ピクシブ百科事典

間桐慎二

まとうしんじ

『Fate/stay night』の登場キャラクターの一人。
目次[非表示]

「は、はは、あはは。あはははははは!見たか衛宮!これが僕とお前の力の差だ!」

プロフィール

誕生日不明
血液型不明
身長167cm
体重57kg
イメージカラー群青
特技名推理、探し物
好きなもの仔犬、特権
苦手なもの無条件で幸せな空気
天敵遠坂凛美綴綾子
CV神谷浩史


概要

Fate/stay night』に登場するキャラクター。
第五次聖杯戦争におけるマスターの1人。サーヴァントとしてライダーを従える。
間桐桜の(義理の)兄であり、衛宮士郎の親友でもあるが、プライドが高く口も悪いなど性格は歪んでいる。

サーヴァントという強力な玩具を手に入れたことで浮かれており、自分の気に食わない人間を病院送りにさせたり、士郎や遠坂凛に自分を認めさせようとしたり、自分の自尊心を満足させる為だけにその力を使う。
実はライダーの本当のマスターではなく、本当のマスターである妹の桜が戦いを拒否した為、代理として聖杯戦争に参加している。

人物

弓道部の副部長であり、士郎を退部に追い込んだ本人でもある。また、作中退部した士郎に弓道部の部室の掃除を押し付けた事が、士郎が聖杯戦争に巻き込まれるきっかけとなった。
士郎曰く根は良い奴らしいが、平気で他人を利用したり、気に食わない人間を大勢の前で馬鹿にするなど、空気が読めない(相手の気持ちを察せない)男である。なお、いいとこの坊ちゃんであり、顔は悪くなく、頭がよく金回りもいいためか女にはモテる。

魔術師の家系である間桐の血を引くが、父親の間桐鶴野に魔術の素質がほとんど無く、その息子である彼の代で魔術回路は完全に失われてしまった。魔術師の家系であるため知識はあるが、彼自身は魔術を全く使えない。 幼い頃は魔力は無くとも魔術師の家の跡取りとして生まれた事を誇りとする、妹想いの良い兄でもあった。
しかし、何も知らない一般人として憐れみの目で見ていた妹こそが間桐の本当の後継者であり、自分自身が逆に妹から憐れみの目を向けられていたと知りると、自身のプライドの拠り所を失った事でその性格は大きく歪んでいく。とりわけ桜に対する態度は180度変化し、プライドと劣等感から横暴な生活態度をとる問題児となっていく。かつての「優しかった兄」の片鱗すら伺えない(もっとも、「妹を苦しめて良いのは自分だけ」という考えのもと、桜を虐める者を影ながら制裁するなど、歪んだ形ではあるが愛情は残っている模様)。

士郎に対する友情も歪んでこそいるものの本物であり、士郎に同盟を持ちかけたのも本心からであった。同盟を拒否された事で逆恨みしたのも、かつて仲の良かった自分より遠坂をパートナーとして選んだ事に対するヤンデレ的な友情からと言えなくも無い。
開発段階では慎二と同盟を組んで遠坂と敵対するルートもあったらしく、そこでは綺麗な慎二も拝めたとの事だが、「ヤローのデレなんざ誰得」とばっさりカットされた。
そのせいもあってか、本編中では彼の「根は良い」面がまったくと言っていいほど描写されずに終わった為、ただのイヤミな奴という印象のまま終わってしまった。根は良い奴という設定すらも士郎の勘違いではないかという声もあったが、『hollow ataraxia』にて貴重な「綺麗な慎二」が描かれた他、コミカライズ版では更生していく様も描かれている。

なお、魔術の才能こそ皆無なものの、それ以外の勉学や運動などの面においては殆ど努力しなくても素晴らしい結果を残せる天才肌という設定があるのだが、あくまで一般人レベルの話であり、超人だらけのFateの世界では完全に死に設定となっていた。
また、なまじ多才なばっかりに、魔術だけはいかなる努力をしても近づく事も出来ないという事実も慎二を歪ませていった。

