ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

遠い誓いを思い出した。胸に抉られた一つの言葉。


…戦うと決めた。何もかも失って、みんなにきらわれることになったとしても。


―――――それでも、戦うと決めたのだ。


概要

Fate/stay night』における第一ルート。セイバーをヒロインとする。

エンディング(バッドエンドは除く)は1種類のみで、『stay night』は通常、このルートをクリアしなければ次のシナリオに進めない形式となっている。

一応、Vita版は即時開放コマンドがあり、スマートフォン版はルートごとに単品購入なので先のルートからプレイ可能だが、このルートで明かされた情報は前提となっている内容なので、初プレイのプレイヤーにはオススメしない。

基本ルートな上に初めてアニメ化されたルートでもあるため、全ルート中で最も多くの人が結末を知っているルートと言えるだろう。


スマートフォン版は、このルートのみ無期限無料となっているので、『Fateシリーズ』に興味がある方は試しにプレイしてみることをオススメする。


念の為書いておくと、ルートのタイトルは「Fate」であり、勿論「Fateルート」ではない。これは、ただ名称がシリーズタイトルと同じでありぶっちゃけ紛らわしいが故のこと。そのため、一部では「snルート」と呼ぶ声も聞かれたりする。

これは、奈須きのこ氏が学生時代に描いた原本の「Fate」のストーリーを元に作られたストーリーであり、その意味も込めて「Fate」というタイトルが付けられている。言い換えれば数あるFateシリーズの中で同じ名前を有するほど代表的な物語であるとも言える。


内容

主人公衛宮士郎とセイバーの絆と恋愛、そしてセイバーの救いを描いたストーリー。

聖杯戦争の概要、聖杯の正体、サーヴァント・マスター同士のバトルと、展開もまさに王道。

シナリオライターの奈須きのこ氏は、「セイバーが士郎へ心を開いてゆく過程を分かり易くするため、他のルートより彼女の性格を頑なに描写した」と述べている。


なお、このルートで提示された士郎の歪みは、第二第三ルートでそれぞれ別の答えを出すことになる。



コンシューマー版では彼らのその後を描いた「ラストエピソード」が収録。

「Fateルート後の彼ら」とは明言されていないが、Fateルートの回想から始まり、

シナリオ回想選択画面においてもFateルートの延長上に表示される。


メディアミックス

2006年にスタジオディーンが制作したTVアニメ版は、このルートを中心にアニメ化されている。「中心に」というのは、他のルートの要素も所々盛りこまれているため。EDはFateルートメインなのを意識してかセイバーだけをフィーチャーしたものになっているので、セイバーファンは必見。

奈須きのこ曰く、本作の主題は「ボーイ・ミーツ・ガール」。スタジオディーンの十八番であり、初のアニメ化にして累計100万枚を超える売り上げを記録した。


西脇だっと氏によるコミカライズ(角川コミックス・エース)は全20巻。

こちらもセイバールートを中心にしつつ、他ルートの要素も取り入れている。


ただし、これらのメディアミックスはどちらもコンシューマー版が発売される前の作品であるため、「ラストエピソード」の内容は反映されていない。


余談

2014年のufotable制作版も企画当初はこのルートを予定していたが、ufotableサイドは「士郎をメインとしたUBWルートを作りたい」という理由から、奈須きのこは「Fateルートの作品が既に存在し、再びアニメ化するには大幅なアレンジが必要、UBWルートならば2クールで映像化する意義がある」という理由で、UBWルートへと変更された。


テーマ曲(PS Vita版)

「ARCADIA」

作詞:Rico / 作・編曲:齋藤真也 / 歌:earthmind



歌詞は士郎をイメージしたものなっている。


関連画像

good night King Arthurあなたを愛している。

蛇の領域最期に想うもの

Last boy meets girl.Fate/stay night

センシティブな作品。。。



関連項目

Fate/staynight 衛宮士郎 セイバー(Fate/staynight) 士剣 鞘剣

約束された勝利の剣 運命の夜 ほほをつたう 黄金の別離


Fate>>>Unlimited Blade Works>>>Heaven's Feel

関連記事

親記事

Fate/staynight ふぇいとすていないと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 643440

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました