ピクシブ百科事典

北前船

きたまえぶね

江戸時代から明治時代に大阪と北海道(蝦夷地)を結んでいた航路

*概要
東北や北海道から大阪まで日本海・瀬戸内海経由で結んでいた。
大型の帆船を用いており、途中何度も寄港しながら往来していた。
そのため、寄港する港町間の交流も盛んになり、文化人の移動や生活習慣の伝播も起きている。

関連項目

日本海縦貫線:関西と東北北海道を結ぶ鉄道。現在も貨物輸送が盛んに行われている他、かつては旅客列車でも結ばれていた。
新日本海フェリー:関西(舞鶴)と北海道(苫小牧・小樽)を結んでいるため、現代の北前船というあだ名がある

関連記事

親記事

ふね

兄弟記事

コメント