それだけにUBWルートセイバールートのコミック、『hollow ataraxia』においては、更生後は真っ当な方向へ進んでいった。

Fate本編でのヘタレた扱いからか『hollow ataraxia』や『タイガーころしあむ』」などの番外編では基本的にギャグキャラと化している。また、これらの作品では桜との力関係も逆転しており、間桐臓硯ともども桜に怯えて暮らすという微笑ましい(?)光景が見られる。
ちなみに愛称(?)である「ワカメ」は前述の『hollow ataraxia』が初出。

他作品での活躍

Fate/EXTRAシリーズ

月の聖杯戦争に参加したマスターの1人。
詳細は間桐シンジを参照。

氷室の天地

相変わらずウザいワカメ。『stay night』本編とは違い蒔寺及び陸上部トリオとの面識がある・・・というかガッツリ絡みがある。本作では氷室にちょっかいをかけては一蹴されるといった小悪党の役割。
ちなみにこちらでは、聖杯戦争開始1か月前に沙条綾香によってカードゲームで敗北し丸刈りにされている。その後は順当にライダーの代理マスターとなり、校舎に呪刻を施したり、美綴を襲ったりしているが・・・?
そして聖杯戦争により原作通り死亡……と思いきやまさかの生存。沙条に頭髪を刈り取られ、カツラを与えられていたことが生存フラグとなったようだ。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

ドラマCDなどでたびたび存在は噂されていたが登場はせず。
しかし第3部「ドライ!!」過去編にて、平行世界における聖杯戦争のマスターとして登場。
学校には通っていないため士郎との面識はない。「間桐の当主」としてサーヴァントカード「アサシン」を夢幻召喚して桜と士郎を襲撃。聖杯戦争のゲームマスターであるジュリアンを「様」付けで呼び、時折、自分の名前すら思い出せないなど、どこか精神が壊れている描写が目立つ。
通称「アサシンジ」あるいは作中の描写から「増えるワカメ」と呼ばれる。
実は既に死人となった当人の記憶を継承した傀儡である。

Fate/GrandOrder

ゲーム本編に登場人物としては出演してない。
が、アニメ「FirstOrder」にそれらしき人物が確認できる。
シャドウサーヴァント化したランサーに石化された犠牲者の中によく似た姿の石像がいる。
結局藤丸立香たちの前で首を砕かれてしまった。おぉ憐れなワカメよ。

人間関係

stay night、hollow

衛宮士郎
親友。ただしその友情の形は少々特殊。

間桐桜
義理の妹。かつては、やや意地悪ながらも優しい兄だったのだが・・・。

間桐臓硯
戸籍上の祖父。偉大な魔術師の一人。慎二自身は嫌悪しているが、臓硯は何だかんだで慎二の事を可愛がっている模様。若い頃は慎二に良く似ていた。

間桐鶴野
実父。魔術の才能は無かったが、弟の雁夜が家を引き継がなかったため仕方なく跡取りとなった事が、間桐家が魔術師として没落していくきっかけとなった。

間桐雁夜
叔父(父親の弟)。生まれつき兄よりも魔術の才能はあったものの、魔術師の家計を継ぐことを拒否し、普通の人間としての生き方を選んだ。
祖父が自分の代わりの後継者にするため知人の娘である桜を養子にとったことを知ると、桜を間桐家から開放することを条件に第四次聖杯戦争時に参加するが、聖杯を勝ち取ることなく死亡する。
慎二と直接面識があったかは不明。

慎二の母親
慎二を生んだ後用済みとなったため、蟲蔵に葬られ、蟲の餌にされた。

遠坂凜
同級生。同じ魔術師の家系だからか、嫉妬と羨望がない交ぜの複雑な感情を向ける。
以前に告白した事があるがフラれており、逆恨みしている。

美綴綾子
弓道部の部長でありしっかり者。生活態度の悪い慎二を叱る天敵。
でも仲そのものはあまり悪くなく、漫画版でのやり取りは必見。

柳洞一成
同級生。全く気の合わないクラスメート。

ペルセウス
生前のライダーを倒した英雄。ライダー曰く「成功した慎二」。ヘタレな性格だが運と神々の加護に恵まれ、さまざまな活躍をした。外見も慎二に良く似ている…というか普通に差分。「Fate/prototype」の同名キャラとは別人。

関連イラスト

慎二くんの土下座が見たい



関連項目

Fate/staynight Fate/hollowataraxia
ワカメ 小物 道化 クズ

pixivに投稿された作品 pixivで「間桐慎二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2403606

コメント