百科事典

アクセント

あくせんと

アクセントとは、言語の特色の一つ。また、声優プロダクションの名称にもなっている。
目次[非表示]

概要

  1. 「accent」言語において、単語や文節の強弱や高低をつけること。
  2. 声優事務所のひとつ。付属の養成所に「シャイン」がある。なお、こちらのアルファベットの綴りは「aksent」。⇒アクセント(声優事務所)


言語学のアクセント

アクセントには強弱によるものと音の高低によるものがあり、日本語中国語は高低、英語は強弱を使用する。
中国語やタイ語などのアクセント体系は声調と呼ばれ、1つの音節内での音の高さが変化する。

日本語

日本語のアクセントは大まかに分けると「高→低」「低→高→低」「低→高」の3種類があり、「高→低→高」というパターンは原則として存在しない。
日本語のアクセント体系には曖昧なものを除いて以下の種類がある。ちなみにアクセント核とは音が低くなる直前の拍を意味する。例えば「くだもの」なら一般的なアクセントは「低高低低」なので、2拍目の直後で低音に変わるためアクセント核は2拍目である。アクセント核がない単語もあり、その場合は後ろにつく付属語(助詞助動詞)も高音になる。アクセント核がある単語は後続の付属語は低音になる。

  • 東京式アクセント
1拍目が高音のときは2拍目が低音となり、1拍目が低音のときは2拍目が高音となる。(長音や促音などが使われている場合は例外あり) アクセント核の位置によって単語のアクセントを表すことができる。例えば「箸」は1拍目、「橋」は2拍目にアクセント核がある。「端」にはアクセント核がない。
  • 京阪式アクセント
日本語で最も複雑なアクセント体系。アクセント核の位置に加え、1拍目が高音か低音かによっても区別する。東京式とは違い1拍目が低音でも2拍目が高音とは限らず、1拍目が高音でも2拍目が低音とは限らない。1拍目が低音のときは高音に変わるタイミングは決まっておらず、アクセント核までに高音に変わればよい。1拍目が低音でアクセント核が1拍目というのは矛盾するので存在しない。
  • 一型アクセント
アクセントが1種類しかない。必ず文節末を高く発音する。都城市などで使われる。
  • ニ型アクセント
最後を高く発音するタイプの単語と最後から2拍目を高く発音するタイプの2種類しかない。後ろに付属語がつくとアクセントも後ろに移動する。南九州などで使われる。
  • 無アクセント
アクセントの概念が存在しない。栃木県茨城県福島県などで使われる。

中国語

中国語のアクセントは声調というもので、1音節内で音の高さが変化する。声調には4種類あり、このほかにも短く弱く発音される軽声というものがある。第三声が連続する場合は前の音が第ニ声に変わる。

  • 第一声 高い音
  • 第ニ声 上がる音
  • 第三声 低い音
  • 第四声 下がる音

スペイン語

スペイン語では音の強弱でアクセントを表す。
スペイン語では単語の綴りを見ればほぼ例外なくアクセントを特定できる。

  • 母音,s,nで終わる単語は後ろから2番目の音節を強く発音する。
  • それ以外の単語は最後の音節を強く発音する。
  • この法則に当てはまらない単語はアクセント記号が書かれている。

関連タグ

同音異義語:文字で表記しない場合はアクセントの違いで区別している。
文化摩擦:上記が要因の一つとなって引き起こされる異国民間のバッドコミュニケーション。

外部リンク

アクセント - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「アクセント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7152

コメント