ピクシブ百科事典

津軽弁

つがるべん

主に青森県津軽地方で使用される方言。

青森県津軽地方で話される日本語の方言。

非常に強い訛りと独特な言い回しが多く、難解なことで全国的に有名。

青森県全域で話されるわけではなく、八戸市周辺と上北地方は南部弁、下北半島は下北弁である。

とうほぅぐ
とうほぅぐ2


とうほぅぐ3
とうほぅぐ4



ちなみに、10月23日は「津軽弁の日」である。

津軽弁を使用する人物

今川陽良子(温水陽良子)……登場作品「家族ゲーム(鈴城芹)」
 帰郷したり空腹になると地の津軽弁が出る。当然、判らないと突っ込まれる。愛称「ぴよちゃん」。

鈴城芹先生へ捧ぐ



 今川は旧姓。就職活動で軒並み内定取り消しを受け挫折の淵から一転、温水家に輿入れし現在は温水姓、温水家住まいで専業主婦である。同居している温水家義母が彼女の装着していたブラジャーを両手に掲げ、「小玉スイカが入りそう」と戦慄しながら曰っているのが記憶に深い。

 
月山星乃……登場作品「東京トイボックス大東京トイボックス(うめ:うめ(漫画家))」

 元は官公庁をも顧客に持つ大手ITコンサルタントの遣り手社員。二十代で部長補佐まで登り詰めるも、御輿であったはずの上司に先手を打たれ買収したばかりの低迷小企業に出向させられてしまう。その出向先であるスタジオG3にて初めてゲームの開発現場を仕切る事になり、其処から物語が進展してゆく。
 大変な酒豪で、焼酎ブームを余り好ましく思っていない日本酒派の秋田県出身。寝起きやアルコールが入る等すると地の東北弁が出る。プチ特撮オタクで着信音も特撮モノを愛用。自宅ではジャージ。

秋野おこめ……登場作品「ライスショルダー(なかいま強)」

ヘビー級ボクサー田舎娘



 岩手県出身の女子ヘビー級ボクサー。男性のランカーボクサーすら一撃で骨折させるほどのパンチ力を持つ身長193cm体重103kg。その威力たるや錚々たるモノで、振り払った手が当たるだけで常人の意識が飛ぶ程だが、フットワークはまだ未習得でキンちゃん走りになる。
 



関連タグ

言語方言
東北弁
青森県 青森 津軽
名古屋弁
俺ら東京さ行ぐだ

pixivに投稿された作品 pixivで「津軽弁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272966

コメント